砂肝にはどんな栄養成分があるの?妊婦も食べられるけど食べ過ぎは注意?

砂肝にはどんな栄養成分があるの?妊婦も食べられるけど食べ過ぎは注意?

コリコリとした食感が人気の砂肝。居酒屋などでよく食べる、という方も多いですよね。そんな砂肝には、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。意外と知らない砂肝の栄養素について調べてみました。

砂肝って、そもそもどこの部位!?

砂肝を使ったメニューは居酒屋や鶏肉料理店でよく出るため、名前は知られていますが、その部位などは意外と知られていないもの。そんな砂肝とは、鳥類や爬虫類、魚類などが持つ砂嚢(さのう)なのだとか。では砂嚢とは何かというと、鳥などが飲み込んだ食べ物をすり潰す消化器官のこと。歯を持たない種も、砂嚢があることで食べ物を消化しやすくできるのですね。

砂肝って、そもそもどこの部位!?

砂嚢は食べ物をすり潰す器官のため、脂肪は少なくほぼ筋肉でできています。そのため低脂肪・高たんぱくで、食感もコリコリしたものになります。その種によっては、食べ物と一緒に飲みこんだ石や砂を砂嚢内で消化の助けとして使うものもあり、砂嚢内には石や砂が溜まっています。その石や砂を除き、処理されたもの(日本では一般的に鶏を使用)が「砂肝」としてお店などで提供されています。

砂肝のカロリーは?

低脂肪で高たんぱくな砂肝は、カロリーも低そうに思えますが、実際はどうなのでしょうか。調べてみました。

砂肝のカロリー(100gあたり)…94kcal

さすが、低脂肪なだけあって鶏肉にしては低カロリーですね。ちなみに、砂肝の糖質は0g。カロリーも糖質も低い砂肝は、ダイエットの味方になること間違いなしですね!

砂肝はたんぱく質が豊富!?知られざる栄養成分について

砂肝が低脂肪で高たんぱく、ということは栄養も豊富なのでしょうか。その栄養素について、詳しく見ていきましょう。

砂肝の栄養素①良質なたんぱく質

砂肝の栄養素といえば、何と言っても豊富なたんぱく質。たんぱく質は、筋肉を作るために必須な栄養素です。このたんぱく質の摂取が不足してしまうと体内の筋肉量が減り、結果的に基礎代謝が落ちることで痩せにくい身体になってしまいます。

砂肝はたんぱく質が豊富!?知られざる栄養成分について

また、砂肝に含まれる動物性たんぱく質には、体内で作ることのできない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。この動物性たんぱく質は、植物性たんぱく質よりも体内への吸収率が高く、美容や健康の維持に欠かせない栄養成分となっています。ダイエットのためだけでなく、健康的な生活を送る上でも、たんぱく質の摂取は重要なのですね。

砂肝の栄養素②鉄分

砂肝には、鉄分も含まれています。特に女性は貧血になりやすいため、定期的な鉄分の摂取が重要です。鉄分には造血作用による貧血予防の効果の他に、骨や歯を丈夫にしたり、疲労回復、たんぱく質代謝促進などの効果があります。

砂肝の栄養素③ビタミンK

砂肝には、ビタミンKの含有量も豊富。ビタミンKは「止血のビタミン」とも呼ばれており、ビタミンKが不足すると血液が固まりにくくなってしまいます。また、骨の形成や骨密度を維持する働きもあり、骨折予防のためにも重要なビタミンだと言われています。2.

砂肝の栄養素④コレステロール

砂肝には、コレステロールも含まれています。コレステロールと聞くと悪いイメージがありますが、細胞膜やホルモンの形成に役立つものであり、適量の摂取はむしろ必要な栄養成分です。

また、砂肝100gあたりのコレステロールは200mg程度。砂肝は肉類のためコレステロールも高いイメージですが、女性の一日におけるコレステロールの摂取目安は600mgのため、砂肝を大量に食べ過ぎない限り問題ありません。

コリコリとした食感が美味しいだけでなく、良質なたんぱく質や鉄分が豊富な砂肝。実はスーパーなどで安価に売られているため、栄養面だけでなく経済的にもおすすめな食材です。コレステロールが気になる方も、食べ過ぎなければ大丈夫ですよ。

砂肝は、妊婦でも食べられる?

妊婦になると、気になるのが食事の際の注意点。お酒がNGなのはもちろんのこと、カフェイン量や大きな魚に含まれる水銀量など、気にしなければいけないことが一気に増えて焦りますよね。そんな妊娠中でも、砂肝は食べて大丈夫!むしろ妊婦に必要な栄養成分である鉄分や亜鉛が多く含まれている砂肝は、妊娠中にぜひ食べて欲しい食材なんですよ。

ただし、細かな注意が必要な妊娠期には、砂肝を食べる際にもいくつかの注意点があります。その一つが、砂肝の食べ過ぎによるコレステロールの過剰摂取。前述した通り、砂肝にはコレステロールが含まれていますから、食べ過ぎによるコレステロールの過剰摂取は厳禁です。妊娠糖尿病などの発症を予防するためにも、砂肝を食べ過ぎないよう、妊婦さんは注意して下さいね。

砂肝は、妊婦でも食べられる?

また、砂肝に限らず、生肉を焼く際は中まで火を通すことも忘れずに。これはトキソプラズマ菌による食中毒を防ぐために大切です。なぜ妊婦はトキソプラズマに注意しなければいけないかというと、妊娠中に初めてトキソプラズマに感染すると、胎児が「先天性トキソプラズマ症」にかかり、後遺症が残る可能性があるから。妊婦さんは注意事項が多く大変ですが、大切な赤ちゃんを守るためにも、意識しておけるといいですね。

最後に

良質なたんぱく質や鉄分が含まれており、栄養豊富な砂肝。コレステロールも含むため食べ過ぎには注意が必要ですが、適量を守れば大丈夫!意外と簡単な下処理だけで食べられる食材ですから、ぜひ外食だけでなく自宅でも砂肝を楽しんでみてくださいね。

関連記事

食欲が止まらないのはなぜ!?食欲が止まらない時の原因と対処法...

豆苗を使ったレシピ<塩鍋・シチュー・ふわふわ炒め・きんぴら・ソテー>...

彼氏と付き合う意味がわからなくなるのはどんなとき?別れるべきなの?...

【恋愛心理テスト】彼に試してみて!彼のロリコン度は?...

脱マンネリ!同棲中に彼氏をドキドキさせる彼女の行動10選...