しあわせを見つける”感度”が高い人の特徴

みなさんに1つ、質問があります。

最近、「ラッキー!」「私って、世界一の幸せ者かもしれない♡」と、感じた瞬間や出来事はどんなことでしょうか?

ハッピーを感じる瞬間や出来事は、決して「試験に合格した」「彼氏ができた」などといった大きなものでなくても構いません。たとえば、「好きな人が夢の中に出てきた」「散歩中、金木犀の香りがして幸せな気持ちになった」「毎日、ふかふかの布団で寝られるだけで幸せ」など、そんな小さなことで構わないのです。

自分の身の回りにはいつでも、たくさんのハッピーを感じられる「何か」で溢れています。そのハッピーをたくさん見つけられる人ほど、毎日の充実感や幸福感って大きくなっていくものではないでしょうか。それに、ハッピーをたくさん見つけられる感度の高い人は、次々とハッピーな出来事を引き寄せていくのです。

そこで今回は、幸せを見つける感度が高い人の特徴についてシェアします。

 

1:褒め言葉を、「ほめ言葉のまま」受け取る

「あなたのワンピース、すごく素敵!きっと高かったんじゃない?」
周囲の人からこう褒めてもらった時、みなさんだったらどのような反応をするでしょうか。

うっかり、「そんなことないですよ!」「いやいや、これなんてユ○クロで買った安物なんで〜」などと、わざわざ自分の価値を下げるようなネガティブな発言を口にしてしまっていませんか?

ほめ言葉に対してそのような回答をするのは謙遜だと考えている人もいるようですが、それは純粋な気持ちで褒めてくれた相手に対しても失礼なことです。

ですから、相手から何かほめ言葉をかけてもらった際は素直に「ありがとうございます」と、感謝の気持ちを相手に返しましょう。

そして何より、わざわざ自分をおとしめる必要はありません。

「このデザイン、すごく可愛いですよね」「安く買えてラッキーだったんです!」などと、ポジティブな表現を心がけましょう。

ほめ言葉を「ほめ言葉のまま」受け取ることは、慣れていない人にとっては何だか違和感があるかもしれません。けれど、相手の言葉をそのまま受け取れるようになると、お互いにハッピーな気持ちになれるはずです。

 

2:気持ちの変換力を身につける


ネガティブな発言をする人って、その人のネガティブな言葉をちょっと聞くだけでも嫌な気分になったり自分に自信が持てなくことがあるかもしれません。

「私って、なんの価値もない人間なのかな」「この人だけじゃなく、みんな私のことなんて嫌いなのかな」などと、どんどん後ろ向きな考えに偏ってしまうことがあるかもしれません。

けれど、ネガティブな発言が目立つ人が持つ、ネガティブなオーラに影響されてはいけません。そのような人は、自分にとっての反面教師なんだと思うことにしましょう。

そして、「あんな言い方をすると、傷つくよな〜私はそうしないようにしよう」「あの人の知らない私の一面もあるんだから、私は私のままでいいんだ」などと、気持ちを切り替える。

たとえネガティブな気持ちにさせられるような出来事があったとしても、それらをポジティブな方向へと切り替える練習をしていきましょう。

 

3:「あいつのせい」でも「あなたのせい」でもない

誰でも一度は、「うまくいかないのは、あの人のせいだ!」と、相手のことを責めたくなるような出来事を経験したことがあるかと思います。

けれど、「私は幸せではない」ことを周囲の人のせいにしたところで、あなたの幸せはどんどん遠ざかっていくだけ。
ですから、物事が思うように運ばないことや失敗などを相手のせいにしないようにしましょう。

けれど、それ以上に大切なのは、「自分のせいにもしない」ということ。
もしかすると、たまたまタイミングが悪かっただけかもしれませんし、あなた自身がちょっぴり疲れていて物事の捉え方がいつもと違っているだけかもしれません。

相手のせいにも、自分のせいにもしない。物事が解決するまではモヤモヤするかもしれませんが、ふとした瞬間に必ずすっきりとする瞬間が訪れるはずです。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。