ホワイトニング後の食べ物には注意が必要!?食べていいのはどれ?

ホワイトニング後の食べ物には注意が必要!?食べていいのはどれ?

ホワイトニング後は、さまざまな理由から食べ物には注意する必要があります。今回は、ホワイトニング後の食べ物に着目して、食事の注意点や気をつけるべき食べ物についてピックアップしていきます。さらには、食事を摂る時の注意点なども合わせてまとめてご紹介します。

ホワイトニング後の食べ物の食べ方注意点

ホワイトニングは、歯の表面についた着色汚れを特殊な薬剤を使って取り除き、歯を白くすることです。ホワイトニング後の歯は、デリケートで汚れがつきやすいと言われています。そんなホワイトニング後の食べ物の食べ方にはいくつか注意点があるのです。

ホワイトニング後の食べ物の食べ方注意点

ホワイトニング後の注意点①色の濃い食べ物は避ける

ホワイトニング後に食事を制限する理由は、せっかくホワイトニングした歯に着色汚れがつかないようにするためです。着色汚れの原因は、色の濃い食べ物や飲み物にあります。そのため、ホワイトニング後は、食べ物の摂取を気をつける必要があるのです。

ホワイトニング後の注意点②48時間以内は気をつける

ホワイトニング後の歯は表面が一枚めくれてエナメル質がむき出しになっている状態。ということは、着色汚れがつきやすい状態になっているというわけです。そのため、歯の皮膜であるペリクルが再生するまで食べ物に気をつかうことが大切ですよ。ペリクルが再生するまでの時間は、最低でも24時間かかりますし、できるなら48時間以内は、色の濃い食べ物や飲み物を控えましょう。

ホワイトニング後の注意点③ホワイトニング効果のある歯磨き粉

ホワイトニング後の食べ物の食べ方注意点-2

ホワイトニング後の食べ物の食べ方注意点には、食事後にもあります。食べ物の食べた後のお口ケアでは、ホワイトニング効果やステインオフ効果のある歯磨き粉がおすすめです。ホワイトニングは、永久ではありませんが、できるだけ長くキープするためにも、アフターケアは重要です。

ホワイトニング後に注意したい食べ物

ホワイトニング後の食べ物の注意点をいくつかご紹介しました。次は、具体的な食べ物や飲み物にスポットを当ててます。まずは、食べ物をチェックしていきましょう。

①カレー

ホワイトニング後に注意したい食べ物

カレーは、スパイシーでおいしい食べ物ですが、色が濃く、着色汚れとなる原因です。着色汚れの原因になるのは、カレーのスパイスの一種である「クルクミン」というターメリックの色素成分。水に溶けにくく、歯を黄ばませる原因になるので注意が必要です。

②トマトソース

ホワイトニング後に注意したい食べ物-2

トマトソースなどは、着色汚れとはほど遠いイメージですが、それは違います。ホワイトニング後に、トマト系のパスタやトマト系のソースを使う食べ物を食べると歯を汚してしまう原因に。その鍵を握っているのは、着色汚れの原因になるリコピンです。栄養価が高く、健康や美容にプラスの成分ですが、ホワイトニングの観点から見るとNGになってしまいます。

③レモン

ホワイトニング後に注意したい食べ物-3

レモンなどの酸性の食べ物も、ホワイトニング後には控えることが重要です。ホワイトニング後の歯は、表面の膜が剥がれて無防備な状態なので、レモンに含まれるビタミンCやクエン酸などの成分が沁みてしまう可能性があるので注意。

④大豆製品

ホワイトニング後に注意したい食べ物-4

実は、大豆製品に含まれているイソフラボンは、ポリフェノールの1つなので、色素沈着を引き起こす食べ物の1つ。豆腐、豆乳、納豆などは、白いので大丈夫だと思いがちですが、それは落とし穴かもしれません。ホワイトニング後は、大豆製品の摂取を控えることが懸命です。

ホワイトニング後に注意したい飲み物

次は、ホワイトニング後に注意したい飲み物をご紹介します。ホワイトニング後は、食べ物と同様、飲み物にも気を配ることが大切。早速、チェックしていきましょう。

①コーヒー

ホワイトニング後に注意したい飲み物

ホワイトニング後に摂取を控えたい飲み物は、コーヒーです。コーヒーも色が濃いですし、ステインが歯にこびりついて黄色くしてしまいます。ホワイトニングの着色汚れで、一番の原因となる飲み物の1つです。

②赤ワイン

 

ホワイトニング後に注意したい飲み物-2

赤ワインは、ブドウを使って作られる飲み物です。そのため、ポリフェノールがたっぷり配合されており、男女問わず大人気。しかし、色が濃くてポリフェノールが含まれている分、歯を黄ばませてしまう原因になってしまいます。

③お茶

ホワイトニング後に注意したい飲み物-3

ホワイトニング後は、お茶を摂取しないように注意する必要があります。お茶には、苦くて渋い味の基になっているタンニンという成分です。お茶を飲んだ後のコップを見てみると、茶渋がついているのもこのタンニンが原因です。

ホワイトニング後の食べ物、食べていいのはどれ?

最後にご紹介するのは、ホワイトニング後の食べ物をどう摂ったらいいのかという対処法です。ホワイトニング後だからといって、コーヒーやカレーなどの食べ物が避けきれない場合もあります。そんな時のおすすめの対処法を2つご紹介していきますね。

ホワイトニング後の食べ物、食べていいのはどれ?

色の薄い食べ物を選ぶ

ホワイトニング後の食べ物は、色の薄いものを選ぶことが大切。例えば、パンなども色の濃いジャムが使われているものではなく、バターをつけて食べたり、パスタもトマトソースではなく、クリームソースやペペロンチーノがおすすめです。

このように、色の薄いものを積極的に摂ることで、ホワイトニング後の色素沈着を防ぐことが可能。

飲み物はストローで飲む

ホワイトニング後に飲み物を飲む時は、そのまま直接飲むのではなく、ストローを使うことをおすすめします。ストローを使うと直接歯に触れることなく、飲み物を飲むことが可能です。これは、ホワイトニング後だけでなく、普段も心がけてあげると歯の着色汚れを最大限におさえられますよ。

最後に

ホワイトニング後の食べ物は、摂れるものも限られますし、不便に感じてしまいますよね。しかし、それが習慣になれば平気になってきます。さらに、食べ物の摂り方や飲み物の飲み方を気をつけて対処してあげるとより効果的です。思いっきり笑うためにも、ぜひ、ホワイトニング後は食べ物を意識しながら白くて美しい歯をキープできるように意識していくことをおすすめします。

関連記事

婚活に疲れた…。彼氏探しに疲れた女性に知ってほしい4つのこと...

年間貯金額ってどれくらい?代別に貯金額を増やす方法...

脂質制限ダイエットって?糖質制限との違いやメリット・デメリット...

ポップコーンのカロリーや糖質は?栄養もあるけど糖尿病だと食べられない?...

重曹を徹底的に活用しよう!お掃除に大活躍する重曹の使い方...