「1人のパートナーと長く付き合い続けた人」だけがわかること4つ

みなさんの中には、学生時代からずっと同じパートナーと何年もお付き合いを続けているという方がいらっしゃるかと思います。私も、5年以上おつきあいしたパートナーがいました。

本人たちにとっては、「ただ、お互いのことが好きだから一緒にいるだけ」なのに、周囲から驚かれることが時たまありました。

きっと、それには2つの理由があるのではないかと思うのです。

まずは、「(学生時代からなら尚更)若いうちからずっと同じ人と付き合い続けることができるなんて」ということ。そしてもう一つが、「若いうちにもっといろんな人と付き合っておいたほうがいいよ」という半ばおせっかい。

もちろん、新たに好きな人ができたことで「自分はこんな恋愛をしたいんだ」「パートナーにはこうしてほしい(もしくはこうしてあげたい)という価値観が明確になった部分もたしかにあります。

けれど、1人の人と長くお付き合いをしたからこそ得られることもたくさんあるのではないでしょうか。

そこで今回は、「1人のパートナーと長く付き合い続けること」にフォーカスを当ててシェアしてまいります。

 

1:安心して「自分」に集中することができる

交際中は誰だって、「もし、彼に裏切られてしまったらどうしよう……」という不安が少なからずつきまとうもの。特に学生時代のうちは様々な人との出会いが多い分、お互いに目移りしてしまいそうになることだってあるはず。

また、就職や進学などで「自分」に集中する必要が出てくることだってある。そんな時、深いパートナーシップを築くことができているパートナーの存在があることで、余計な心配をすることなくやるべきことに集中できるのです。

「私たちは大丈夫」という安心感は、きちんと信頼関係を築くことができているという何よりの証拠ではないでしょうか。

 

2:お互いの夢を応援しあえる

パートナーと深くそして長く付き合い続けるということは、努力が必要になります。けれど、2人がそれぞれの夢や目標に向かって努力をし続けているのであればきっと、お互いを高めあっていくことができます。

友人が夢に向かって、ひたむきに努力を重ねている姿を見ると「こっちまで頑張らなくちゃ」という気にさせられます。けれど、より身近な存在でもある恋人が頑張っていると、より一層「負けていられない」と思えてくるから不思議です。

また、気心の知れた恋人であればつい弱気になってしまった時にも、遠慮なく話すことができます。このようなやり取りを通していくうちに、2つの気づきを得られるのです。

一つは「自分が本気で叶えたい夢や目標は、積極的に口に出すこと」の大切さ。そしてもう一つは「誰かの夢や目標を聞いたとき、自分にできることは何か」を本気で考えること。

もちろん、付き合いが長くなることで互いに利己的になったり、配慮のない言動や振る舞いをしたりしてしまうことだってある。けれど、最後にはお互いのことを支え合えるような関係を築くことの大切さを学べたのは、長くお付き合いをしているパートナーのおかげだからではないでしょうか。

 

3:自然と「あの人のせい」にできなくなる

若い頃には誰だって、あんなことやこんなことでたくさんの後悔や失敗を重ねるもの。けれど、その後悔や失敗から学ぶことができるものって、本当に多いもの。

特に、ずっと同じパートナーとの交際を続けていると、周囲からの「ほかの人とも付き合えばいいのに」という“アドバイス”に気持ちが揺れてしまうことがあるかもしれません。そのような気持ちの揺れが生じたり、「本当にこの人と付き合い続けてもいいのかな……」という不安がよぎったりするのはある意味あたりまえのこと。

ただ、いっときの感情に押し流されてしまわないように注意することが必要です。

特に若いうちに経験する後悔や失敗のほとんどは、「あの人のアドバイスを聞いたらこうなった」「環境が悪かった」などと、誰かのせいにしてしまうことがほとんどかもしれません。けれど実際のところは、そのアドバイスや環境を選んだのはあなた自身。(たとえ振られたとしても)長年付き合っていた恋人との別れを飲み込んだのも、最終的にはあなた自身。

自然と、「誰かのせい」にすることができなくなってくるはずです。

 

関連する記事


これがワースト3!! 長続きしないカップルの特徴

長続きするカップルとすぐに別れてしまうカップルの違い

同棲を考えているカップルが注意すべき5つのポイント

付き合って3ヶ月の壁!付き合って3ヶ月で別れるカップルの特徴・理由

いつまでもラブラブなカップルが絶対にしない5つのこと

Pocket
LINEで送る