自分の人生を愛せるようになる「幸せの見つけ方」8つ

幸せは、私たちの何気ない日常の中に溢れています。そう、どれだけアンラッキーなことが続いていたとしても、それはただ幸せに気がついていないだけ。今この記事を読んでくださっている瞬間にも、あなたの周りには幸せで満ち溢れています。

大切なのは、あなたの周囲に満ち溢れている幸せに気がつくことができるかどうか、ということ。そこで今回は、自分の人生をより一層愛せるようになる「幸せの見つけ方」をシェアします。

 

1:周囲の顔色や評判なんて気にしない

幸せの見つけ方が上手な人は、「周囲に嫌われないようにしよう」「あの人から好かれたい!」などと、周囲の顔色や評判を伺いながら行動をするようなことはしません。
そこには、他人から自分がどう見られるかどうかという評判や周囲から自分の存在を認めてもらいたいという承認欲求もないという特徴があります。

なぜ、周囲の顔色や評判を気にせずにいられるのかというと、それは「ありとあらゆる行動は自己責任である」ということを正しく理解できているから。
そのため、周囲からの評判などによって自分自身に与えられたあらゆる選択肢を選ぶようなことはしません。

2:「やってみたいから」アクションを起こす

幸せの見つけ方が上手な人は、「こうした方がベター」「絶対にこうしなくてはいけない」という、自らの行動を制限するような考え方は持っていません。

なぜなら、自分が何かしらのアクションを起こそうと決めた際に「have to〇〇(〇〇しなければいけない)」という考え方が、自分自身を思いがけず苦しめてしまうことがあるのを知っているから。
何かにチャレンジしてみようと思った際は、「やらなくちゃいけないから」ではなく、「やってみたいから」で選択肢を選び取れるようになることを目指してみてはどうでしょうか。

 

3:親しき中にも礼儀あり

時折、何でもかんでも友達と一緒に過ごそうとする人や友達のことを頼りきってしまう人がいます。けれど、幸せの見つけ方が上手な人は、「親しき中にも礼儀あり」ということわざのように、必要以上に頼るようなことはしません。

なぜなら、無理に自分自身の気持ちを押しつけることはしないから。

そして何より、お互いの距離が近くなりすぎてしまうと、うまくいくものもうまくいかなくなるということを人一倍知っているからこそ。

友情も恋も、仲良しな人ほど、程よい距離感を保つことが大切なのです。

 

4:自分の居場所を限定しすぎない


日常生活で煮詰まってしまった際、たとえそれが自宅から2時間ほどで行けるような場所へと小旅行に出かけただけでも、気分転換になりますよね。

幸せの見つけ方が上手な人は、いつまでもひとつの場所にとどまり続けるようなことは「もったいないこと」であると、考えている人が多くいます。

そのため、時折自分の身を置く場所を変えることを通じて、さまざまな出会いを経験します。それをくり返していくことで、自分の価値観をアップデートしているのです。そして何より、「自分の居場所は1つではない」と思えた方が、いくぶん生きやすくなるはずです。

 

関連する記事

 

ずっと一緒にいたい!本当に幸せな結婚をする4つの秘訣

きっと幸せになれる恋愛風水*その23*恋愛が充実する飲み物*

きっと幸せになれる恋愛風水*その22*恋愛が充実するインテリア*

この女性と結婚したい!と思わせる3つのポイント

Pocket
LINEで送る