コーヒーダイエットの効果とは?アイスコーヒーや缶コーヒーでもOK?

コーヒーダイエットの効果とは?アイスコーヒーや缶コーヒーでもOK?

コーヒーダイエットは、食事ダイエットの中でも知名度が高いほうだと思います。ただ、コーヒー好きからすれば、「コーヒーって本当にダイエット中に飲んでいいの?」とか「アイスコーヒーはダイエットに効き目があるの?」、「コーヒーダイエットはバターを入れると効果的って本当?」とか「缶コーヒーはダイエットに効くの?また、朝コーヒーを飲めばダイエット効果ありと言われているけど本当?」など、好きだからこそ珈琲ダイエットに関する噂を疑問視してしまうようです。今回は、これらのコーヒーダイエットの噂の本当のところをご紹介します。

コーヒーはダイエット中に飲んでも大丈夫?

コーヒー好きな方にしてみれば、好きだからこそ「コーヒーはダイエット中に飲んでも大丈夫?」と考えるようです。しかし結論から言えば、コーヒーはダイエット中に飲んでも大丈夫!ただし条件があるので、こちらではコーヒーダイエットのやり方として、コーヒーをダイエット中に飲むときの注意点をお伝えします。

コーヒーはダイエット中に飲んでも大丈夫?

コーヒーダイエットのやり方①なるべくブラックで

これは、砂糖なしではコーヒーが飲めない方にとって、厳しいことかもしれません。ただどうしてもブラックコーヒーは無理!という方におすすめなのが、「無脂肪牛乳を混ぜて飲むこと」です。なぜならば、普通の牛乳は脂肪分がありますし、コーヒーフレッシュは添加物が入っているので、必ず無脂肪牛乳を入れて飲んでください。

コーヒーダイエットのやり方②飲み過ぎには注意する

一般的に「コーヒーは飲みすぎると胃が荒れる」と言われていませんか?実はそれ、間違っています。正しくは、コーヒーを飲みすぎると胃が荒れるのではなく、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という成分の働きで胃酸の分泌が活発になり、特に空腹時や胃が弱っている時に、胃酸が胃の粘膜を刺激してしまうことを世間一般では「コーヒーを飲んで胃が荒れた」と言っているのです。過ぎたるは猶及ばざるが如しではないですが、飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

コーヒーはダイエット中に飲んでも大丈夫?-2

コーヒーダイエットのやり方③コーヒーは食後に飲む

空腹時にコーヒーを飲むと、分泌された胃酸が胃の粘膜を刺激しやすくなります。食べもので胃の粘膜を保護してからコーヒーを飲めば、胃がムカムカするようなことにはならないと思います。特にコーヒーがあまり得意ではない方におすすめの飲み方です。

アイスコーヒーはダイエットに効果的?

コーヒーダイエットに詳しい方なら、「あれ?コーヒーダイエットは、ホットコーヒーじゃなきゃダメなんじゃないの?」と疑問に思われるかもしれません。しかしアイスコーヒーは、ダイエットに全く効果がない訳ではありません。むしろホットコーヒーよりもアイスコーヒーのほうがダイエットに優れている点があります。それは以下の通りです。

アイスコーヒーはダイエットに効果的?

コーヒーダイエットをサポートする成分は、ホットよりアイスのほうが相性がいい

コーヒーと言えばカフェインが有名ですが、コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」について聞いたことがありますか?クロロゲン酸とは、ポリフェノールの中でも脂肪の吸収と燃焼を助けるポリフェノールとされており、これのおかげでコーヒーはダイエット効果があるとされているのです。ただ、このクロロゲン酸は熱に弱いので、ホットコーヒーよりもアイスコーヒーのほうがダイエット効果を発揮しやすいとされています。

アイスコーヒーがダイエットに向いている一番の理由は「手軽さ」

コーヒーダイエットに限らず、どんなダイエットにも共通する最も重要なことは、「続けること」でしょう。ダイエットは続かなければ、絶対に「痩せる」という結果は得られません。近年暑い日が異常に長く、だいたい4~10月末くらいまでの6か月間は猛暑日が続くと言っても過言ではありません。そんな暑い中わざわざ熱いコーヒーを飲み続けることは、本当のコーヒー好きでもなかなか難しいと思います。ただアイスコーヒーなら、飲みやすいうえに体をクールにしてくれることもあり、継続しやすいのではないでしょうか。

バターコーヒーダイエットはバターを入れるだけ?

一般的な感覚からすれば、「コーヒーにバターを入れる」というのは、あまり考えられることではありません。しかし、バターコーヒーダイエットとなると、バターを入れることが重要なポイントになります。

バターコーヒーダイエットはバターを入れるだけ?

もちろん、コーヒーダイエットに入れるバターは、ただのバターではありません。コーヒーダイエットのバターは、スーパーではあまり売られていない、「グラスフェッドバター」という特別なバターになります。

そのグラスフェッドバターを溶かしたコーヒーに、さらに「MCTオイル」というココナッツオイル等からできているオイルを垂らして、ひたすらかき混ぜたものが世間一般で言われているコーヒーダイエットのバターコーヒーになります。

おそらくMCTオイルもあまり売られていないでしょう。ただどちらも、通販での購入が可能ですから、そちらで購入されてはいかがでしょうか。

缶コーヒーでもダイエットできるの?

結論から言えば、缶コーヒーでもダイエットはできます!ただ、缶コーヒーでダイエットをする場合、気をつけなければならないことがあります。それは、「缶コーヒーダイエットで飲む缶コーヒーは、必ず無糖であること」です。

缶コーヒーでもダイエットできるの?

例えば缶コーヒーの「微糖」と聞けば、一般的には、ほんの少しだけ砂糖が入っているとイメージされているのではないでしょうか。

しかし、缶の裏に書いてある材料を読んでいただくと、香料や甘味料など意外な成分が入っています。これでは缶コーヒーダイエットの効果は得られません。ですから普通のコーヒー同様、缶コーヒーでも無糖しかダイエットに効かないのです。

朝のコーヒーはダイエットにいいの?

コーヒーのダイエット効果はご理解いただけたかと思います。ただ、朝のコーヒーはダイエットにいいと一般的に言われていますが、本当なのでしょうか?ここでは朝コーヒーのダイエット効果を検証してみたいと思います。

朝のコーヒーはダイエットにいいの?

例えば、以前よりよく言われているのが、「朝からコーヒーを飲めばお通じがいいから、ダイエット効果があるんじゃない?」ということ。これ、個人差はあるものの本当のことだとご存じでしたか?

コーヒーのカフェインには、胃液の分泌を促す効果があり、食べ物の消化をサポートしてくれます。さらに、コーヒーに含まれるオリゴ糖には、腸内環境を整える作用があります。ですから、朝からコーヒーを飲めばお通じがよくなり、その結果、ダイエット効果があるわけです。

終わりに

コーヒーは特に大人の場合、好きな方が多い飲み物だと思います。好きな飲み物にダイエット効果があるなんて、なんだか得した気分になりますよね。

ですからコーヒー好きな方ならぜひ、大好きなコーヒーを飲んで、その香りに癒されながら、ぜひダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

転職するなら慎重に!20代・30代で転職するときのポイント3選...

酢だこのカロリーってどれくらい?たこのカロリーや栄養、酢だこさんやかこ...

ルイボスティーのダイエット効果って?飲み過ぎは太る!飲む時間や回数...

食事制限なしダイエット?!運動なし食事制限もしないダイエット方法とは...

自己顕示欲とは?自己顕示欲の強い人がもつ5つの共通点...