野球好きの彼とデートへ行くのなら、押さえておきたい3つのポイント

野球好きの彼とデートへ行くのなら、押さえておきたい3つのポイント

大好きな彼とのデート!となったら、ばっちりオシャレに決めたいですよね。
何を着ていくか、どんな髪型にしようか、迷うと思います。

今回はガチで野球好きの彼と野球観戦デートに行くなら押さえておきたいポイントをご紹介です。

・スカートはNG?
・髪型は?
・何を持っていくのがいい?

スカートやヒールは避けた方が無難

スカートやヒールは避けた方が無難

彼と野球観戦に行くなら、ファッションは気遣った方がいいでしょう。
スタジアムと通常のデートはちょっと違います。

普段ならスカートやヒールで可愛さアピールが有効でも、スタジアムでは彼に「場違い」「心配になる」と思われてしまうかもしれません。

というのも、スタジアムはたくさんの人でごった返しています。
座席に座っていると、隣の人と肩がぶつかりそうになる距離です。
また、席を離れるときなどは人の膝にぶつかります。(イメージは映画館の座席をぎゅっと狭くした感じです)
スカートを穿いていたら、ちょっと心配になる密着具合なのです。
席によっては高い階段を上がっていかなくてはならず、下から見えてしまうのでは?という不安も出てきます。

なら、長いスカートがいいのか?というと、そうでもありません。
長い裾での移動は大変ですし、周りの人に迷惑をかける可能性もあります。
ロングスカートやスカーチョなども控えた方がいいでしょう。

同じ理由で、ヒールの靴も避けた方が無難です。
立ったり座ったりを繰り返す席もありますし、移動するときに知らない人の足をヒールで踏む可能性もあります。
スポーツ観戦にヒールは不向きです。

デートだから可愛い格好をしたい!と思ったら、スポーティな可愛さを目指してみてください。
応援にぴったりの格好でくれば、彼も「この子、わかってるなぁ」と見直してくれるかもしれません。

もちろん、肌の露出が多いショートパンツは他の男性の目線を彼が気にしてしまうので、こちらも避けた方がいいでしょう。

周りの人が見えなくなる髪型はNG!

周りの人が見えなくなる髪型はNG!

服装と同じように、髪型に関しても周りに配慮しましょう。
トップにお団子を作ると、後ろの人が試合を見れなくなります。
映画館やディズニーパレードを鑑賞するときのマナーと同じだと思ってください。

また、同じような理由で帽子も気をつけましょう!
つばの広い女優帽みたいなものは彼にもぶつかってしまいます。

これを持っていくとデキる女!

これを持っていくとデキる女!

野球観戦で女子力をアピールするなら、冷たいお茶と簡単に食べられるおにぎりやパンの用意、そしてタオルとゴミ袋があれば完璧です!

真夏、野外の野球観戦となれば当然暑くなります。
そんなときは、凍らせて持ってきたお茶が大活躍です。
冷蔵庫で冷やしただけのお茶は温くなってしまいますが、凍らせておけば冷たいままで飲めます。
屋内スタジアムでもお茶を一本持っていけば中で買う必要がなく、便利です。
凍らせなくて大丈夫なので、準備しておきましょう。

また、食べ物の準備もあるといいかもしれません。
どこのスタジアムでも飲食店はありますが、買うための長い列や試合途中に抜け出して買うことを考えると、用意しておくのがいいでしょう。
彼がスタジアムで食べたい物があるかどうかわからないので、事前に「用意しようか?」と聞いてみてください。
ちなみに、お弁当は邪魔になるので、おにぎりやパンなど片手でつまめるものが楽でいいですよ。

そして、タオルとゴミ袋。
タオルは汗を拭く用だけでなく、雨で座席が濡れているときや手が汚れたときなど、使い道は様々です。
小さくてもいいので2枚あると安心します。
ゴミ袋は、いちいちゴミを捨てなくていいように準備しましょう。
大抵のスタジアムではスタッフの人がゴミ袋を手に、ゴミ回収にやってきます。
そのとき、ぽいっと捨てられるようにしておきましょう。

最後に、雨のときはカッパの用意を!
傘を差しては、周りの人に当たったり、雫が流れ落ちたり、試合が見れなかったりと、多大な迷惑をかけます。
2人だけ良ければいいという感じなら傘でもいいですが、マナーを心得ている彼なら「傘を差したら迷惑になる」と知っています。
雨に濡れないよう、傘ではなくカッパを持っていきましょう。

関連記事

【タロット占い】このまま待っていたら、あの人から連絡は来る?...

【コツコツタイプにおススメ】告白せず好きな人と付き合う方法まとめ...

気づいて!男性の脈ありサイン7選...

きっと幸せになれる恋愛風水*初デートのファッション(1)*...

【タロット占い】自分の気持ちがわからない…私は本当にあの人のことが好き...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る