相談ごとをされる人や相談に乗ることが得意な人の特徴

「ねえ、ちょっと時間ある? じつは今、仕事のことでかなり悩んでて……」

友人から仕事や恋愛などの相談を受けた際、どのようなアドバイスをしてあげようか迷うことはありませんか。

多くの女性は、「相談=アドバイスが欲しい」というよりも「相談=とりあえず話を聞いて欲しい」と考える傾向があります。そのため、相談してきた相手のためを思って発言したことが、思いがけず相手を傷つけてしまうことだってあるかもしれません。では、それを防ぎつつも、どのようにすれば「よき相談相手」になることができるのでしょうか。そこで今回は、大好きな人の「よき相談相手」になるために心がけたいことについてシェアします。

いきなりジャッジしない

「じつはね、彼、私以外にも付き合っている人がいるんだって……」

そんなことを親友から聞いたとしたらきっと、びっくりしてしまいますよね。人によっては「私の大切な親友を傷つけるなんて、ありえない!許せない!」という思いがこみ上げてくることがあるかもしれません。その熱い感情のまま、

「そんな男、さっさと別れちゃいなよ!」と、言ってしまう人もいるかもしれません。

もしくは、「そんなの気にする必要はないよ、だって私なんて〜」と、自分の経験談を話し始める人もいるかもしれません。けれども、どうすればいいかわからず困っている彼女に対して、自分の結論をいきなりぶつけることは控えましょう。なぜなら、冒頭でもお話ししたように、女性はまず「自分の気持ちをじっくりと聞いてほしい」と思っているケースがほとんどだから。ですから、友人から相談事を持ちかけられたときはまず、(たとえ何か言いたくなったとしても)いきなり結論は出さず、まずは相手の話を聞くようにしましょう。

まずは聞く、とにかく聞く。

まずは、あれこれ言いたくなる気持ちは抑えて、相手の気持ちを聞くことに徹してあげましょう。

相談した人にとっては、悩みを話すことで自分の考えをまとめることができます。ですから、考えをまとめる大切な作業を邪魔してしまわないよう、まずは相手にあれこれ話してもらいましょう。

皆さんも、とにかく話を聞いてもらっただけで、なんだか心が軽くなった経験はありませんか。悩み事がある人は、とにかく煮え切らないモヤモヤした気持ちを吐き出したいことがほとんどです。だから、話の途中であなたの意見や考えを挟んだりすることは控えましょう。そして、話を聞く際には、相手の気持ちが現在どういう状況なのかも尋ねてみましょう。なぜならば、浮気をされた彼女は「確かにむかつくけれど、彼のことを信じたい」かもしれないし、「彼に何か復讐をしてやりたい!」と考えているのかもしれません。

「私はこう感じたから、こう言えば彼女にとってもいいんじゃない?」と、思い込みでアドバイスをするのではなく、相手の本心をきちんと見抜くことが大切です。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。