★夢占い★夢の中に出てくる恐い男性、醜い男性

人は夢を1晩で2回ないし3回見ていると言われます。
不可解で不思議な夢の世界。時にいつまでも忘れられないほど気になる夢を見ることがあります。
昔から、夢は神託、神様からのメッセージだと考えられてきました。
今でも夢には科学で説明しきれない不可解な部分も多く、自分の無意識とコンタクトする時間とも言えます。
ここでは、意味合いの強い夢、予言的な夢を取り上げてご紹介していきます。

恐い男性、醜い男性、野蛮人の夢


見知らぬ恐ろしい男性が夢に出てきたことはありませんか。
または、今の恋人、昔の恋人が怖い顔で夢に出てくることは?
これはユングの夢分析において「アニムス」と呼ばれる象徴的な人物のひとつです。
この男性は、あなたの隠された面、否定している面を暗示しています。

夢は自分の中からでしか生まれてこないものですが、不思議な事に世界的な共通点を見出すことができます。
そして、夢の物語とおとぎ話、昔話は、驚くほどに共通点が多いのです。
ここでは、おとぎ話とからめて、夢の中に出てくる恐ろしい男性について紐解いてみましょう。

青ひげ型の夢


見知らぬ、恐ろしい男性がとつぜん現れ、あなたを拘束するという夢は何を表しているのでしょうか。
この夢は一方では社会規範を意味し、もう一方では常識から逸脱した考えが自分の中にあることを表現しています。
昔話の「青ひげ」を例に取ってみましょう。

青ひげは、青く恐ろしいヒゲを生やした中年男性で、周りのものから恐怖の目で見られていました。
さらには、何人も奥さんをめとっては、一人残らず行方不明になっているといういわく付きです。
彼は近所に住む美少女に目をつけ、金に物を言わせて結婚します。
青ひげは新妻に家を任せる際に、色々なカギを手渡しますが、1本だけ、絶対に使ってはいけないカギを手渡します。
新妻は青ひげの居ない間、誘惑に負けてそのカギを開けてしまいます…。

この青ひげのような恐ろしい人物は、あなたと相容れない正義、正しいことではあるけれども受け入れがたい現実を意味します。
この青ひげ役を、恋人が担うこともあります。
その場合、「友人でも男とは会うな」「毎日夕飯を作って待っていろ」というような、
確かに間違ってはいないけれども、押し付けられている決まりごとに対して窮屈さを感じている証かもしれません。

また、青ひげの掟を破り、禁断のカギを開けてしまった新妻は、あなたの中に破壊衝動がひそんでいることを暗示します。
密かに、ここから逃れたい、後先を考えずに奔放に遊びたいと思っているのかもしれません。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

宮本 真知

「どんな状況にも解決策はある」をモットーにタロット占い師をしています。 世の中の一般的な良し悪しではなく、その人にとっての幸せな未来を、一緒に見つけていく手助けが出来たらと思っています。