こんな人は婚活パーティーで嫌われる!?気をつけたい言動3つ

「結婚したい!」と思って、婚活パーティーに参加したけれど、誰ともカップリングしなかったらどうしよう?と不安になること、ありませんか?
(※カップリングとは、婚活パーティーで最後にお互い「いいね!」をつけた人同士のカップルのこと)

せっかく参加するなら、カップリングしたいですよね。
最低でも連絡先を交換したい!と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は私が婚活パーティーに参加してきた中で、友人とも話した「こんな人は婚活パーティーで人気が出ないよね」という人の特徴をご紹介です。

1.私を楽しませなさいよ!

婚活パーティーは男性と女性、1対1の会話から始まります。

「はじめまして!」から始まり、プロフィールカードを交換してお話していきます。

そんなとき、目の前の人が黙ったまま、何も話しかけてこなかったらどう思いますか?

周りのテーブルでは賑やかに話している中で、自分たちのテーブルだけしんとしていたら、とても気まずいですよね。

「私から話しかけることなんてしないから、そっちが楽しい話題を振ってちょうだい」と考えている人は少ないと思います。
ですが、「私は人見知りなんでリードして話してください」と思っている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

人見知りだから自分から話しかけられない場合、気をつけたい点が「相手から話しかけられた場合はどう出ているか」ということです。
相手から話題を振られた場合も、上手く対応できないでいるとやっぱり気まずいままです。
お互い、楽しいという気持ちにはならないでしょう。

婚活パーティーは1対1での会話が主です。
自分が話さないと、相手は一人で話すことになります。
それでは、味気ない時間が過ぎていくことになっちゃいますよね。

2.どうせ私なんて好きじゃないんでしょ?

これまで誰とも付き合って来なかったから、モテたことがなかったから、婚活パーティーに行くという人もいるかもしれません。

そんなときに注意したいのが、卑屈にならないことです。

せっかく婚活パーティーに参加しても、「どうせ私みたいな人が選ばれるはずがない」「私なんかを好きになる人なんていない」「カップリングしても一夜限りが目的でしょ?」と、こんなふうに色々とマイナス方面に考えていては、なかなかカップリングは出来ません。
自分で相手を遠ざけてしまうでしょう。

自分に自信がなく、卑屈になっている場合は相手に感じ取られることがあります。
「私なんて…」という態度は、あまり人に好かれるものではありません。

婚活パーティーは人と出会う場です。
出会う場に出向いているのですから、「私を選ぶ人なんかいない」と考えないようにしましょう。

3.付き合っても変わる気ないんで

これまで一人の生活を満喫し、充実した人生を送ってきた場合、なかなか自分ルールから抜け出せない人もいるでしょう。

「休日は必ず自転車で湘南までサイクリングに行きたい」
「月に一度のライブには欠かさず参加したい」
「週末は絶対に家でゴロゴロしたい」

あれもこれもと、一人のときの生活を崩したくなくて、婚活パーティーの会話でもそれを披露してしまうかもしれません。
すると相手から「この人は一人の時間が多い」と感じ取られてしまうでしょう。
付き合ったあとも、そういったルールに自分が従わなければいけないのかと思うと、敬遠する方もいらっしゃるかと思います。

自分の時間は大切です。
ですが、婚活パーティーは結婚相手や恋人を探す場です。

「本当にこの人は恋人がほしいのか?」と疑われないよう、気をつけましょう。

まとめ

私も婚活パーティーでは幾度となく失敗し、そのたびに友人から「ここがダメだ」とダメ出しを食らっていました。
なので、もし婚活パーティーに参加して上手くいかなかったときは、他の人から客観的な意見を求めるのも良いでしょう。

婚活パーティーは出会いの場です。
1対1で会話し、目の前に座る人はどんな人なのかな?と考えます。

相手と楽しい時間を過ごせるように、工夫してみてくださいね。

Pocket
LINEで送る