リングに願いを込めて…指輪をはめる指に隠された意味とは

皆さんは、指輪をつける位置にはそれぞれ意味があるということをなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。たとえば、「左の薬指につけるのは結婚指輪で、永遠の愛を意味するもの」といったように。

けれど、それ以外に関しては、なんとなくつけているという方が多いのではないでしょうか。じつは、指1本ずつにそれぞれ違った意味があるのと同時に、左右でも意味が変わってくるのです。

そこで今回は、リングをつける場所が意味することについてそれぞれシェアします。

左右の指で意味が変わるのはなぜ?

まず、左右の指でリングをつける意味が変わるのはなぜでしょうか。

それは、それぞれ左手が「(リングをつける人の)想う力」を、右手が「いま現在の力」を意味しているとされています。

右手にリングをつける意味とは

ここでは、右手にリングをつけた場合の意味について、それぞれご紹介していきます。

  • リーダーシップを発揮したいときは、右手の親指に

親指はお父さん指と言われるように、「リーダー」をあらわす指。何か達成したい物事があるとき、信念を貫きたい、グループやプロジェクトを取りまとめるなどといった、リーダーシップを発揮したいときにパワーをあたえてくれるとされています。

・「デキる女」は、右手の人差し指に

右手の人差し指は、リングをつける人の集中力を高め、行動力を起こすためのパワーを与えてくれます。ですから、資格の勉強を頑張りたい、失敗できない作業を行うときなどの冷静かつ集中して物事に取り組みたいときに手助けをしてくれるでしょう。

  • 右手の中指につけて、直観力を高める

右手の中指にリングをつけると、直観力やインスピレーションが沸き起こりやすくなるとされています。仕事であれば、ちょっと仕事で自信が欲しいときやひと押ししたい場面に役立ちます。また、直観力を高めることから、恋愛であれば素敵な出会いを引き寄せたい場合にも効果的です。

  • 右手の薬指につけて、リラックス

女性は意味もなくつけていたとしても、男性の多くが「女性が薬指にリングをつけているかどうかで、彼氏の有無を確認している」そうです。そんな右手の薬指は、リラックス効果があります。そして、リラックスできることで、あなたの中の創造性(クリエイティビティ)を高めてくれるとされています。

  •  右手の小指に、願いを込めて

右手の小指にリングをつけるのであれば、ぜひ何かお願い事もいっしょに。

なぜなら、右手の小指には運気を呼び込む力があるとされているからです。

また、その他にも邪気を払う効果もあるとされています。失敗できない、邪魔をされたくない物事がある際に、そっと力を貸してくれるかもしれません。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。