就職や進学に「失敗」したおかげで得られる4つのこと

みなさんは、いま現在の仕事や学校での生活に満足しているでしょうか。

入社や入学当時は、「私の居場所は絶対にここだ!」という強い思いで選んだ環境だと思います。けれど、いざ就職したり入学したりすると、「あれ、もしかしてここは私には向いてないのかもしれない」ということに気がつくことがあるかもしれません。

そのことに気がつくと、何とも言えない絶望感を味わう瞬間があるかもしれません。けれど、まずは「今、私はこの環境にいることが自分自身には合っていないことに気がついた」ことを受け止めましょう。

そして何より、選択を「失敗した」からこそ学ぶことができたことも数多くあるはずです。そこで今回は、進路選択を「間違えた」おかげで知れるプラスのことをシェアします。

 

1:私ができること/できないことが明確になる

まず、選択を「間違えた」おかげで、自分自身ができることとできないことが明確になります。

就職活動の段階では、「バリバリと働くキャリアウーマンになりたいし、私にはここしかない!」という気持ちで大企業への入社を決めた。

けれど、いざ入社してみると想像以上の激務で心身ともに疲れ切ってしまったり、仕事中もミスが絶えず凹んでばかりだったり。

けれど、そういう時にあなた自身を苦しめてしまっているのは、「私にはここしかない!」「私の居場所はここ!」という、自分自身への過度な期待ではないでしょうか。

すべてのことに対して言えますが、物事を始める前はさまざまな状況を想定して、心身ともに準備万端な状態でスタートを切ることができます。

けれど、いざスタートしてみると予想のつかないようなハプニングがどうしても起こってしまいます。

そのため、物事が思うように進まないことやうまくいかないことだってあるのです。そのような事態に直面した時に、「これは自分自身で対処できること」「いや、これは私の専門外だから助けを求めよう」といった線引きが自分の中にできていると、自分自身のことを必要以上に責めることがなくなります。また、周囲の人間や環境のせいにすることもなくなっていくはずです。

 

2:自分自身のことをもっとわかってあげられるようになる


友達との関係がうまくいかなくなったり、彼氏と別れたりした時。初めの頃は深い悲しみを味わうかもしれませんが、やがて時間が経つと「この経験があったおかげで私は変わることができた」と感謝できるようになるかもしれません。

そう、私たちは何か壁にぶつかったり失敗したりした時にこそ自分自身のことをより理解してあげられるようになるのです。

自分の選択肢や行動のすべてをきちんと自分で責任をとる、思うような結果が出ない時には、「なぜ、うまくいかないのか」を自分なりに分析する。また、その原因についても考えるようにする。

そして、自分自身のことをきちんと理解できるようになれば、自分にとってベストな選択ができるようになるのです。私たちは失敗した数だけ、自分自身を大きくしてくれるチャンスを手に入れることができます。

 

3:最優先事項がわかるようになる

私たちは、大きな失敗をしてしまうことによって、「私が今しなくてはいけないことは何か」を明確にする慎重さや注意深さの大切さを知ることができます。

つまり、いま自分自身が行っていることに完全に集中できていない場合、それは注意深さや慎重さに欠けてしまっているということ。

ただ、1つのことに執着しすぎてしまうと、失敗した時に大きな挫折を味わうことがあるので注意が必要です。自分にあたえられた一瞬一瞬をしっかり生きることに本気になると、地に足がつくようになります。そしてもし、何か思い通りに物事が運ばなかったとしても、その度に自分自身の考えや気持ちにブレてしまうことを防ぐこともできるのです。

Pocket
LINEで送る