甘えベタさん必読!いつもより少しだけ甘え上手になる方法

私には今、好きかどうかわからないけれど、気になる彼がいる。

それに、気になる男性には積極的に甘えた方がいいと書いてある。

でも、超がつくほどの甘えベタな私は、どうやって彼に甘えればいいの!?!?

気になる彼(もしくはお付き合いしているパートナー)に、甘えたくなる時ってありますよね? けれど、普段と違う姿を見せるのはなんとなく恥ずかしかったり、引かれてしまったらどうしよう、と不安になったり。また、いわゆる「甘えベタ」なせいで近寄りがたい雰囲気を、周囲に知らず知らずのうちに与えてしまっていることがあるかもしれません。

でもでも、甘えベタのせいでせっかくの恋を逃すなんて、絶対に避けたいところ。

そこで今回は、甘えベタな女性にこそ知ってほしい、いつもよりちょっとだけ「甘え上手」になれるヒントをシェアします。

好意は素直に受け取って大丈夫

甘え上手になるということは、ぶりっこになることではありません。相手からの好意や親切な気持ちを、ただただ素直に受け取るだけでいいんです。それがなかなかできないという方は、まず「相手の得意分野に関することをお願いする」ことをしてみましょう。

女性に頼ってもらえて、嬉しくない男性はいません。けれど、気になる彼にお手伝いをお願いする際には、「彼ができること(もしくは得意分野)をお願いする」ことに注意してみてください。

なぜならば、男性は女性に比べてプライドが高く、ガラスのハートの持ち主。ですから、彼のハートを思いがけず傷つけてしまわぬように、無理のない範囲でお願いをしてみてください。

男性を立てることを忘れずに

先ほどもお話ししたように、男性は基本的にプライドが高い生きもの。そのため、自分のことをたくさん誉めてくれる「自分を立ててくれる」女性を好む傾向があります。ですから、彼のことを頭ごなしに叱るのではなく、「飴と鞭(あめとむち)」で彼の自信が湧くような言動や振る舞いを心がけるようにしましょう。

謙虚な姿勢を忘れずに

はじめは「どうにか、手伝ってあげたい!支えてあげたい!」と思っていた男性であっても、何度も同じことを要求されてしまうと、次第に愛想をつかしてしまうもの。相手に適度に甘えることは、甘えベタの人が身につけたいスキルの一つです。しかし、相手に何かサポートをしてもらった場合には、「次に繋がるように学習をする」ことも大切になります。

たとえば、気になる彼がデートの食事代をご馳走してくれたとき。次に会った際に、「前回は、ご馳走してくれてありがとう。あのお店、すごく美味しかったね!」このようなちょっとした一言だけでも、相手の気分は良くなるはずですよ。

スキンシップは、大胆なくらいがちょうどいい

甘えベタの人が甘え上手を目指すのであれば、スキンシップで気持ちを表現する方法もあります。甘え上手になるためには、ある程度の積極性が必要になります。しかし、ハグや手をつなぐなどのスキンシップであれば、おしゃべりが苦手な人でも気持ちをストレートに表現することができます。

「甘える」と「わがまま」は別物

「甘える」と「わがまま」の違い、あなたにはわかりますか?甘え上手になりたかったはずなのに、わがままだと相手に思われてしまったら、あなたはただの「面倒な女性」になってしまう可能性があります。

甘える際はわがままとの線引きをしっかりすることが大事なのです。ちょっとしたお願いをして、彼が予想以上のサポートをしてくれたら、自然と彼への期待値が上がってしまいます。しかし、それによって彼への甘えが「わがまま」になってしまうことだけは注意しましょう。あくまでも、相手への敬意を忘れないよう心がけてください。

自分で自分のことを甘えさせてあげる

なかなか甘えることができないという方はまず、自分を甘やかしてあげることから始めてみましょう。 責任感が強く、自分に厳しいタイプが多い甘えベタ。けれど、じつは自分のことを思いっきり甘やかしてあげることで、周囲にも甘えられるようになることはご存知でしょうか。

自分自身に対して、過度にストイックになる必要なんてありません。時にはリラックスして、思いっきり肩の力を抜きましょう。ちょっと人にお願いをするだけでも、力が抜けるはずですよ。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。