冷めてるって本当?付き合って3ヶ月…返信が遅くなった彼の心理と対処法

だいたい、早いカップルでは3ヶ月くらいで、彼の返信が遅くなるのに悩まされます。
付き合う前や付き合いたては返信も早かったのになぜか今は返信が遅くて不安…なんて思いしていませんか?

特に付き合ってから時間が経ってからそういう面が見えてきてしまうと、もう冷めたのか?とか、好きじゃないのか?とか考えてしまいますよね。

今回は、付き合ってから3か月で返信が遅くなった彼の心理と対処法をまとめました。

 

■好きな気持ちは変わらない

まず1つ言いたいことは好きな気持ちに変わりはないということです。

好きな人じゃなきゃ付き合いませんよね。もしかしたら正直返信が面倒くさいとか、少し疲れてしまっているのかもしれません。

男性はそもそもまめに誰かと連絡を取るような性格ではありません。
LINEやメールなどの連絡手段はあくまで連絡手段であって毎日毎時間会話をするためのツールだとは思っていないからです。

なので、面倒くさくなったり疲れるのは当たり前。
嫌いとか好きとかそういう次元の話ではありませんよ。

もしあなたに冷めているのなら、返信はしないという男性が多いでしょう。
例え遅いとしても、しっかりと返信がきているのなら大丈夫ですよ。
好きな気持は付き合ったときから変わりません。

 

■男性は量より質


次に言いたいことは、たくさん会話するよりも、その時々の会話の質を大事にしている男性の方が多いことです。

女性は「連絡をどれだけ早く返してくれて、1日どれだけ連絡をするか」で愛情を決めてしまいがちですがこれは男性とは違います。

男性は「どれだけ忙しい日々でもLINEを返す、友達には返さないようなLINEも無視せず返す」ということが愛情表現、好きという気持ちの現れなのです。

 

 

■安心してる

彼はあなたと付き合って今安心しているのかもしれません。男性は恋に安定を求めます。
なので、ドキドキしたりときめくのも好きですが、何より大事なのは一緒に居て安心したり落ち着くことです。

彼はあなたと付き合う前は、あなたが付き合ってくれるかとか、返信をくれるかとかそういう所に気を張っていたのかもしれません。
ですが、もう2人は付き合っていますので、そういう心配をする必要がありません。

それは何よりも安心感を得られる事実です。だって、付き合っているんですもん。そりゃあ誰だって安心しますよ。
そんな安心している気持ちが今の返信の頻度なのかもしれません。

 

■嫌いな人には返信しない


何度も言いますが、男性は面倒くさい相手にLINEを返したりしません。
とにかく返信があるというのは、愛情表現だと思います。

そして、冷めていたり好きじゃない人に対しては絶対に返信しません。
返信したら、また向こうから送られてきてしまいます。
連絡がくると嫌だと感じる相手に返信することはありません。

嫌いな人には返信しないということは、すなわちあなたの存在は少なくとも嫌いではないということです。
嫌い=冷めていると考えれば、あなたに冷めてしまっているという選択肢も消えましたね。

疲れているだけなのかもしれませんよ。

 

■それほど深く考えていない

次に考えられるのは、彼がそれほど深く考えていないという事です。

彼とはもう他人ではなく恋人同士です。それは約束された関係でありお互いに特別な関係です。
もうその事実があるので、返信の頻度なんて気にしていないのかもしれません。

むしろ、何であなたがそこまで気にしているのかもわからないかもしれません。
恋人という事実だけで十分だと考えている可能性があります。

それはマイナスな一歩ではなく、プラスな一歩として捉えましょう。

一緒にいるのが当たり前っていうことですよ。

 

■本当の彼


今の返信頻度が本当の彼なのかもしれません。

今まで気を張ってあなたに合わせていたのも疲れてしまって、もう無理に返信したくないと考えて今の頻度になっているのかも。それは本当の彼です。

付き合うということは嫌な所も良い所も見えてきます。

それは当たり前です。今の返信の頻度では寂しかったり不安なら、とりあえず彼に相談してみて、話し合ってみたらどうでしょうか。

本当の彼を受け入れられないのも仕方ないことかもしれません。
それは2人の間で話し合った後、決めればいいと思います。

Pocket
LINEで送る