トイレ掃除の頻度はどれくらいがベスト?正しい手順や方法も徹底チェック

トイレ掃除の頻度はどれくらいがベスト?正しい手順や方法も徹底チェック

トイレ掃除は、敬遠されがちな掃除場所ですが、使う頻度が多ければ多いほど、とても大切な場所でもあります。今回は、トイレ掃除の頻度はどれくらいがベストなのか?トイレ掃除の正しい手順や方法も合わせてご紹介していきしょう。トイレ掃除の頻度は、一人暮らし、共働き、企業などそれぞれのシーンで異なります。ぜひ、参考にしながらトイレ掃除をこまめに行ってみましょう。

トイレ掃除をするメリット

トイレ掃除は、お家の中の掃除場所で素手では触りたくない場所ですよね。しかし、そんなマイナスのイメージのトイレ掃除には、いくつかのメリットがあることをご存知でしたか。まずは、トイレ掃除の頻度の前に、トイレ掃除をするメリットをご紹介しましょう。

トイレ掃除のメリット①爽快に過ごせる

トイレ掃除をするメリット

トイレは、体内に溜まった便や尿を排出する場所です。そのため、黒ずみや黄ばみ、水垢などが付着します。それに伴って、雑菌が繁殖し、臭いの原因に。トイレ掃除をすることで、雑菌や臭いの基を取り除き、爽快な気持ちにしてくれます。

トイレを毎日衛生的に気分よく使うためにも、トイレ掃除の頻度をこまめにしてみましょう。

トイレ掃除のメリット②掃除が楽になる

トイレ掃除の頻度を上げる2つめのメリットは、掃除しやすくしてくれることです。トイレの汚れは、ついてから時間が経つとこびりついて落としづらくなりがち。トイレ掃除の頻度を上げることで、時間がと労力を使わずに簡単に落とすことが可能なのです。

トイレ掃除の頻度は?

トイレ掃除のメリットをいくつかご紹介しました。トイレ掃除をするにあたってのメリットは色々あるようです。次はトイレ掃除を実践するために、トイレ掃除の頻度からご紹介しますね。

トイレ掃除の頻度は?

トイレ掃除の頻度①一人暮らしの場合

一人暮らしの人の場合、トイレを使う頻度が少なめです。お仕事をしていると日中にお家にいないので、トイレをあまり使いません。そのため、一人暮らしの人のトイレ掃除の頻度は、週に1回がおすすめです。お仕事も休みで、時間にも比較的余裕があるので、週末がおすすめ。

トイレ掃除の頻度②共働き

共働きの人も、一人暮らしの人と同様、週末に2人で一緒に掃除することがおすすめです。平日は、共に仕事で忙しいと掃除をする時間も気力もなくなりがち。そんな時は、週末にまとめて掃除をするとGOODです。平日にトイレ掃除をしたいと思ったら、床や便器を簡単に拭くようにしましょう。

トイレ掃除の頻度は?-2

トイレ掃除の頻度③会社や企業

会社や企業は、一人暮らしに比べて使う頻度や人数も多くなりがちです。しかし、個室の数や面積が広いため、毎日行うのも一苦労。トイレ掃除の頻度は、企業や会社によって異なりますが、トイレ掃除を毎日行っている会社もあれば、3日に1回、又は1〜2週間に1回のところもありました。

行き来する人数が多く、来客も多い企業であればトイレ掃除は、毎日行うことが理想です。

トイレ掃除の頻度に加えて手順も大切

トイレ掃除の頻度をチェックしてきましたが、それに加えてもう1つ大切なことがあります。それは、トイレ掃除を行う時の順序です。効率的にきれいに掃除するためにも、手順を考えながら掃除をしましょう。

トイレ掃除の頻度に加えて手順も大切

ポイントは…上から下へ進むこと!

トイレ掃除をする時は、上から下に向かって順番に掃除をすることがポイントです。突然下から行ってしまうと、下をキレイにしたのに上の部分の掃除を行わなければならず、誇りや汚れが下に落ちてしまいます。それを避けるためにも上から下へと進んでいきましょう。

トイレ掃除の方法

トイレ掃除の方法やポイントをチェックした後は、すぐに実践できるトイレ掃除の方法をご紹介していきましょう。トイレの順番を参考にしながら早速、お届けします。

トイレ掃除のために準備する物

トイレ掃除の方法

トイレ掃除を始める時に準備するものは、便器を洗うトイレブラシ、トイレ拭き取りシート、トイレを洗う洗剤などが必要です。最近は、便器内を洗うブラシと洗剤などが1つになっているアイテムもあるので、自分に合ったものを選びましょう。

トイレの基本的な掃除方法

Step①便座蓋〜便座

ゴム手袋をつけて、除菌シートを持ち、棚の上や手を洗う場所からきれいにしていきます。次に、トイレ専用のシートに持ち替えて便座蓋から順に拭きましょう。便座蓋、便座の順番で拭きあげます。

Step②便座の外側〜便座裏・フチ

次は、便座の外側の部分に進み、便座の裏やフチの部分をシートを使って拭きます。便座の外側などは、意外に誇りがたまりがちなので、トイレ掃除の時に一緒に拭いてあげることがポイント。便座の裏やフチには、用を足した時に飛び散りがちで、汚れがつきやすい部分です。

Step③便座内

便座以内は、専用の洗剤などを吹き付けてトイレブラシでしっかりこすります。特に、便座内のフチ部分には、汚れがこびりつきやすく、見落としがちな場所。入念にブラシを当てながら洗って行くことがポイントです。

Step④壁〜床

便器をお掃除した後は、壁や床を拭きましょう。便器のみならず、壁や床にも汚れや雑菌が飛び散りがちです。忘れずに、しっかり掃除をするようにしましょう。

最後に

トイレ掃除の頻度は、一人暮らしか共働きか、会社や企業によって異なります。今回は、トイレ掃除の頻度や方法などを中心にお届けしてきました。トイレ掃除は、難しいことではないので、トイレ掃除の頻度や方法を参考にしながら、積極的にトイレ掃除をして行きましょう。

関連記事

グラウンディングとは何?瞑想?グラウンディングの効果とやり方...

転職するなら慎重に!20代・30代で転職するときのポイント3選...

付き合う前のおうちデートエピソード!距離を縮めるたったひとつの方法...

酢だこのカロリーってどれくらい?たこのカロリーや栄養、酢だこさんやかこ...

ルイボスティーのダイエット効果って?飲み過ぎは太る!飲む時間や回数...