笑いジワやほうれい線の原因と対策!今日からできるトレーニングでシワ予防!

笑いジワやほうれい線の原因と対策!今日からできるトレーニングでシワ予防!

人相学的には幸運を引き寄せるとも言われている笑いジワですが、年齢を感じさせる象徴とも言えるので、できるならなくしたいものですよね。特に目立つ目元や目尻は老け見えの原因になるため女性であれば特に気なるはず。そこで今回は、笑いジワなど、シワの種類や笑いジワができてしまう原因、そしてその対策をご紹介します。

シワの種類

シワと言っても種類があり、笑いジワやほうれい線など、全部が全部、同じシワではありません。シワには「表皮性のシワ」と「真皮性のシワ」の2つがあります。

シワの種類

表皮性のシワは目元や目尻、口元などの表情ジワが多く、ちりめんジワや小じわなどの細かいシワが特徴です。これらは乾燥によって引き起こされるのがほとんどです。そして、年齢とともに肌の内部の溝が深まることで表皮性から真皮性のシワになり、更に進むとほうれい線などが目立ってきます。ということは、目元や目尻にできる笑いジワはまだシワの初期段階で、加齢とともにほうれい線などの深いシワになるということですね。目尻や目元の笑いジワとほうれい線のシワが全く別物というのがわかり、驚きです。では次に、乾燥によってできる笑いジワの原因いついて見ていきます。

笑いジワができる原因

乾燥が主な原因の笑いジワ、主な原因としてはいくつかあります。

笑いジワができる原因

笑いジワができる原因①紫外線

紫外線は1年中降り注いでいますが、特に強くなるのは春先から秋。紫外線は笑いジワやたるみ、シミなどの老化肌を引き起こす最大の原因になるので、徹底した紫外線対策をして肌を乾燥から守ることが大切です。

笑いジワができる原因②保湿が不十分

保湿が十分でない場合も肌は乾燥し、笑いジワの原因になります。合っていないスキンケアや日々の手入れを怠っているとあっという間に水分が枯渇し笑いジワを引き起こします。また、冬場などの乾燥する季節は特にしっかり保湿をする必要があるので、季節ごとにスキンケアを変えるなど工夫しながら常に肌に水分を与え保湿しましょう。

笑いジワができる原因③加齢

加齢とともに表情筋が衰えてくることが原因で目尻や目元の笑いジワが目立ちやすくなります。更に進むとほうれい線のような縦方向の深いシワとなります。

笑いジワができる原因④表情癖

表情癖でシワになってしまうことがあります。例えば、大きな口を開けて目を見開いて笑う癖がある人はおでこにシワを刻みやすくなります。これは言い換えると目尻や目元の筋肉である眼輪筋をあまり使わないため、目元のハリを失いやすくなるのも一緒のこと。目尻や目元の眼輪筋を意識した表情やトレーニングをして眼輪筋を鍛えることが大切です。

目尻、目元の笑いジワ対策とは

笑いジワはすぐに解消されないのでできるだけ毎日継続して行うことが大切です。
では笑いジワに効果のある対策を見ていきましょう。

目尻、目元の笑いジワ対策とは

表情筋トレーニング

表情癖によってできてしまった笑いジワには普段使わない表情筋をしっかり鍛えることが重要。特に目尻や目元などの目の周りには眼輪筋トレーニングがおすすめ。

眼輪筋トレーニングその1

①目をぐっと見開き3秒間キープする
※この時、まぶたを上に持ち上げようとはせず、眼球を前に突き出すイメージで。
※できるだけおでこは動かないようにする。(手でおでこを抑えてロックするのもおすすめ)
②目の力を緩める

これを数回繰り返すことで眼輪筋が鍛えられ、目力もアップします。

眼輪筋トレーニングその2

①指で左右の目の上(まゆげの下にある窪んだところ)を抑え、目の開け閉めを10回繰り返す。まぶたを上に引き上げた状態で目の開け閉めを繰り返すと眼輪筋が上下に動く。
②中指を目頭に、人差し指を目尻に置いた状態で指を左右に動かす。横に眼輪筋を刺激することでバランスよく眼輪筋を鍛えることができる。

眼輪筋トレーニングその3

①中指と薬指の腹を使い、眉頭から斜め上に左右交互に指を滑らせながら引き上げる。
②更にその指を眉間からおでこに向けて滑らせる。これを数回繰り返す。

とにかく徹底保湿

笑いジワにはとにかく徹底的に保湿をして目元に弾力やハリをもたせることが大切です。毎日頑張って続ければ少しずつ薄くなっていくので頑張ってみましょう。

ほうれい線対策とは

乾燥が原因の笑いジワと、一方で加齢に伴ってできるほうれい線。ほうれい線ができると顔全体がたるんで見えるので、こちらも何としてでもケアしたいシワですよね。ほうれい線マッサージで今あるほうれい線を少しでも薄く、そして短くしましょう!

ほうれい線対策とは

ほうれい線マッサージ

①小鼻の横、頬骨の下あたりを親指で押す
②頬骨に沿って少しずつ位置を外側に移動させながら押し上げ、頬骨のくぼみの最終地点まで行う。これを1日に数回繰り返す。

最初は痛いと感じますが、やっていく内に気持ちよくなります。そして少しずつ頬骨が上に上がってほうれい線が薄くなることが実感できるはず。

最後に

いかがでしたか?今回はシワの種類や笑いジワができてしまう原因、そしてその対策をご紹介しました。参考になれば幸いです。

関連記事

ケンタッキーフライドチキンのカロリーや糖質量、おすすめメニューをご紹介...

性格は顔に出る?出ない?!性格良さそうな顔の女性はこんな人!...

帳消しダイエットは痩せる?仕組みからポイントまでを要チェック!...

生姜紅茶で痩せる?生姜紅茶ダイエットを成功させるコツ...

ダイエット成功の秘訣!朝ごはん抜きは太る?ダイエット朝ごはんレシピ公開...