夫の呼び方どうしてる?良い印象を与える夫の呼び方

夫の呼び方どうしてる?良い印象を与える夫の呼び方

自分の夫をどんな呼び方をしていますか?恋人時代は名前やあだ名で呼び合っていたけれど、結婚するとお互いに呼び名が変わっていった・・・という人もいるのではないでしょうか。職場では普段とは違うかしこまった呼び方をしている人も多いかもしれませんね。今回は一番多く使われている夫の呼び方や印象が良くなる呼び方、正しい夫の呼び方などについてご紹介いたします。

普段の夫の呼び方は?一番多く使われている呼び方

まず、普段の夫の呼び方で一番多く使われているのが「名前やあだ名」というアンケート結果が出ています。比較的に20代~40代くらいの人はしっかり夫を名前で呼んでいるようです。結婚年数やお子さんがいるかどうかでも変化していくかと思いますが、相手を名前で呼ぶというのは非常に大切なことですよね。

普段の夫の呼び方は?一番多く使われている呼び方

次に多く使われている夫の呼び方は「お父さんorパパ」です。子供が生まれたら夫は父にもなるので、一番自然な夫の呼び方なのではないでしょうか。呼ばれるお父さんたちも、「自分がこの子の父親なんだ」と実感し、呼ばれるたびに身を引き締められるという人もいます。
その他に「名前とは関係ないあだ名」という人や、「呼ばない(ねえ、あなた等)」という回答も見られました。

他人に話をする場合の夫の呼び方は?

次に他人に話をする場合での夫の呼び方ですが、最も多く使われているのは「旦那・旦那さん」でした。次に多かったのが「主人」で、およそ6割の人が「旦那・旦那さん」もしくは「主人」という風に話しているようです。

他人に話をする場合の夫の呼び方は?

主に20代~40代の人が「旦那・旦那さん」という呼び方を好み、50代~60代の人は「主人」という呼び方に馴染みがあるようです。その他に「お父さんorパパ」「名前」「夫」は割合的にはほとんど同じで、話をするときに使う夫の呼び方としては少数派と言えるのではないでしょうか。

印象が良い夫の呼び方ランキング!「旦那」は下品?

職場や知人が集まった時など、家庭外で夫のことをなんて呼んだら印象が良くなると思いますか?気になるアンケート結果ではこのようになっています。

印象が良い夫の呼び方ランキング!「旦那」は下品?

<印象が良い夫の呼び方ランキング>

第一位:「主人」
第二位:「旦那・旦那さん」
第三位:「夫」
第四位;「パパ」
第五位:「名前」

第一位の「主人」は、他人に話をするときに使われる呼び方でも多く使われていますね。話をする間柄にもよりますが、職場では「主人」と言った方が無難かもしれません。
第二位の「旦那・旦那さん」は他人に話をする場合に最も多く使われている呼び方です。しかし、印象が良い夫の呼び方ランキングの二位でありながら「旦那という呼び方は下品」「おばさんっぽい感じがする」という声も見られました。

正しい夫の呼び方は?呼び方にはそれぞれ違う意味が・・・

夫の呼び方はいくつかある訳ですが、一体正しい夫の呼び方はどれでしょうか?それぞれの言葉の意味から見ていきましょう。

正しい夫の呼び方は?呼び方にはそれぞれ違う意味が・・・

夫の呼び方① 旦那

・成人男性に対する軽い敬称
・使用人が主人を呼ぶ語
・主人を敬った言い方
・生活の面倒をみている男性、パトロン
・ひいきにしてくれる男性の客を呼ぶ語

夫の呼び方② 主人

・一家の主
・妻が夫をさしていう語
・自分の仕えている人

夫の呼び方③ 夫

・配偶者である男性
・「妻」の対義語

いかがでしょうか?このように、呼び方によっては意味に微妙な違いが存在するのです。
「旦那」という呼び方が下品だと感じる人がいるのは、成人男性に対する軽い敬称であったりパトロンをさしていう語であったりするからではないかと思います。おばさんっぽいと言うのも、今時の若者が成人男性に対して「旦那!」と声をかけるところはまず見ないですよね。
このように見ていくと、「夫」という呼び方はシンプルに配偶者であることを示す呼び方です。戸籍上でも「夫」と表記されているように、正式な場では「夫」と呼ぶのが良いでしょう。

聞いて違和感がある夫の呼び方は?

正しい呼び方がある一方で、「聞いて違和感がある夫の呼び方」というのも様々な意見が見られました。

① 旦那さん

聞いて違和感がある夫の呼び方は?

自分の夫に「さん」付けをしているのが違和感を覚える人が多いようです。

② うちのパパ

お子さんがいる家庭だと「パパ」と奥さんが呼ぶこともありますね。しかし家庭外で話をするときに「うちのパパが・・・」と言われると「話している本人のお父さんかと一瞬思う」と戸惑う人もいます。

③ 相方

「通じるけど、お笑いのコンビみたい」という意見や、「照れ隠しかもしれないけど違和感がある」といった意見が多いです。

最後に

夫の呼び方は人それぞれ。夫の呼び方に関する感じ方もまた人それぞれです。職場や正式な場面では普段とは違う呼び方をするというのも素敵ですし、家庭内での呼び方は一風変わったコードネームのようにしてみるのも楽しいですよね。どんな呼び方でも愛情があれば夫婦円満に過ごせるのではないでしょうか。

関連記事

さつまいもダイエットで6㎏減も夢じゃない⁉さつまいものダ...

唐揚げの糖質が知りたい!糖質制限中の唐揚げの太らない食べ方とおすすめレ...

脚フェチの心理って?脚フェチが求める美脚の特徴や作り方...

自己顕示欲とは?自己顕示欲の強い人がもつ5つの共通点...

頬の毛穴が開く原因はお肌のたるみ?!頬の開き毛穴を改善する方法...