大好きな彼との電話をする時の注意点4つ

彼と連絡をとることはとても心が癒される楽しいひと時でしょう。
しかし楽しいからこそ、なかなか電話を切ることができないという女性は多いものです。
少しでも長く彼と繋がっていたいそんな気持ちからつい長電話をしてしまうなんてことはありませんか?

楽しく会話が続くのであれば問題ありませんが、気付くと彼は不機嫌になっていて、最後はケンカをして電話を切ってしまうという事態も起きてしまうでしょう。

今回は大好きな彼との電話をする時の注意点をご紹介したいと思います。

 

1. 次の予定を必ず聞く

彼には彼の予定があります。
忙しい中、あなたとの時間を作ってくれているのです。
電話の序盤に必ず彼の次の予定を聞いておきましょう。

そうすることにより、彼を気遣っているということが彼にも伝わるでしょう。
またあなた自身も彼がどのような予定があるのかを把握することができます。
これはあなたにとっても安心することができるひとつの手段となります。

たとえば夜電話をしていて、次の日が朝から大事な会議だったとします。
そんな時は会議を応援する言葉を彼に送ることができますし、あなたの方から早めにゆっくりと休んでほしいと伝えることができます。
長く連絡をとれなくなるということもありますが、それは彼にとってとても大事なことなのです。

彼のことを本当に大切にしたいのであれば、しっかりと彼の都合を考慮するべきでしょう。

 

2. 自分の話より、彼の話を聞く

大好きな人だからこそ、自分の話をしたくなるのは当たり前のことです。

しかしそれは彼も同じことです。
彼だってあなたに自分の話を聞いてほしいのです。

電話をしたらまずはひとこと、今日はどうだった?と聞いてみましょう。
あなたに聞かれることにより、わざわざ自分から話す内容じゃないと感じていたこともつい話してしまうでしょう。
そういうふとした会話こそ、実は心をつなげるための大事な会話だったりします。


普段の生活に隠れている不満や悩みを初期の段階であなたに聞いてもらえれば、大事になったときもその話の延長としてはなしてくれるようになります。

またふだんから話を聞いてくれる人というイメージが彼の中にあれば、何かあるたびにあなたに自分から話をしてくれるようになるでしょう。

まずは自分の話より彼の話を聞く、この姿勢を根気強く続けてみましょう。

 

3. 大きな悩みの話は電話でしない

電話はこまめに連絡をとるにはとても便利な手段です。
しかし便利な分、伝わりづらいというデメリットがあります。

この部分で大きな勘違いを生み、二人の関係に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
すぐにつながることができるという理由から電話以外のコミュニケーションを怠ってはいませんか?
大事な話もいつもの流れでつい電話でしてしまうということはありませんか?

これは電話に慣れてしまった時の大きな落とし穴です。

人が何か大切な話をするとき、ストレートに自分の感情を言葉として表現することはあまりありません。
そんなことをしてしまうと聞いてくれている相手を不愉快にさせる可能性があるからです。
できるだけわかりやすい言葉で丁寧に話そうとするでしょう。

しかし実際そんな綺麗な言葉では解決できない問題もあるでしょう。
もしその話を実際に会って話していれば、あなたも彼がどれほど辛く感じているかということが表情から読み取ることができるでしょう。

ここが電話との大きな違いです。

表情の深刻さ、指先や手足の落ち着きは電話では把握することができません。
大きな悩みや大事な話はぜひ会ってからするようにしましょう。
電話はあくまで二人のスケジュールを合わせるツールという認識でいましょう。

 

4. ケンカで終わらせない

電話を切りたくないという気持ちを相手に押し付け、ついケンカをしたまま電話を切ってしまったなんてことはありませんか。

これはとても悲しいことです。
本来電話は二人のコミュニケーションを増やし、円滑になるよう活用していくものです。
それがケンカを生んでしまうということでは本末転倒です。

電話はあくまで彼が元気かどうかを判断するもの、次回会う時に円滑にデートを進めていくためのものだと認識しておきましょう。

次回のデートはどこに行きたいかのすり合わせ、次会った時に準備しておかなければならないもののチェックの手段のひとつでしかありません。

電話でのコミュニケーションを全てと捉えてしまうととても危険です。
次回会った際、彼の笑顔を見るためのひとつの道具だと考えておきましょう。

最近では電話の他に、メールやラインといった手段もよく使うことでしょう。
これらのツールも今回ご紹介した電話と根本的には同じ話です。
あくまで二人の時間をよりよくするためのお助けツールでしかありません。
そのツールだけに頼ってしまうとお互いの認識がずれるといった事態がおこりかねません。

どうか二人のよりよい関係のためそれらを上手に使い、彼とより充実した時間が過ごせるようにしていきましょう。

Pocket
LINEで送る