子年〜巳年【2018年の年運】十二支別の運勢・恋愛運【芦屋道顕】

■十二支ごとの2018年の運勢

午年から亥年の運勢はこちら

★子年〜巳年

【子年】

●全体運

自身の目標が高ければそれに到達するにはやや苦労多き年となるようじゃ。しかし、よほどの野心家でもなければ、日々それなりの努力をして報われる。努力と結果の間にタイムラグがあり、投げ出す誘惑が多いが負けぬことじゃ。敵やライバルとおぬしでは、最後に笑うのはおぬしであるぞ。

●恋愛運

新たな出逢いの多き年となる。恋人募集中のおぬしには心踊る年となり、すでに相手のいるおぬしには心揺れ、贅沢な悩みも抱えがちな年となろう。

いずれも、異性から己の至らぬ部分を指摘されがちで交際は楽しいばかりでなく修行の側面もある。が、火遊び目的の輩ほど甘く、本気の相手ほどおぬしのためを思うてあれこれ言うのじゃ。良薬口に苦し、良縁もまた同じ。

【丑年】

●全体運

運気、心身ともにやや「膠着」しがちな年である。受け身の姿勢でいれば、気付けば周囲に遅れをとり、足腰も弱り気力も衰えがちである。

ゆえに、意識して己の身体を動かし、新しい物事に関心を持ち心を柔軟にして運気もまた動かす努力が必要。面倒に思えても歯磨きのように習慣化すれば苦とはならず、運もまた一つの動きが次に繋がり、上昇気流が生ずる如く良き事も起きていくはずじゃ。

●恋愛運

意識して己の魅力を見いだし、鬱陶しがられぬ範囲でアピールしていくべき年じゃ。

何もせずにいれば、無風のまま干物女となりて一年を過ごしてしまいかねぬ。が、全体運と同様に、面倒に思えても己の魅力を引き立てんと日々努力すれば、その甲斐はあるはずじゃ。この年、独り身のおぬしは方々にその笑顔を振り撒けば、玉の輿に繋がる縁も掴めるぞ。

【寅年】

●全体運

転換の年である。しかも良いほうに、じゃ。2017年の丁酉の年は勢いはあるが何かと問題も生じやすかったと感じているおぬしは、今年は身辺に落ち着きが取り戻せるはず。

2017年に成し遂げたことがあり、満足いく年だったおぬしは、飽きて新たなことをしたくなるやもしれぬが、継続は力なり。足場を固めてこそ充実した一年を送ることができるであろう。

●恋愛運

恋多き女の浮名を流すやもしれぬ。この年、おぬしの心を熱くさせる出逢いも出来事も多く、その意味では楽しき一年となる。

が、楽しさは相手の心を知らぬ片想いの間か、あるいは両想いになってからであろう。想いが言動や態度から暴かれ、相手がもし受け入れぬならその恋は瞬時に苦悩に変わる。そのようなことのなきよう、想いは秘めて作戦を練り、慎重に進めるが吉じゃ。

Pocket
LINEで送る