カロリー計算ダイエットの極意!簡単なのにすぐに痩せる?!

カロリー計算ダイエットの極意!簡単なのにすぐに痩せる?!

「ダイエット」と聞くと、一番最初に思い浮かべるのが「カロリー計算」という方は多いと思います。まず初めに食事のカロリーを減らしてダイエットを行う方が多いですが、間違えたカロリー計算は逆に太る原因になるので注意が必要です。そこで今回は、カロリー計算ダイエットの極意についてまとめてみました!

カロリー計算ダイエットとは?なぜ痩せる?

カロリー計算で食事を制限するダイエット方法は、手っ取り早く痩せる為の一つの近道でもありますが、上手に管理しないと逆にリバウンドの危険性も高くなりますので注意が必要です。カロリー計算しながら食事をコントロールする事でなぜ痩せるのかまとめてみました。

一日の基本摂取カロリーを抑えると自然に痩せていく

一日で摂取する必要のある【基本摂取カロリー】を下回る事で、自然と痩せていきます。まずは自分がどれ位一日にカロリーを摂取する必要があるのかを知っておきましょう。

●デスクワークなど負荷が少ない方のカロリー摂取量の目安

・20代女性…1800㎉
・30代女性…1750㎉
・40代女性…1700㎉

●立ち仕事や営業職など、中程度の負荷の方のカロリー摂取量の目安

・20代女性…2000㎉
・30代女性…2000㎉
・40代女性…1950㎉

●1日1時間程度連続した運動をする方や農業などである程度負荷のかかる方のカロリー摂取量目安

・20代女性…2400㎉
・30代女性…2350㎉
・40代女性…2300㎉

●1日1~2時間程度、エアロビクスやジョギングなどの激しい運動をしたり、宅配業などで体力が必要な方のカロリー摂取目安量

・20代女性…2800㎉
・30代女性…2750㎉
・40代女性…2700㎉

ご自分の現在の状況と照らし合わせて、一日の摂取カロリーの目安を算出して下さいね。例えば、事務仕事をしていて毎日1時間程度何かしらの運動を行っている30代女性の場合は、2350㎉程度が必要になってきます。このカロリー以下で食事の量をセーブする事で、自然に痩せていくという事になります。

カロリー計算をすると食べ過ぎかどうか分かる

カロリー計算をするという事は、一日のうちで何を食べたか記録をするという事に繋がりますが、カロリーがそこまでないと思って食べていたものでも、意外にカロリーが高くてびっくりする事も多くなるかと思います。
例えば、おやつとしておかしをよく食べる方や、ちょこちょことした間食が多い方などは、一回の間食にかかるカロリーは少なくても、積み重なると大きくなっていきます。「ちょこちょこ食い」は「これ位大丈夫だろう」と考える方も多いので、カロリーとして認識しない方も結構多いのですが、記録してみるとカロリーオーバーになっていた…という事もあるんです。
カロリーを計算して何を食べたか知ることで、自分が普段から食べ過ぎているかどうかをチェックする事ができ、自然と食事の量をセーブする事ができるようになっていきますよ。

カロリー計算って難しい?簡単にカロリー計算する方法

カロリー計算は難しいというイメージがありますが、実はとても簡単にカロリー計算できる方法がたくさんあります。

アプリでカロリー管理

iPhoneの方でもandroidの方でも、今はダイエットに関する無料アプリがたくさんありますので、自分の好みに合わせてカロリー計算ができるアプリで管理するのも一つの手段です。事細かにダイエットの記録をする事ができるので、アプリのカロリー管理はオススメですよ。

ネット上でカロリーを調べるのもアリ

今はインターネット上でも色んな食材のカロリーが載っています。アプリでのカロリー管理はファーストフードや食材単品でのカロリー表示が多い部分もありますが、ネット上なら調理後のカロリーも簡単に調べる事が出来ますし、よりカロリーを抑えたレシピ方法も検索する事ができます。

調べたカロリーはノートに書いて「レコーディングダイエット」!

せっかくカロリーを調べても、きちんと記録に残しておかないと意味がありません。調べたカロリーはノートや携帯のメモ帳などに保存しておき、毎日まとめるのがダイエット成功の秘訣!

これは「レコーディングダイエット」というものになりますが、日々の食事とカロリーをノートに書いてまとめる事で、食べ過ぎ防止にもつながりますし、数字が目に見えて分かるので効果も見てわかりやすく、継続しやすくなるという利点があります。

カロリー計算ダイエットの極意とは

カロリー計算ダイエットで一日の目安摂取カロリーをオーバーしないように食事の量をコントロールしていけば、おのずと痩せてスリムになっていきます。ただし、カロリーの減らしすぎは禁物です!

カロリーを減らしすぎる事で代謝が悪くなり痩せにくくなる

→消費カロリー分のカロリーが摂取出来ていないと、エネルギーをため込みやすい体質になってしまいます。

体が飢餓状態になり、水を飲んでも太るような体質になってしまう

→栄養をしっかり補わない事で「飢えている状態」だと脳で認識してしまいます。その為、ほんの少しのカロリーでも吸収しようとし、リバウンドしやすい体質になってしまいます。

最後に

カロリー計算ダイエットで食事のカロリーを制限して痩せるコツは「目安の摂取カロリーを大幅に下回らない事」が大切です。自分のライフスタイルに合わせて目安摂取カロリーも変わってくるので、自分の状況に合わせてどの程度まで減らせば問題ないのかをしっかり把握しておく事が、カロリーコントロールする上で大切なポイントとなってきます。まずは一日でどれだけ食事でのカロリーを摂取しているのかを記録し、食べ過ぎを予防して綺麗に痩せる為の基盤を整えていきましょう!

関連記事

定例会議は無駄?必要性は?定例会議を効率化する方法...

おまじないの由来を解説!あいあい傘・糸結び・親指を握る・合掌(がっしょ...

ニキビがかゆい!顎や背中のニキビがかゆい原因・対処法とは?...

私ってキープ女!?キープ女性に対する言動や行動の特徴9つ...

ダイエットのきっかけは?好きな人から言われた言葉5選...

ABOUTこの記事をかいた人

KORO

ナイスガイなお猫様と日々の暮らしを満喫中の猫アレルギーのアラフォー。休日は近所の猫にひたすら餌を与える猫おばさんと化してます。元美容外科受付勤務ですが自分の美容にはかなり無頓着の人です。

NEW POSTこのライターの最新記事