きっと幸せになれる恋愛風水*出会い運編*その8*NG風水(2)*

前回は、出会い運を下げてしまう原因になるNGなことを紹介させていただきました。

今回は、その2回目です。

普段から、出会い運や恋愛運が上がることを心がけていても、知らず知らずのうちにNGなことをしていたら、せっかく運気が上がるようになっても下がってしまいますから注意したいところです。

もし、運気が下がるNGなことをしてしまっていたら、そのNGを補う運気が上がることをしてください。
きっと補うことをすることで、やってしまったNGの効果がなくなってくれますよ。

 

☆香水のつけすぎ

今の夏の時期は、匂いに敏感になってしまうと思います。
汗の匂いや体臭など、暑さにプラスして服装も肌を露出する服装になりますので、他の季節よりも敏感になりますよね。

だからといって、香水などのつけすぎには要注意です。

風水的には、良い香りは良い出会いや良い運を運んで来てくれるものですが、香りが強すぎると悪運までも呼び込んでしまいます。
ですので、香水などのフレグランス系をつけるのであれば、つけすぎないという事に注意が必要です。
ほのかに香る良い香り。これがベストです。

風水的に、風が出会い運や恋愛運を運ぶと紹介して来ましたが、運の風は下から上に向かいます。
ですので、裾の広い服などが良いとご紹介して来ましたが、香りに関しても風が下から上に上がるように広がるような場所につけるようにしてください。

下から上に上がる場所にフレグランス系をつけることが一番のポイントです。
風に乗って、フワッと良い香りがあなたを包むイメージをしてみてください。

良い香りに包まれることが、出会い運や恋愛運にあなたが包まれるというイメージです。
それが、香りが強すぎる事で、良い運だけではなく悪運まで引き寄せてしまう事になるとイメージすると、分かりやすいと思います。

木の蜜に群がる虫の中には、いろんな種類の虫がいますよね。
あなたという木の蜜に群がる無数の相手候補達。

その無数の相手候補達の中には、あなたにとって悪い候補の人も含まれているという事です。

蜜の香りはいろんな種類の虫を集めます。どうせなら、あなたにとって良い候補となる人だけが集まるようにしたいですよね。
香りは、ほどほどにしましょう。

 

☆腕組みをする

腕組みをすると、風水的ではなくても心理的にガードしているという印象を相手に与えてしまいます。

風水では、「人と気を合わせられない」、「相手を受け入れることができない」という事になります。
風水的にも、心理的にも腕を組むということは相手には良い印象を与えないようです。

ですので、腕組みをしながら壁に寄りかかってしまうということがあるかもしれませんが、その仕草はオススメしません。

腕組みをして相手をシャットアウトしているのに、壁に寄りかかっているということは、壁と同化しているということですので、良い気を発信するわけでなければ、良い気を受け入れるわけでもありません。
なるべくなら腕組みをしないようにしましょう。

考えごとをする時など、腕組みをしてしまうということが癖になってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。
でも、この恋愛運や出会い運にNGということがわかれば、腕組みはしなくなると思います。
腕組みを知らず知らずのうちにしてしまっている事に気が付いたら、すぐに腕組みを外してください。

腕組みをしていた数分間か数秒間は、相手の気を受け入れなかったり、人と気を合わせられない状態だったところが、相手の気を受け入れ、気を合わせられるようになります。

意識して、腕組みをしないという毎日にしてみてくださいね。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

kuroneko5

「風水」に関して知るようになったきっかけは、今は亡き父の癌が発覚した時、すでに手の施しようがなく、食事療法などの本を書店で探していた時に「風水」の本が目に入り読み出したのがきっかけで、お金をかけることなく簡単なことで運気が良くなる方法などを自分で試しています。