苦闘期占い(2)「適応障害」で思い出した雅子様の当時の運気を観てみたわ【辛口オネエ】

苦闘期占い(2)「適応障害」で思い出した雅子様の当時の運気を観てみたわ【辛口オネエ】

TOP画像出典:BBCnews

(1)は「適応障害」で活動休止した美人女優Fさんの占いだったけど↓
辛口オネエの有名人占いバックナンバー

「適応障害」で思い出したのが雅子様。今はだいぶお元気になられてるみたいだけど、やっぱりあの頃は辛い時期だったのかしら、と思って観てみたわ。

公務に現れなくなる最初のきっかけが帯状疱疹の発症だったらしいから、まずは後に「適応障害」と言われるようになる不調のスタート時として、2003年12月3日のトランジットを。

■雅子様出生図・帯状疱疹時トランジット

雅子様:1963年12月9日23:37 東京都港区生まれ
帯状疱疹発症日:2003年12月3日

まさこさま

内円が雅子様、外円が発症日。かどうか分からないけど、いろいろ調べてくれたスタッフによるとこの日に帯状疱疹だと周囲にも伝わったらしいからこの日で。

で、雅子様の場合も、

■「帯状疱疹」も「適応障害」も納得の星回り

当時はまだ「適応障害」という言葉はなかったんですってね。不調で公務ができない状態の日々が長くなってきて、何年後かにそんな診断名がついた。

でも、トランジットではこの帯状疱疹の判明日の時点で「辛い環境に身を置いている」ことを示唆してるのが、

★雅子様の蟹座11度のドラゴンヘッドにトランジットの土星が合・金星とオポジション

ネイタルのドラゴンヘッドは、ごく身近にいる人達、置かれている環境、結婚している場合は相手の親族も含めた広い意味での身内。それから、雅子様みたいな国を象徴する存在の場合は、そんな自分を本来慕ってくれるはずの「国民」そして、皇室関係のさまざまな人達。侍従とかも。

そんな、ふだんの生活で常に自分を囲んでいる人達や、その環境にトランジットの土星が重なるときは、その人間関係や環境が重荷になる時期。そして、人間関係や環境の精算的なことが起きて、長くそばにいて当たり前になっていた人、身近で大切な人との別れもあり得るし、有名人ならファンが離れていくとかもある時期。皇族だから「国民の心が離れる」形でこの土星が現れたかもしれない。そして、皇居内でも冷たくされることが増えたかもしれない。

雅子様の金星は山羊座12度でご自身のドラゴンテイルと合。トランジットの土星はその金星とはオポジション。ネイタルの金星はその人の女性性と、女性同士の付き合いなんかも司るから、この時期は女性として、女性同士の交流がしんどくなる時期でもあった。皇室内で、女同士で仲間外れとか、そのつもりはなくても孤立するようなことがあったかもしれないわね。

続きは次のページ▶︎

関連記事

【有名人占い】復活の天秤座(1)「死にたいほど辛い3年」のトランジット...

苦闘期占い(4)初優勝するも中傷に泣いた2018年全米決勝は大衆が感情...

イーロンマスク占い(1)型破りな天才はバイキンだらけ【辛口オネエの西洋...

【有名人占い】復活の天秤座(2)木星土星水瓶座入りがバックアップ ?有...

【有名人占い】1月6日は大ピンチだった?ナンシー・ペロシ下院議長の当日...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。