歯を白くする方法が知りたい!美しい歯で印象が360度変化!?

歯を白くする方法が知りたい!美しい歯で印象が360度変化!?

目次

誰かと話している時に、歯の黄ばみが気になったことはありませんか?逆に歯が白い人と話す時は、印象が良く爽やかな気持ちになります。今回は、一番目に止まりやすい歯を白くする方法をご紹介していきましょう。番組内でご紹介していた方法や、歯を白くする方法に活かしやすい歯磨き粉など、ギュッとまとめてお届けします。

気になる歯の黄ばみ…その原因は?

歯を白くする方法は色々ありますが、まず始めは歯を白くなくしてしまう原因についてチェックしていきましょう。歯が黄ばむ原因は、外部の原因と内部の原因の2つありました。

歯の黄ばみの原因①加齢

歯が黄ばむ原因の内部的なものは、加齢と抗生物質の副作用だと言われています。人は、歳を重ねていくとエナメル質が加齢に伴って減り、薄くなっていくことで黄色く変化。エナメル質とは、歯の表面にある白い膜のような物質のことです。

さらに、テトラサイクリン系の抗生物質を飲んでいる人は、身体の中にある硬組織に影響を与え、歯を着色させてしまいます。

歯の黄ばみの原因②コーヒーやお茶のステイン

歯が黄ばむ原因の外部的なものは、コーヒーやお茶などに含まれてるステインによるだそうです。ステインとは、シミや汚れのことを指し、コーヒー、お茶、ワイン、チョコレート、ココアなどによってくっつきます。

さらに、ペリクルという薄い膜は、歯を守るメリットがある反面、着色汚れをつきやすくしてしまうこともあるようです。歯垢も、落とし方が甘いと歯を黄ばませてしまう原因になるので気をつけましょう。

歯を白くするメリットは?印象が変わる?

次は、歯を白くするとどういった良い事があるのかをご紹介します。色々なネット上の記事を見ると、歯が黄色い方がいいというものは1つもありませんよね。歯を白くする方法をご紹介するのは、このメリットを感じてもらいたいからなのです。

歯を白くするメリットは?印象が変わる?

歯を白くするメリット①爽やかな印象に

歯を白くするメリットで一番代表的なものは、印象よく見えるからです。笑った時や会話している時に、歯が黄ばんでいるとそれだけで不潔に見えて、気になりますが、その逆に、歯が白いと爽やかに見えますし、印象もとてもよく映ります。

歯を白くするメリット②自信がつく

歯が白いと笑顔にも自信が生まれて思いっきり笑えますよね。自分の歯の黄ばみが気になると口をあげて、大きく笑うことは恥ずかしくてなかなかできません。しかし、歯を白くする方法を実践して、歯が白くなったら笑顔の数も増えそうです。

歯を白くする方法をチェック!

ここまで歯を白くするメリットや歯が白くならない原因をご紹介してきました。次は、歯を白くする具体的な方法をいくつかお届けしていきましょう。

歯を白くする方法①重曹を使う

歯を白くする方法をチェック!

歯を白くする方法は、有吉ゼミという番組で紹介していた重曹を使った方法です。重曹を歯磨き粉代わりに使う方法は、とても簡単。重曹には、食用とそうでないものがあり、炭酸水素ナトリウムとも呼ばれています。重曹をひとつまみ取ったら、歯磨き粉代わりに歯ブラシの上につけて歯を洗いましょう。

歯を白くする方法②歯磨き粉を使う

歯を白くする方法をチェック!-2

歯を白くする方法で活用するアイテムは、専用の歯磨き粉を使うことです。歯は、1日に3回洗うことがおすすめで、朝起きてからと昼、そして夜はしっかり洗うようにします。ステイン汚れ以外に、歯垢を落とすことで、口臭や歯周病なども予防してくれますよ。

歯を白くする方法③アルミホイルパックをする

重曹と歯磨き粉、塩を適量混ぜて、歯全体に塗ります。塗り終えたらその上から、アルミホイルをかぶせて、1時間待ち、口をしっかりゆすぐだけです。重曹には、研磨作用もあるので、強くこすることはNG。歯を傷つけてしまう可能性があります。

歯を白くする歯磨き粉の選び方

歯を白くする方法には、有吉ゼミなどの番組内で紹介されている方法や、専用の歯磨き粉を使う方法など色々です。この中でも一番おすすめの方法は、歯磨き粉をステインオフやホワイトニング効果のあるものを選ぶこと。次は、歯を白くしてくれる歯磨き粉を選ぶためのポイントをご紹介しましょう。

歯を白くする歯磨き粉の選び方①研磨剤不使用のものを選ぶ

歯を白くする方法の中で活用できる歯磨き粉は、研磨剤入りと研磨剤なしのものがあります。研磨剤とは、その名の通り、歯の表面を磨いてステインを除去し、滑らかにする効果がある成分のこと。一見、良い成分に見えますが、歯の表面を傷つけて着色汚れが目立つ可能性も。

