友達以上にはなれないの!?彼を振り向かせる5つの方法!

気になる男性がいるけれど、なかなかそれ以上距離を縮めることができない。
そんな経験はありませんか?

彼と一緒に過ごす時間が増え、彼も会うことを拒否はしない。
けれどなかなか友達以上の関係へ進むことができず悩んでいる、なんて人は多いものです。

自分から告白してもし断られてしまったら今のような友達の関係に戻れるのか。
不安でなかなか切り出せず、もやもやした日々を過ごしているという女の子は大変です。

今回はそんな彼が本当はどう思っているのか、そして自分は果たして彼女になれるのか、そのポイントをお伝えします!

 

1. 『好きな女性はいるのか?』と聞いてみる

少し勇気がいるかもしれませんが、気になっている女性はいるのかをまずははっきりと聞いてみましょう。
これはあなたのことだけではなく、他に好きな人がいるのかということも含まれています。
まずはこのポイントをしっかりと押さえることが今後の行動を決める大きな分かれ道となります。

もしあなた以外に好きな女性がいるとしても焦ることはありません。
彼が告白に踏み切れないのにはさまざまな理由があります。
なぜ告白しないのか、その理由をしっかりと聞いてみましょう。

また好きな女性がいなかったとしても、どういう女性がタイプなのかをしっかりと聞くチャンスにすることができます。

あなたが彼のことが好きで合わせることができる範囲のものであればそれはとても大きな情報です。

 

2. 深刻な話を切り出さない

大好きな彼だからこそ仕事や家族の話を聞いてあげたいという女性は多いです。
しかしこれは逆効果。

深刻な話というのは自分から切り出し、聞こうという気持ちになっていないと受け入れられない場合が多いです。

あなたから彼に聞くことはとてもリスクが大きいといえるでしょう。

まずは彼があなたに話したい、相談したいと思えるような存在になることが大切です。
あなたからこの手の話を切り出すことはしないでおきましょう。

 

3. 過去の女性を問い詰めない

自分が彼女になるにはどうしたらよいかと考えるうちに、過去にどんな人と付き合っていたのかとても気になりますよね。
そんな時つい以前付き合っていた彼女はどんな人だったのかと聞いてしまうなんて人がいるでしょう。

しかしそれは誰も得をしない会話となるでしょう。
あなたにとっては今後彼女になるための参考の話となると思っているかもしれません。

しかしこれはとてもプライベートな話で、あなたから聞く話ではありません。
しかも過去に付き合っていて、終わった話なのです。

成功した例ではないのでこれからお付き合いをする上では良い情報にはならないでしょう。
反面教師としての情報は得られるかもしれません。
彼にとって嫌だったことや彼女への不満という部分はいまのあなたにとって大切なことです。

しかしそれを彼に思い出させてまでその情報を知りたいですか?
真摯に彼のことを思って付き合えば過去の不満など聞かずともあなたはきっと彼にそんなひどいことをしないでしょう。

もし今後彼と付き合ったとして、彼から『元カノと一緒だ』と言われてしまっても、そこから直せばよいのです。
あなたにとってはショックかもしれませんが、そのショックを自分がまず避けるために彼に嫌なことを思い出させるのは彼のためにはなりません。

本当に彼のことが好きなのであれば、彼の口から出てくることを待つ他ありません。
自分からは聞かないようにしましょう。

 

4. 共通の趣味を作る

彼との会話を盛り上げる上で、共通の話題というのはとても大切です。
気軽に連絡をとる一つの手段にもなるでしょう。

無理をして合わせることはありませんが、あなた自身も楽しむことができる共通のものを探してみましょう。

これはあなた自身もプラスになることです。
今までの自分ではなかなか見ることがなかった新しい世界を見ることができるからです。
さまざまなことを知っている人はとても魅力的です。

  • 大好きな彼と連絡をとりやすくなる。
  • 彼との会話を盛り上げることができる。
  • あなた自身の幅を広げることができる。

たくさんのいいことがあります。

あなた自身のためにもぜひ新しい共通の趣味を探してみてください。

関連記事

何故?!付き合った途端に男性が冷たくなる理由6つ...

男性が「キスしたいかも…!」と思う女性の言葉や仕草まとめ...

【エッセイ漫画】アラサー主婦くま子のふがいない日常(31)...

結婚を意識し始めた時の風水(5)寝室のポイント2つ!...

似たもの同士が惹かれ合う理由5つ...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