7月9日-7月15日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い】

あ行 恋愛運
己の成すべきことを成し、心が向くままに行動すれば天運はおぬしの恋を強く後押しする。しかし、心向くまま行動したはずが天の意図する誰かに導かれるやもしれぬが。

さらに、偶然が味方をするのは我欲を捨てた時にこそ。「ここに行けば逢えるかも」を手放し己の義務責任を果たすことに注力を、あるいは恋以外の情熱に従うことじゃ。

い行 恋愛運

魔の手が迫っておるようじゃ。おぬしの過去の決断に疑問を投げかけ、現状を安定させんと欲する心を揺さぶりその隙間につけ入ろうとする異性の登場、あるいは過去からの再来。

笑顔で息を吐くように嘘をつく輩と出逢うても、口車に乗らぬよう。特に容姿に自信がないからなのか交際に社会的・金銭的メリットを餌にする輩の正体こそ色情霊じゃ。己の意思と「好み」で選んだ相手こそ本物ぞ。

う行 恋愛運

永遠に変わらぬ愛もこの世のどこかにはあろうが、今、おぬしを取り巻く環境は変化を迎えており、愛しき人との仲も変われば「叶わぬ恋」の状況もまた変化する。

この週の日蝕は、揺るぎないはずの関係を揺るがせその絆を問い、片想いや苦しき恋にふだん涙している側には希望を与えるのじゃ。おぬしはどちら側であるかのう。

え行 恋愛運

日蝕の闇夜でこそふだん見えぬ小さな光が見えるように、隠されていた、あるいはおぬしが目を逸らしていた真実が見えてくる。

しかし案ずることはない。その真実を受け止めたときにまた新たなる希望が見える。苦しき恋ならば膠着状態を脱し、出逢いすらないおぬしの視界には新たな候補者が入ってくるはずじゃ。

お行 恋愛運

おぬしの愛情や同情心、はては経済力に漬けいらんとする妖魔憑きの輩の気配が濃い。日蝕に活気付き、おぬしの心に入り込もうとする。

ナンパや合コン、各種の邪な者が混ざりやすい出逢いの場の利用は気を付けられたし。旧知の相手との仲は相手の身の上の変化を知り、新たな段階に進むときとなるやもしれぬ。


呪いを解く方法

芦屋道顕『現代の呪』電子書籍版が配信開始となりました。恋愛コンサル・KUGAHARAの『脱・片想い』も配信中です。いずれも電子書籍版では数ページ「試し読み」が可能となっております。

芦屋道顕の電子書籍が配信開始!『不幸の原因は呪いじゃ!自力で解けるのじゃ!』今すぐ確認する

★いつまでも振り向かない彼の本音を暴露しよう★
『脱・片想い』電子書籍版を確認する

*各リンクをタップすると外部サイト『モビぶっく』の各書籍ページへジャンプします。

関連記事

【4コマ漫画】鯨岡くんと。。(1)...

【エッセイ漫画】アラサー主婦くま子のふがいない日常(32)...

仕事運に小物は重要!運気が上がる名刺と下がる名刺の違い...

【4コマ漫画】鯨岡くんと。。(3)...

【4コマ漫画】鯨岡くんと。。(4)...

Pocket
LINEで送る