彼氏に「結婚したいな」と意識させる7つの方法

彼氏に「結婚したいな」と意識させる7つの方法

いま交際している彼氏とそろそろ結婚だと自分は思っているけれど、彼氏がそういった素振りを見せないとき、何が原因で結婚をためらっているのかな?!と思ってしまいます。

その打開策は彼氏の心をギュッと掴むポイントを押さえること、今回は彼氏に結婚を意識させる方法についてご提案します。

結婚願望がないわけではない

お金の心配なのか?仕事が理由なのか?
ためらう理由がなんにせ多くの男性は結婚したいはずです。
結婚を意識させるポイントは男性によって異なるので、ご自身の彼氏に照らして考えてみてください。

家族を大切にしている

交際していたら彼氏の家のことがよくわかるはず、家族と仲良しの彼氏の場合、奥さんになる人にも家族といつも関わりを持ってもらいたいものです。
そのためにはまずは自分が家族を大切にし仲良くしているかが重要、何気ない会話のなかで「父親と〇〇した」「きょうだいと協力して両親に〇〇した」などといった家族ネタを出しましょう。

家族を大切にしている

あわせて、彼氏の家族に旅行のお土産を買っていく(彼氏だけでなく家族のことも頭にあるのを知らせる)などの気遣いを見せましょう。
ここでの注意点は「母親と仲良しすぎ」はアピールしないこと、既婚男性から嫁と嫁母の癒着について色々と聞いているはず、要らぬ誤解を招くかもしれないので仲良しでもあえて話題にしません。

家庭的をアピール

家事を分担するのが当たり前の時代になっても男性は家事ができる女性に惹かれます。
整頓上手なところはカバンのなかみを見ればわかるし、料理ができるのはデートでお弁当を作って行ったりすることでわかります。
特別料理ができなくても最近はインターネットで検索すれば簡単で美味しいレシピがたくさん掲載されていて参考になりますよ。

堅実なのをアピール

ブランドバッグが欲しい、美味しい物を食べたい、誰しもお洒落をしたいけれど、着飾ることだけがお洒落ではありません。

高級品もお手頃価格で手に入れたものも、持っているものを工夫し丁寧に大切に着たり使ったりする女性に男性は惹かれます。
限られた収入で楽しくやり繰りしてくれる未来予想図が描けるからです。

「働ける」をアピール

専業主婦を貫くほうが奇跡、ほとんどの女性はフルタイムもしくはパートタイムで仕事をしています。
いつ何時なにが起るかわからないから収入は多いにこしたことはありません。
彼氏との会話のなかでそれとなく何らかの形で仕事はすることを伝えておくとよいです。
ひと昔前と違って働く意思のある女性を悪くは思いません。

「話し合いで解決ができる」をアピール

交際していたらケンカもつきもの、いつまでたっても感情的になかみのないケンカばかりだと「こいつバカだな」と思われてしまいます。
言い合いになったときは深呼吸し心を落ち着けて話し合いをし目の前の問題を冷静に解決させる努力をしましょう。
ケンカのたびに物をぶつけたり彼氏にあたったりしているといつまでたっても結婚を意識してもらえません。

ポジティブ

仕事や人間関係などで疲れているとき笑顔で話しを聞いて元気づけてくれる女性と一緒にいると癒されます。

好きを共有できる

同じ趣味がある夫婦は何年たっても一緒にお出かけをするし会話も絶えません。
趣味と言えばスポーツを連想しがちですが食べ歩きや漫画などでも同じです。
彼氏と共通の趣味がない場合は新しくふたりで始めると良いです。
ふたりで始めたことは思い入れが大きくなりますよ。

好きを共有できる

上記の何に重きを置いているか、彼氏によって異なりますが、共通して言えるのは相手を思いやる気持ちではないでしょうか。

こちらが彼氏や彼氏の周りを思いやると彼氏もあなたを含む周りの人を思いやりそれが良い方向に働きます。

関連記事

「一緒にいると落ち着く」男性が感じるほっこり系女子の特徴5つ...

ナンパから本気の恋愛に進展!?結婚も多い?「本気かどうか」見極めるポイ...

【家計簿を見直し】実家同居のお金のやりくりは?子どもへのお小遣い制度始...

【タロット占い】あの人は私をどのくらい好き?...

早く別れるカップルと長続きするカップルの違い...

Pocket
LINEで送る