束縛する彼氏と束縛しない彼氏の違いは?束縛彼氏と付き合うポイント

束縛する彼氏と束縛しない彼氏の違いは?束縛彼氏と付き合うポイント

束縛は男女問わずする人はします。束縛というのはいやだと素直に自分の気持ちを伝えているということですが、度を超えた束縛は本気で嫌われてしまいますよね。束縛がきつい彼氏で友達が減っていった…という女性も多いです。社交の場に出る事を禁止されたり、連絡をとることももちろんタブー。なにも心配のいらない友達なのにどうしてそこまで嫌がるのかと気になりますよね。束縛を全くしない人もいます。
自由に友人と遊びに行くことができ、自分の時間を作ることもできる反面、無関心はいやだ・少しぐらい嫉妬してほしいと思うこともありますよね。今回は、束縛する人と束縛しない人の違いを理解して、束縛が強すぎる彼と上手く付き合っていく方法を考えていきましょう。

彼氏が彼女を束縛する理由

束縛をする理由は1つではないんです。
好きすぎて周りが見えなくなってしまったり、離れてしまうという不安が常にあったり、他の異性に取られてしまうと気にしてしまったりすることで独占欲が出てきます。

好きな気持ちの方向を間違えて束縛する彼氏

好きな人と一緒にいたいという考えは誰にでもありますが、好きな人と一緒にいるのは当たり前、一番に自分のことを優先してほしいという気持ちが強くなるんです。

他の異性の存在が気になって束縛する彼氏

友達でも会社の人であっても、男女には必ずなにかあると疑ってしまう人です。
彼女が相手に気に入られているというだけの状況でも嫌います。

自己中心的な性格で束縛する彼氏

彼女は自分だけのものだという考え方です。
自分が所有しているかのように振る舞うということですね。
どちらかというと女の子特有の同性友達に対して他の女の子と話してたら怒るといった嫉妬に近いです。

離れてしまうと不安に思うから束縛する彼氏

彼女中心で生きているような男性で、いなくなったらどうしようという不安な気持ちを常に持っている人です。

束縛する彼氏と束縛しない彼氏の違い

束縛をする人と束縛しない人の違いは相手をどれだけ信頼できているかということです。
束縛とは相手の意思を無視して行動の制限をかけることです。
制限をかけることで自分が安心できる環境を作っているんです。

ふらふらと男を渡り歩いている女性と付き合うとなった場合は、また他の男のところにいくんじゃないかと心配になってしまいますよね。
そうした気持ちから制限をかけたくなります。
束縛はしたいという人もいれば、束縛しないと思っていたけど、彼女のことを考えているうちに束縛をしてしまっていたという人もいます。

そして束縛する人は彼女のことを《自分のもの》だと考えており、束縛しない人は彼女のことを《大切な人》と考えているということです。
好きという気持ちが間違った方向に進んでしまった人は所有物のように管理をします。

忘れ物が多い人は忘れないようにメモにして貼って置いたりなど改善をしていきますよね。
同じ理由で所有物がなくならないように管理しているということです。
束縛がだんだんと強くなってきた彼は改善をしていっているんです。

「自由にしたいから束縛しない」という人もいますが、束縛する彼も自分のことには緩いんですよね。
対等だと考える人は自分も同じことをしないと決めていますが少ないんです。
束縛する人は彼女のことをもの扱いしているので、自分のことは棚にあげるような人が多いんです。
束縛しないと言っていても言葉だけを信用しないようにしましょう。

彼氏の束縛の強さをチェック

束縛といっても可愛いものから、かなりきつめの束縛までありますよね。
焼きもち程度なら可愛いものですが、それでも嫌と思うのは人それぞれです。

彼の束縛はまだ許せる範囲ですか?

  • 価値観を共有することを強要される
  • 連絡の頻度が多い
  • 露出した服を着ると怒られる
  • グループでの遊びでも男がいてると機嫌が悪くなる
  • 今なにをしているのか把握しようとする
  • 携帯をみる、ロックをかけないでと言われる
  • 行動を自分から報告することを強要する
  • 連絡を返すのが遅くなると怒られる
  • 男と2人になることを禁止される
  • 男がいてる遊びに参加することを禁止される
  • 男との連絡を取ることを禁止される
  • 携帯のアドレスから男は全て削除してと言われる
  • 女友達と遊ぶことにも許可が必要になる

順に並べてみました。

あなたの彼はどのレベルですか?

下の方は強制的に男との関わりを断とうとする行動です。
最後は女友達と遊びに行くといっても信用してもらえてなかったりするという人もいますよね。
女性側の自由などは一切なく、まさに籠の中の鳥状態です。

好きだから・心配だからと言われると愛してくれていると考える人がいますが、それは愛しているとは意味が違いますよね。
愛するというのはお互が認めあい、寄り添っていくものです。
《付き合っているから少しの束縛は当たり前》ではなく、お互いが納得きる形にすることが理想です。

束縛する彼氏と上手く付き合っていく方法とは

度を超えた束縛は2人の関係を壊してしまいますよね。
束縛する彼と上手く付き合っていくにはあなたを信頼してもらうことが何よりも大切です。

1. 彼のことが1番好きだと伝え安心してもらう

あなたから彼のことが1番に好きだというアピールをすること。
彼に伝わるように言葉でも態度でも表していきましょう。
彼も自分のことが1番好きなんだなと実感すると安心感が出ますので束縛をしなければという心配もありません。
彼があなたのことを心から信頼するまでは、あなたの全てを彼に見せるということで束縛が落ち着きます。

2. 束縛されるのが嫌だと彼にハッキリ伝える

「束縛はしないで」と言葉できちんと伝えましょう。
束縛をしていると彼は思っていない場合もありますので、されて嫌なことは嫌だと伝えましょう。
気持ちをアピールしただけでは伝わらず束縛をしてもいいんなら、これから先も不安だからやめないと考えてしまう可能性もあります。

束縛が強すぎる彼と上手く付き合うポイントまとめ

束縛をする男性は本当に面倒ですが、あなたを好きだという気持ちから始まったいき過ぎた行動だということですね。
束縛をしない人との違いは彼女という存在の扱い方が違うということです。
どちらも女性にとっては好みがはっきり分かれますよね。
束縛が全くないというのも楽ですが寂しいものです。

束縛ばかりでそろそろ疲れたという女性は信頼してもらうということを頑張ってみてください。
束縛が強いなら別れた方がいいとは言いません。
あなたが好きになる素敵な人なんですから、これからも2人で仲良く過ごすように行動してみてください。

関連記事

今すぐ出来る!おすすめのメンタルトレーニングの方法4選...

デリケートゾーンのかゆみだけなら市販薬でも治せる?おすすめサプリも...

ゴーヤの栄養素!癌にも効くって本当?効果的な食べ方・レシピも紹介!...

彼氏が怪しい…浮気?チェックするべき彼氏の怪しい行動6選...

嫌われる理由は?周囲から距離を置かれてしまう女性の特徴3つ...

あそこの臭い・かゆみ対策ってどうしてる?デリケートゾーンの臭いケ...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る