【辛口オネエ】宇宙雑談(4)この宇宙は遠い昔に始めて止められなくなった「暇を持て余した神々の遊び」

【辛口オネエ】宇宙雑談(4)この宇宙は遠い昔に始めて止められなくなった「暇を持て余した神々の遊び」

宇宙雑談(4)この宇宙は遠い昔に始めて止められなくなった「暇を持て余した神々の遊び」

お笑いコンビのモンスターエンジンの有名なショートコントに「暇を持て余した神々の遊び」ってあるけど、

実はガチでこの宇宙全体が「暇を持て余した神々の遊び」なのよね。

★宇宙雑談バックナンバーはこちらから
辛口オネエのスピリチュアル

**. **. **. **. **. **. **.

■『宇宙の一なるもの』であることを忘れ果てた私達

この宇宙の始まりに唯一存在していた意識……。一神教では「神」多神教では「神々」宗教とは関係ないスピリチュアル界隈では「ワンネス」とか、ノンデュアリティの考え方では「これ」とか言われてるたった一つの意識。

開運占い軍団ではよく「宇宙の一なるもの」と呼んでるけど長いからここでは「神」でいいわ。その「神」が、自分しかいない状態、永遠の統合意識であることに恐らく本当に飽きて、永遠の暇つぶしで始めた一人遊びが、この現実世界なのね。だから、天地創造の7日間って本当にあったのかもしれないわ。

天地創造

神はまずこの宇宙を作って、その中にこの地球もいつかのタイミングで作って、そして人間も作った。

モンスターエンジンは「私だ」「おまえだったのか」って2人の神がいろんなキャラに化けてるけど、この宇宙の一なるもの=神は1人でこの宇宙を創造してその中で無数のキャラを演じ続けているようなもの。

関連記事

【辛口オネエ】宇宙雑談(1)前世記憶や宇宙意識へのアクセスの限界と裏話...

【辛口オネエ】宇宙雑談(2)視えないアノニマスから聞いた『地球の妖怪・...

【辛口オネエ】宇宙雑談(3)宇宙人の来訪と地球人類の始まりの話...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る