歯磨き粉を選ぶ時は、研磨剤を含まないアイテムを選ぶか、Lime粒子、ハイドロキシアパタントなどの成分を選ぶようにしましょう。

歯を白くする歯磨き粉の選び方②成分を見て選ぶ

歯を白くする歯磨き粉の選び方

歯磨き粉は、研磨剤以外の成分もとても重要。中でもホワイトニング成分は、歯を白くするためにも大切な成分と言えます。歯の表面の汚れを浮かすために活用されるポリリン酸ナトリウム、汚れを防いでくれるハイドロキシアパタント、健康的な歯を保つために欠かせないフッ素が入っている歯磨き粉がおすすめ。

歯を白くする方法で使いたいおすすめ歯磨き粉ランキング

歯を白くするための歯磨き粉を選ぶポイントの後は、具体的にどんな商品がいいのかをランキング形式でご紹介していきます。市販で購入できて、ホワイトニングをサポートしてくれる歯磨き粉を早速、チェックしていきましょう。

第5位:ルシェロ歯みがきペーストホワイト

https://www.amazon.co.jp/GC-%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AD%E6%AD%AF%E7%A3%A8%E3%81%8D%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-100%EF%BD%87-1%E6%9C%AC/dp/B017NCPDQS

ルシェロ歯みがきペーストホワイトは、ジージーから販売されているアイテムです。弱アルカリ性のペーストで、薬用成分のポリエチレングリコール400とLime粒子の効果で、歯表面の着色汚れを除去してくれます。

それに加えて、フッ素も配合しているので、傷ついた歯の表面を再生してくれる再石灰化を促進してくれる効果もあるのです。

第4位:Dr.オーラルホワイトニングパウダー

https://www.amazon.co.jp/Dr-Oral-%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%AB-Dr-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%AB-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%BC-%E5%A4%A9%E7%84%B6%E3%82%A2%E3%83%91%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%8840-%E9%85%8D%E5%90%88/dp/B07Q6MZ188

Dr.オーラルホワイトニングパウダーは、卵殻アパタント配合のパウダータイプの歯磨き粉です。パウダーは、粒子が細かいので狭い歯の隙間にもしっかり入り込みながら磨きあげてくれます。ヒトの歯と似ている卵の殻を使用しているため、歯のエナメル質に近く、吸着力に優れています。

歯の表面をこれを使って磨くと、黄ばみを吸着して歯を徐々に白くなるように導いてくれるのです。

第3位:デジタルビューティーケア

https://www.amazon.co.jp/DENTAL-BEAUTY-CARE-%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B1%E3%82%A2-%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%A2/dp/B0031Z66O0

デンタルビューティーケアは、清掃剤にパール末と薬用成分としてポリエチレングリコールが使われてるホワイトニングの歯磨き粉。歯の表面にこびりついている黄ばみを優しく浮かせながら分解し、落としやすくしてくれます。

しかし、それだけでなく、歯石の沈着を防いでくれるゼオライトやオーガニックハーブも多く配合しているので、歯の健康を守りながらホワイトニングができるところが魅力です。

第2位:トゥービーホワイトホワイトニングジェルハミガキ

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%82%AD-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0-60g%E3%80%90%E5%8C%BB%E8%96%AC%E9%83%A8%E5%A4%96%E5%93%81%E3%80%91/dp/B01CP1LG18

トゥービーホワイトのホワイトニングジェルハミガキは、ジェルタイプになっており、6つの成分を贅沢に配合している1本。Wの美白成分で歯を白くしてくれるだけでなく、フッ素成分が歯の再石灰化を促進してくれます。しかし、それだけではありません。

歯を磨いた後も汚れをつきにくくするために、リン酸やピロリン酸などが歯をしっかりサポートしてくれます。

第1位:アパガードスモーキン

https://www.amazon.co.jp/APAGARD-%E3%82%A2%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3-%E3%80%90%E5%8C%BB%E8%96%AC%E9%83%A8%E5%A4%96%E5%93%81%E3%80%91-100g/dp/B00NE7JPNE

アパガードのスモーキンは、ステインケア専用の歯磨き粉です。薬用ハイドロキシアパタントが配合されており、歯を労りながら優しく洗い上げてくれます。洗い上がりもスッキリしていて、満足度抜群です。歯の表面にあるエナメル質を修復してくれる効果もあるので、1度は使ってみたい人気は磨き粉の1つと言えます。

最後に

歯を白くする方法は、ご紹介しただけでも色々な方法がありますね。歯磨き粉や重曹などを取り入れて、歯を白くする方法がありましたが、これを実践するにあたり気をつけたいことがあります。それは、歯を磨く時に強く擦りすぎないこと。強く擦りすぎてしまうと歯の表面に傷がついて、着色汚れがつきやすくなってしまうので注意しましょう。
白い歯は、それだけでも好感度アップに繋がる重要な部分。ぜひ、歯を白くする方法を実践しながら美しくて、健康な歯を手に入れましょう。

関連記事

ドライブラッシングの効果とは?!ドライブラッシングで顔も身体もすっきり...

妊娠中の腹痛の原因は?危険な腹痛の見分け方や対処法をご紹介...

定例会議は無駄?必要性は?定例会議を効率化する方法...

おまじないの由来を解説!あいあい傘・糸結び・親指を握る・合掌(がっしょ...

【タロット占い】本当のことを教えて!あの人との相性はいいの?よくないの...