友達って言い切れる?男女の友情を成立させるために注意すべきこと

私たち女性の永遠の課題のひとつ、と言っても過言でないのが「男女の友情は成立するか?」ということ。

この線引きを一歩でも誤ってしまった場合、あなたがお付き合いしているパートナーから浮気を疑われる、周囲から「あの子は男に媚びてばかり」などとレッテルを貼られてしまうことがあるかもしれません。

たしかに、距離感が極端に近すぎる場合には、そのようなことを疑われても仕方がないと思います。けれど、上手に線引きをすることができていれば、女友達とはまた違う良さがあるのが男友達なのではないでしょうか。

そこで今回は、男女の友情において、うまく線引きをするコツについてシェアします。

女友達と同じ感覚で付き合えていますか?

まず大切なのは、「女友達と同じくらい気軽な気持ちで付き合うことができるかどうか」ということがあげられます。

性別が異なるため、もちろん同性の友人と100%同じような価値観や感覚で友情を築くことは難しいかと思います。けれども、男女の友情の場合には、それに限りなく近い状態で付き合うことができるかどうかが重要です。

いま現在、あなたが男友達である男性に対してほんの少しでも「男性としての魅力」を感じているとしたら、それは真の友情とは言えないのではないでしょうか。男性としての魅力を感じているということは、「ひょっとしたら、彼氏候補としてありかも……」と、無意識のうちに考えてしまっているからかもしれません。けれどこれって、あなた(もしくは男友達)の恋人からしたら「浮気」と捉えられても仕方がないのではないでしょうか。

ですから、女友達とほぼほぼ同じ感覚や価値観で付き合うことができる男性とは、真の友情を築くことができるはずです。

本当に「友達」ですか?

映画の題材としてもよくある男女の友情ですが、親しくなりすぎて距離感も近くなりすぎてしまうと、互いに依存し合ってしまう可能性があります。それだけ男女の友情はちょっとしたことでもバランスを崩しかねない、とてもデリケートなもの。

ですから、ある種「依存関係」のようになってしまった場合、次第に相手の至らない点ばかりが目につくようになってしまう可能性があります。

ですから、真の友情を築いていくためにも、暇さえあれば「ご飯に行こう!」「今日は何してる?」などとメッセージを送りすぎてしまうような依存関係に陥らないように気をつけたいところです。

万が一、男友達のことに対して理由をつけて頼ることが多くなってきたなと感じた場合には一旦、あなたの方からすこし距離を置いて「冷却期間」をもうけてみてください。

これは、友人との関係に限らずすべての人間関係に言えることかもしれませんが、程よい距離感を保つことが大切です。互いに自立した関係のうえに真の友情を築いていくことが、ベストといえるのではないでしょうか。

ストレスのはけ口にしていませんか?

「最近、彼氏とあんまりうまくいっていなくて。こんなこと言われたんだよ?ひどくない??」などと、男友達に恋愛相談をするのは構いません。女友達とは違う、男性ならではの視点からアドバイスをしてくれた場合には参考になります。それに、女性に比べてはっきりと自分の意見を言ってくれることも多いので、ハッとさせられることも少なくありません。

かといって、恋人(もしくは気になっている人)のことを悪く言いすぎてしまうことは控えましょう。そんな「悪口大会」を開催してあなたがスッキリしたとしても、話を聞かされた男友達はどう感じるでしょうか。きっと、「悪口大会」から真の男女の友情を築くことは難しいかと思います。

むしろ、「女の人は、誰かの悪口を言ってストレス発散している」と考えてしまう男性も中にはいるため、男友達から距離を置かれてしまうことがあるかもしれません。

はじめは悩み相談だけのはずだったのに、気がついたら感情的になって悪口のようになってしまうことがあるかもしれません。そうならないためにも、常に「今の発言は、言いすぎていないかな?」などと、冷静な視点を持つことを意識してみてください。

悩みがあるなら、悩みについてだけ話す。誰か特定の人を傷つけるような発言は慎む。互いに「後味のよい会話」を心がけることも大切ではないでしょうか。

そして、男女間の真の友情をうまく線引きさせるためには、目の前にいる友人の「中身にだけ」フォーカスして付き合うことが大切です。「この人は、男の人だから」「だって、私は女だし……」といったものは、最低限のもの。男性と女性という異なる性別を持った友情関係は恋愛に発展しかねないからこそ、「この人のこういう性格が、私は好きなんだ」と、友人のパーソナリティについて注目してみましょう。「ちょっとしたことで、自分たちの友情を簡単に壊すことだけは嫌」という気持ちを互いに持つことが、何よりも大切なのではないでしょうか。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。