【真夏の怪談】あの人、もうすぐ死んじゃうんだよ【芦屋道顕】

昔は子供が無事育つのは当たり前ではなかったゆえ、7歳までは神のうち」なる言葉があった。

有名な童謡の「とおりゃんせ」には「この子の七つのお祝いにお札を納めにまいります」とあり、

現代でも3歳、5歳、7歳を『七五三』として祝う風習が残っているが、無事に7歳を迎えられるのは神仏の加護のおかげとの考えがあったのじゃな。

そして、7歳を迎えるまでにもし命を落とすようなことがあってもそれもまた神仏の思し召しによるものと考えた。

「神さまのところに帰ったのだ」と、周囲は子を亡くした親を責めず慰め、親もまた愛しい我が子は短い命をどのように終えたとしても、今は神の元にいて安全なのだと信じることで、深い悲しみと喪失感を乗り越えたのであろう。

しかし幼子が神に近い存在であることは、

関連記事

【真実の扉】綺麗事ではない霊的真実(1)地獄の正体【芦屋道顕】...

芦屋道顕【霊的夢占い】(1)夢と季節と霊的存在の密接な関わりとは...

【真夏の怪談】「誰でもいいから助けて」「・・・助けてやろうか」【芦屋道...

【真夏の怪談】呪いの黒い肥料【芦屋道顕】...

行楽シーズン!危険な場所の見分け方(5)最悪最恐は遺跡以外の『廃墟』【...

Pocket
LINEで送る