幸せホルモン「オキシトシン」とは?オキシトシンに隠された効果

幸せホルモン「オキシトシン」とは?オキシトシンに隠された効果

皆さんは、「オキシトシン」という幸せホルモンの名前を聞いたことがあるでしょうか?オキシトシンとは、出産や産後に母親が母乳を分泌する際に必要不可欠なホルモンのひとつ。しかし、そのほかにも「幸せホルモン」「ラブホルモン」「恋愛ホルモン」と呼ばれることもあるオキシトシン。今回は、そんな幸せホルモン「オキシトシン」にはどのような働きや効果があるのでしょうか?幸せホルモン「オキシトシン」に隠された効果とは?そこで今回は、あなたの周囲の人間関係を良くしてくれる幸せホルモンオキシトシンについて、隠された効果まで詳しくご紹介します。

幸せホルモン「オキシトシン」とは?

オキシトシンとは、脳内で合成・分泌されるホルモンのこと。筋肉の収縮をサポートする働きや、中枢神経内での神経伝達物質としての働きを持っています。また、先ほど述べたように、出産時に子宮を収縮させることで分娩を促進させたり、母親の母乳の分泌を促したりする働きもあります。

このことから、オキシトシンは女性特有のホルモンであると考えられてきました。しかし、近年の研究によって、オキシトシンは男性の体内にも存在することが解明されています。

幸せホルモン「オキシトシン」に隠された効果5つ

大好きなペットを撫でているとき、もしくはパートナーにやさしく髪を撫でられているとき。そのようなときに、なんともいえない幸福感が沸き上がるような経験はあるという方は多いのではないでしょうか。

これこそが、近年解明されたオキシトシンの効果のひとつなのです。ただし、オキシトシンの働きはひとつだけではありません。オキシトシンには、さまざまな感情を刺激しつつ、リラックスした気持ちをゆるやかに増幅させる働きがあります。ここでは、オキシトシンの具体的な効果についてシェアします。

幸せホルモン「オキシトシン」に隠された効果5つ

幸せホルモン「オキシトシン」の効果1:安心感と心地よさで満たされる

オキシトシンには、自律神経を整えて安心感と心地良さを促す効果があります。また、オキシトシンが分泌されると痛みに対する耐性も増加し、精神的ストレスも緩和されていくのです。

幸せホルモン「オキシトシン」の効果2:優しくなれる

オキシトシンは接している相手への親近感を抱かせる作用があります。怒り・悲しみといった強い感情を和らげ、家族や友人、そしてパートナーなどとの信頼関係を深めることにも効果があるとされています。

また、親近感を互いにおぼえることができるようになると、コミュニケーションもぐっとスムーズになるもの。オキシトシンが十分に分泌されている状態では、そのような対応をできる関係の範囲がぐっと広がっていきます。

幸せホルモン「オキシトシン」の効果3:異性との親しくなりやすくなる

周囲の人たちと自信を持って笑顔で接することができるようになると、あなたの姿は男女問わず、魅力的に映るようになっていきます。あなたが社交的になればなるほど、出会いや急接近のチャンスも自然と多くなることでしょう。

幸せホルモン「オキシトシン」の効果4:血圧上昇を抑え、心臓の機能向上

オキシトシンには、心拍数を抑えて、血圧の急激な上昇を防ぐ効果があるとされています。血圧の低下や心拍数の減少によって、ストレスホルモンは次第に減少していきます。オキシトシンは心臓機能を高め、その上で体内からリラックスさせてくれるのです。

幸せホルモン「オキシトシン」の効果5:睡眠を促し、質のよい眠りをもたらす

オキシトシンには入眠作用もあるとされているそう。そのためオキシトシンには自律神経を整え、適度な眠気を促してくれれます。心身ともにリラックスした状態で入眠することができるため、質のよい睡眠が期待できます。

幸せホルモン「オキシトシン」を増やす方法はある?

オキシトシンには、「分泌量が増えた分だけ、分泌量がさらに増える」という素敵な連鎖を起こす作用があります。合成されたオキシトシンは、一定量を超えた時点で、脳の下垂体後葉から分泌されます。そして、オキシトシンは分泌されたのちに、近隣の細胞を刺激することでポジティブな連鎖を起こし続けていくのです。

幸せホルモン「オキシトシン」を増やす方法1:会話やスキンシップ

オキシトシンは、ハグやキスなどの皮膚接触、メイクラブによる子宮頸部への刺激などによって分泌が促進されるとされています。しかし、分泌は恋愛行為のみで起こるものではなく、ペットと触れ合う、家族との団欒を楽しむ、友人との握手やハグなど。あなたが心から好感を抱く相手との交流によって分泌されます。

幸せホルモン「オキシトシン」を増やす方法2:ポジティブな言動

他者のために何かアクションを起こしたり、相手のことを心から思いやりながら親切なことをしたりしたときに、オキシトシンが分泌されることが判明しています。また、人を褒めることにも同様の効果があります。誰かのゴシップについて話をするよりも、「その洋服、似合っていて素敵だね」「いつも楽しませてくれてありがとう」などと、相手の素敵な部分を褒める、感謝の気持ちを伝えることでも、オキシトシンは増加していきます。

幸せホルモン「オキシトシン」を増やす方法3:「感動」しよう

心を動かし、感動するような経験や機会を増やすことも、オキシトシンを分泌させることのひとつです。感動的な映画やミュージカルを楽しむことはもちろん、旅先での絶景との出会いも、あなたのオキシトシンの分泌を促すにはもってこい。また、感動した気持ちをぜひ、言葉にしてみましょう。誰かに話してみたり、SNSで発信してみたりすることで、誰かと感動を共有してみましょう。

幸せホルモン「オキシトシン」を増やす方法4:新しいことにチャレンジ

新しいことにチャレンジするなどといった好奇心は、あなたのオキシトシンをより多く分泌させてくれます。ぜひ、少しでも心惹かれるものには積極的に手を伸ばしてみましょう。

幸せホルモン「オキシトシン」を増やす方法はある?

 

関連記事

家事えもん流♪セスキを使った掃除法を試してみました!...

恋の始まり・恋のきっかけとは?30代の「恋の始まり」は自分で作ろう♡...

バッグやポーチのワンポイントに☆フェルトワッペンの作り方...

ウッドボックスで簡単☆サイドテーブルをDIY...

カラーボックスと積み木で☆ローテーブルをDIY...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る