【彼の運勢】7月6日-7月25日の彼の状況は?【Kuの恋カレ占い】水星占い

スポンサードリンク
「水星獅子座期間」の彼の運勢をお届けします。
恋カレ占いについて、Kuからの詳しい説明、というより薀蓄はこちら(前回の記事の1~2ページ目)
【彼の運勢】7月6日-7月25日の彼の状況は?【Kuの恋カレ占い】
*水星の運行で占うけど、観るのは彼の太陽星座でOKだよ。

◎牡羊座の彼

この期間の彼はいつになく気持ちが前向きになるだろう。日常にはストレスも多く、些細なことで誰かに怒りをぶつけているかもしれない。でも、それはよほど彼の神経を逆なでした相手に対しての話。
彼は、少しでも自分に好意を寄せてくれる周囲の女性には、むしろ反動で優しくなるはずだ。味方になってほしい、僕を支持してほしい、一緒に怒ってほしい。そんな彼の思いを受け止めてあげられたら、君の存在は彼にとってこれまで以上にかけがえのないものとなるに違いない。
そうそう、大事なのは、この時期だけとは限らずまた、彼に限らず男はみんなそうだけど。血気盛んな彼を「なだめてあげよう」とか「諭さなきゃ」は厳禁だ!
よく、結婚に至る2人の特徴として「彼女の大人なところに惚れた。彼女といると成長できる」なんてあるけれど、この時期の彼は、「こどもでいたい、ずっとトイザラスキッズ」なお子様だ。君が目指すべきは、母親や幼稚園の先生ではない。「大きくなったら結婚しよう」と、おもちゃの指輪をもらえる同い年の女の子なんだ。

◎牡牛座の彼

この時期の彼は、かなり現実的だ。地に足をつけて、目の前のことを一つ一つ片付けていくことに注力するだろう。自分が居心地良くいられる場所のメンテナンスとグレードアップに余念がない。
これは、つまり彼がごく身近な人、特に身内を大切にすることを意味する。部外者にも愛想良く振る舞うだろう。でも、彼の心は常に自分の家族、幼馴染、苦楽をこれまで長く共にしてきた、同じ釜の飯を食ってきたごく親しい仲間のほうを向いている。
だから、もし君が彼のすでに身内か身内に準ずる存在、例えば婚約者や同棲中の彼女、訳あって籍は入れていないけれど内縁の妻、ならば幸せな時期となるだろう。彼と、2人の好みについてワイワイ話しながら模様替えをしよう。絆はより深まるだろう。
けれど、彼に長く付き合っている本命の彼女あるいは奥さんがいて君が浮気相手だったら、この時期は忍耐力勝負になるかもしれない。騒いでも彼は逃げ腰になるばかりだから、そっとしておこう。
そして、彼がフリーで片想いや友達以上恋人未満の状態に置かれている君は、彼とたくさん話すこと。彼の本能的に好むものも、打算や見栄やなんらかの理念で選ぶものも、どちらも引き出して、彼の世界を深く理解するにはふさわしい時期だから。

◎双子座の彼

やっと、彼の彼らしさが戻ってくるんじゃないかな。いい意味でも、悪い意味でも(苦笑)しばらく、何か彼を凹ませていた案件が決着がついて、結果はどうあれホッとしているのかもしれない。
そして、何より彼の守護星である水星が獅子座に入ったおかげで、彼は自信を取り戻し、目線が前を向き始めたはずだ。これまでより饒舌になり、軽口も叩くようになり、気になる女性には近況報告の一つでもするだろう。
この時期の彼はたくさんの人に囲まれて充実しているように見えても、実は人恋しくてしかたない。「愛」はそもそも彼にとっては重過ぎる。けれど理解や容認、共感などの、今の彼、少しダメ人間かもしれない彼を受容し「あなたはすごい人よ」と持ち上げてくれる女性がいたら、その人を愛さずにはいられなくなるだろう。

◎蟹座の彼

この時期、彼の身辺は少しずつ落ち着いていく。と言っても、トラブルが完全に落ち着いたわけでもなく、彼の飛躍を見て出る杭を打とうとする世間の抵抗が弱まるわけでもない。
しかし、日本からすれば危険極まりない紛争地域でも、生活し生き延び続ける人がいるように、彼はきっともう、イレギュラー続きの日々に慣れ、トラブルすらルーティンに落とし込んで、淡々と片付けているだろう。そして、その様子を見て、これは勝てないと白旗を揚げ去る敵も多い。
そんなわけでこの時期、彼には頭の中を恋愛で埋め尽くせるほどの余裕はないけれど、以前に比べればロマンティックなデートの計画も出来るし、君が望むならマメな連絡ももらえるだろう。
でも、君が彼に求めるばかりでは、彼は疲れ果ててしまうと思うんだ。元来、面倒見のいい彼ではあるけれど、こんな時期には労いの言葉とともに、彼の武勇伝にしっかりと耳を傾け、それから彼の重荷を少し一緒に背負ってあげるのが、人生の伴侶を目指す近道なんじゃないのかな。
Pocket
LINEで送る