少年の心の葛藤が運命の道を分ける「アイム・ノット・シリアルキラー」

スポンサードリンク

(c)2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY

6月10日(土)より新宿シネマカリテほかにて公開となった「アイム・ノット・シリアルキラー」
アメリカの田舎町に暮らす16歳の少年ジョン(マックス・レコーズ)は葬儀屋を営む家庭で育ったせいか、死体や殺人に異様な興味を示しており、ソシオパス(殺人予備軍)だと診断されていた。

「人を殺したい」そんな危険な願望を内に秘めながら、セラピストや家族の協力の下、“普通”の生活を送っていたジョン。
ある日、この田舎町で連続殺人事件が起き始める。被害者は見るも無残な姿にされ、内臓や体の一部が奪われた。
興味をそそられたジョンは調べ始めた矢先、偶然にも事件の犯人を知ってしまう。
それは隣人の穏やかな老人クローリー(クリストファー・ロイド)だった―!

思春期の少年はまるで綱渡りのような危うさ

(c)2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY

主人公のジョンは16歳、まさに思春期まっただ中である。
思い出してほしい。視野が狭く、人の言葉に敏感で傷つきやすく、学校や家が世界のすべてだった頃を。
誰しもが一度は孤独を胸に抱き、「誰もわかってくれない」と思った経験が一度はあるだろう。
危ないことに興味をしめしたり、自分の世界を作り上げ、一つのことに没頭したり……。

この年頃は難しいと言われているがジョンもまさにそうだった。
彼はまるで綱渡りをしているように危うい存在だった。
バランスを崩してしまえばそちら側に落ちてしまうし、踏みとどまればまだ綱を渡っていける―

劇中で、彼は「殺人」に異様な興味を示しているがそれがいけないことであることはわかっている。
しかしどうしてもその衝動を止めることができずに調べるだけでは飽き足らず、行動がどんどんエスカレートしてしまう。

ジョン役のマックス・レコーズは「殺人願望」という内なる衝動に、欲望のまま従ったかと思えば葛藤し、時に狼狽し…
その特殊ではあるが少年の心情の変化を見事に演じていた。

人の道を踏み外すか否かという場面においてジョンの選択を、
こんなにも不安定で危なっかしい彼の行く末を心配せずにはいられなかった。
終盤までどちらに転ぶかわからずハラハラさせてくれるが、
ストーリーが進むにつれ成長していった彼が選択した答えが胸を熱くさせる。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

ブッチ

ジャンル問わず好きな映画を推すゴリラ。 バナナはそんなに好きではないです。