いい歳して…と言われる人の特徴は?「いい歳」とは30歳から?

いい歳して…と言われる人の特徴は?「いい歳」とは30歳から?

「いい歳して…」と周りから言われる人がいますが、その人たちはなぜそう言われてしまうのでしょう?理由は性格や行動に年齢に応じた大人らしさがないことが関係しています。大人として恥ずかしい部分があると、あなたも「いい歳して」と言われてしまうかもしれません。この言葉を言われると、ちょっと不愉快さに感じます。「いい歳して」と言われないようにするためには、きちんと理由を知って対策を練りましょう。

「いい歳して」が意味すること

「いい歳して」の言葉には、年齢的にそんな言動はするものではないという意味が含まれています。「いい歳して…」と言った人は、相手に対して心情的に呆れているのでしょう。「いい歳して」は、その年齢に見合ったふるまいができていないときに「いい歳をした人なのに恥ずかしい」と思われているということです。

「いい歳して」が意味すること

「いい歳して」とは、責任ある仕事に就き家庭を持っていておかしくない年齢の人に対して使うことが多いです。いつまでも定職に就かない人や未婚の人を、目上の人が非難する場合にも使います。フリーターやバイトで不安定な働き方の人、実家暮らしで独身の人は、同年代の正社員で働く人や結婚して家庭を持つ人との比較で「いい歳して…」と言われやすいです。

「いい歳して」と言われる人の特徴

ちゃんとした仕事を持っているか結婚しているかを抜きにして、「いい歳して…」と言われる人はマナーや考え方がなっていない傾向があります。精神的に大人になれていない部分がある人は、そう言われてしまうのでしょう。

食事や会話でマナーの悪さが目立つ

「いい歳して」と言われる人の特徴

食事で料理をよくこぼす、音をたてて食べる。会話で他の人の話に途中で割り込む、周りに聞こえるような大声を出す。そんなマナー無視の行いをする人は、周りから冷たい目で見られます。大人は相手を不快にする行いをタブーとし、行儀の良い姿勢を心がけるものです。マナーのなっていない人は、他人のことを思いやれない幼稚な人に思われてしまい、「いい歳して…」と言われてしまいます。

感情の抑制ができない

納得できないことや嫌なことがあったとき、周りに大声で怒鳴り八つ当たりする人がたまにいます。ちゃんとした大人は腹立たしいことがあっても、感情的にならず他の人に当たったりしません。大人と言われる年齢になったら、自分の感情を抑える精神力が求められます。感情的になりやすい人は、内面が年齢に見合う成長をしていないと傍目に分かってしまい、「いい歳して…」と言われてしまいます。

経済観念がない

「いい歳して」と言われる人の特徴-2

お金をあるだけ使ってしまう、欲しいものはローンを組んででも買うタイプの人は、いい大人なのに経済観念がないのかと思われてしまいます。いい年齢になった人は自分で家計を把握して、お金をやり繰りしなくてはいけません。

手元にお金を残さない、借金をしてまで買い物する人は、自己管理ができていないことを示します。経済観念がない人は、「いい歳して…」と最も言われやすいタイプです。

アニメやゲームに夢中になっている

「いい歳して」と言われる人の特徴-3

趣味にはまるのはその人の自由ですが、大人がアニメやゲームに夢中になりすぎる様子は恥ずかしいです。アニメもゲームも子供向けのものなので、大の大人が熱中するのはみっともないと見る人もいます。

もし、あなたがアニメやゲームが好きなら、他の人に知られないようこっそり楽しむことがおすすめです。人前でアニメを見たりゲームで遊んでいたら、「いい歳してアニメとかゲームが好きなの?」と言われるかもしれません。会話の話題に出すのもやめましょう。

「いい歳して」と言われる年齢は30歳から?

「いい歳して」と言われるのは、何歳からなのでしょう?社会人としての区切りで見ると、30歳あたりで言われやすくなります。30歳は男女ともに色々な重みが増える時期なので、「いい歳して…」と言われやすくなるのでしょう。

「いい歳して」と言われる年齢は30歳から?

20代から30歳になると変わるのは、周囲の反応です。20代は学生の時期が含まれていますので、多少の失敗の多めに見てもらえる世代です。30歳になると自分の責任がさらに求められ、20代の頃と違い周りの目線も厳しくなります。30歳は社会人としてのそういった重みが出る年齢なので、周りは何か問題点を見つけると「いい歳して…」と言うようになるのでしょう。

また、個人の生き方でも、30歳は節目となる年齢になりやすいです。この年齢になる体力や健康の不安が出てくるので、子どもがほしいならそろそろ結婚するべきかと悩む人も増えます。周りも似たような考えから未婚の人に対しても、30歳頃から「いい歳して独身」など言うのかもしれません。

「いい歳して」と言われないためにすること

「いい歳して」と言われないためには、周りの目を意識して行動し自己管理を徹底することです。

「いい歳して」と言われる原因であるマナーは、人目を気にすることで防ぐことができます。周りから見られていることを意識していると、自分が恥ずかしくないようマナーに気を使うようになります。

「いい歳して」と言われないためにすること

「感情の抑制ができない」、「経済観念がない」については、自己管理ができていないが元にあります。自分で自分を管理する力をつけられれば、2つとも改善していけます。自己管理能力をアップすると、感情的になりにくくお金もバランスよくやり繰りできます。

「いい歳して…」と言われないためには、他人にどう思われるか考えて自分を厳しく管理しましょう。

最後に

「いい歳して」と言われたら、大人として恥ずかしいと思われています。自分が言われやすい人の特徴に当てはまっていないか確かめ、そのタイプに入っていたら早めに対処しましょう。ただし、結婚していないことによる「いい歳して…」の発言は、気にしすぎないのがおすすめです。未婚を選ぶ理由は人それぞれなので、他人が口をはさむことではないでしょう。マナーやふるまいの面で、「いい歳して…」と言われないよう気をつけてください。

関連記事

ビール酵母の効果とは?男性機能も回復し、便秘も解消?...

お金を使わない生活とは?!お金を使わない人になる方法...

出会いは必然!?運命の出会いを必然的に作る方法6選...

婚活疲れを起こす理由と婚活疲れを解消する方法...

麦茶の栄養や効果とは?麦茶は健康に悪いってホント?!人気の麦茶ダイエッ...