映画は監督で選ぶべき?女性におすすめしたい映画選びのポイントとは

映画を見ると心を豊かにすることができますよね。
人として成長することのできる、良いきっかけが生まれたりするのも映画の魅力でしょう。
しかし時間というのは限りあるものです。せっかく観るのであれば良い作品に出会いたいものです。

今回は女性におすすめしたい映画を選びのポイントをご紹介します。

1.  女性におすすめしたい映画選び:監督をチェックする

今まで観た作品の中にはとても感動した作品というものがあるでしょう。
そんな時は誰が監督をしていたかをチェックしておきましょう。

映画は監督によって作品のメッセージや雰囲気がかなり違います。
そしてそれは人それぞれ好き嫌いがあります。
自分がその作品を気に入ったということはその監督の一部を好きになったということです。

ではその好きになった監督の違う作品もぜひ観てみましょう。
伝えたい大きなメッセージは同じだったり、人物の取り方が似ているということもあるでしょう。
また作品と作品のつながりが実は隠されていた、なんてこともあるでしょう。

好きな作品を見つけたら、次は監督をチェックして次の作品につなげる。
これは失敗が少ない方法といえるでしょう。

2.  女性におすすめしたい映画選び:アカデミー賞を参考にする

一年に一度、映画の有名な表彰があります。
その代表的なものにアカデミー賞があります。
アカデミー賞はたくさんの作品の中からそれぞれの部門に特化した素晴らしい作品が選び出されます。

これは映画を選ぶ際に大きな基準となります。
素敵な洋服を映画で楽しみたいのであれば衣装賞の作品。
物語の展開で感動したいのであれば脚本賞など、さまざまな選び方もできます。

またその賞を過去から現在にかけて観ていくということも楽しめます。
その年に起こった出来事や、過去にあった大きな事件をいつ作品としてつくられたかということも感動することができる大きなポイントでしょう。

慣れてくるとアカデミー賞以外の賞もチェックしてみましょう。
さまざまな国でさまざまな視点で映画は選ばれています。
どの賞のどのような部門の作品が自分好みのものなのかがわかれば、好きになる作品にたくさん出会うことができるチャンスを増やすことができるでしょう。

3.  女性におすすめしたい映画選び:予告編をたくさん見る

映画には予告編があることがほとんどです。
そしてこの予告編というのは作品のポイントや伝えたいメッセージが短時間に詰め込まれています。

予告編を見ることでより多くの作品のメッセージの一部を垣間見ることができます。
そしてその機会はできるだけ多くの作品に設けた方がよいでしょう。

たくさんの予告編を見る事で、観る作品を吟味するという時間を充実させることができます。
わざわざ予告編をたくさんチェックするということが面倒に感じるかもしれません。
しかしこのひと手間が良い作品と出会えるかという大きな分かれ道になるでしょう。

4.  女性におすすめしたい映画選び:趣味の合う友人に聞いてみる

趣味の合う友人であれば好きな作品が近いということもあるでしょう。
どの映画から見ればいいか全くわからないという人はぜひ友人に聞いてみましょう。

口コミというのは実は信憑性の高い情報です。
そして自分と気の合う人の口コミというのはより自分の気持ちに近い意見といえるでしょう。

この意見を聞かないという手はありません。
そしてその意見を自分から聞くというのはその友人との良いコミュニケーションにもなるでしょう。

作品にはその人の人生が含まれていることがあります。
その人が苦労したこと、感動したことが詰まっています。
そしてその作品に触れるということは相手のことを知る大きなチャンスとも言えるでしょう。

ぜひ友人に積極的にオススメの作品を聞いてみましょう。

5.  女性におすすめしたい映画選び:ネットでレビューを調べる

インターネットはたくさんの人の意見で溢れています。
不特定多数だからこそいろんな考えの人の作品の見方というものを知ることができます。

いまの自分には興味のないことでもそのレビューを見ることによって新しい作品の見方ができるかもしれません。
それが手軽にできるのがインターネットです。

そして何より簡単に作品の良し悪しを判断できるのがレビューに星などの値です。
これは一目で作品の人気を見ることができるとても便利なものです。
文字を読むのが億劫なんて時はこの数字で判断することも簡単でおすすめです。

6.  女性におすすめしたい映画選び:レンタルビデオのランキング

レンタルビデオ店ではよく作品の貸し出し数などをランキング形式で陳列しています。
これは作品を選ぶ大きな参考となるでしょう。

レンタルされる数が多いということは人気があるということです。
たくさんの人がその作品に期待しているとも言えるでしょう。
たくさんの人が興味をもっている作品に触れるということもたくさんの人との共通点を探すことのできるいい機会です。

また作品を借りる際にわざわざ探すことなく、すぐに作品が手に入るというのも魅力です。
店に訪れるとすぐ目に入る位置に陳列されているためそこからすぐに借りることができるからです。

何もこだわりがないけど良い作品を観たいという時はぜひレンタルビデオ店のランキングも参考にしてみましょう。

関連記事

絵本も雑誌も収納できる!100均の「すのこ」で作るベッドヘッドボード...

丁寧な暮らしを。シンプルに生きるための暮らしのヒント10...

雨の日や暑い日のおうち遊びにも(1)段ボールで水族館を作ろう!...

生後1ヶ月の赤ちゃん!新生児が生後1ヶ月で出来ること・やること...

握手で見抜く心理術!手の平で相手を知る4つの方法...

Pocket
LINEで送る