睡眠による消費カロリーはどれくらい?睡眠中にダイエットする方法

睡眠による消費カロリーはどれくらい?睡眠中にダイエットする方法

睡眠だけでもカロリーは消費するって知っていましたか?ということは睡眠を利用してダイエットができるんじゃ!?と思いますよね。今回はズボラ女子必見の睡眠とダイエットの関係について調べてみました。睡眠中に消費するカロリーを20代・30代・40代別に調べたり、睡眠中にカロリーが消費する理由や睡眠中のダイエットで大切なことなどについても調べました。「睡眠中ですらダイエットをしていたい!」と思う女性は読んでみてくださいね。

体と睡眠の関係!カロリーは消費される?

寝ている時も私たちの体は働いていて、それなりに体力を使っています。ただ寝るだけで体力を使うなんて信じがたい話ですが本当です。いつも以上によく寝ると起きた時に体が重く怠い経験は皆さんあると思います。中には寝すぎると頭痛がするという人もいるでしょう。

体と睡眠の関係!カロリーは消費される?

本来、睡眠は疲れを取る目的なのに何故真逆の現象が起こるのかというと、寝すぎてしまうことで全身の筋肉を長時間使わなくなり、血行不良が起こることで体にコリや疲れをもたらすと言われています。この時、体力を使うのでカロリーは消費されています。では実際に睡眠中で消費するカロリーはどれくらいでしょうか。

睡眠の消費カロリーと計算式

実は睡眠中に消費するカロリーは年齢とともに減っていくと言われています。というのも、そもそも体重1kgあたり1分間に消費するカロリーは0.0170kcalなので、そこに性別や体重、年齢、基礎代謝などによる補正係数をかけることで求めることができます。補正係数は年齢や性別によって異なり、20代の女性で0.95、30代の女性で0.87、40代の女性で0.85となっています。年齢とともに基礎代謝が落ちる影響で補正係数も落ちていきます。

睡眠の消費カロリーと計算式

【睡眠の消費カロリーを求める計算式】

体重(kg)×0.0170(kcal)×時間×0.95(20代女性の補正係数)

上の計算式を見ながら、たとえば体重55kgの20代の女性が7時間の睡眠をとったときの消費カロリーを求めたい場合、【55(kg)×0.0170(kcal)×420(時間)×0.95=373(kcal)】となります。同じように、55kgの女性が7時間の睡眠をとったときの消費カロリーを30代・40代とそれぞれ計算してみると、30代女性では1日あたり341kcal、40代女性では1日あたり333kcalとなっています。これは毎日ラーメン1杯分相当のカロリーを消費していることになります。これを見ると寝るだけで1日300kcal以上のカロリーを消費しているなんて凄いですよね!同じような感想を持たれる人もきっと多いでしょう。

睡眠でカロリーが消費されるのはなぜ?

ただ寝ているだけなのに、なぜこれほどカロリーが消費されるのでしょうか。その理由はホルモンにありました。

睡眠中の成長ホルモン

睡眠でカロリーが消費されるのはなぜ?

睡眠中に分泌されるホルモンに成長ホルモンというのがあります。成長ホルモンは夜10時から2時までの間に特に多く分泌されることから、この時間を「ゴールデンタイム」とも呼ばれ、聞いたことがある人もいるでしょう。このゴールデンタイム中は脂肪の燃焼にも大きく関係しており、寝ている間でも成長ホルモンが分泌されている限り、私たちの代謝活動は続いているのです。また、ゴールデンタイム中は新陳代謝も活発になっているので寝不足が肌荒れになると言われるのはこのため。睡眠時間が短いとうまく新陳代謝ができていないためニキビができたり乾燥したりと肌荒れの原因になります。

睡眠中にダイエットはできる?

20代の女性であれば体重によって差はあれど毎日7時間の睡眠で350kcal前後のカロリーを消費しています。脂肪1kgを落とすには約7300kcalが必要なので、20日程度で1kg分の脂肪を落とせることができる計算になります。そのはずにも関わらず、なぜ痩せないのか?と思っている人も多いでしょう。また、睡眠中を利用してダイエットは可能かどうかも検証していきます。

睡眠とダイエットの関係

計算上であれば毎月1kg痩せていくことになりますがなぜ痩せないのかというと、一つは「睡眠の質」にあります。ストレス社会と言われている現代において良質な睡眠を取れていない人も多く、また実際問題、夜10時〜2時のゴールデンタイム中にしっかり熟睡できている人も少ないため、毎日きっちり350kcalを消費できていない可能性があるのです。しかも、寝不足や睡眠不足はかえって太る原因になりますから計算上では毎月1kgずつ減っていっていても現実では難しいのかもしれませんね。ただ、睡眠を利用してダイエットをすることは可能ですので、睡眠の重要性を知って今日から早速「睡眠ダイエット」を実践してみましょう。

睡眠ダイエットで大切なこと

本来であれば、睡眠中は体の機能が全て「オフモード」、電化製品で言えば「省エネモード」になっているので脂肪燃焼が進みやすく、寝ているだけで痩せやすい状態であるはずなのです。これを上手に利用して睡眠中の消費カロリーでダイエットをすることができます。

睡眠ダイエット成功の秘訣①就寝&起床時間を決める

睡眠ダイエットで大切なこと

毎日ダラダラとテレビを見て寝る時間が決まっていないという人は就寝時間を決めましょう。ゴールデンタイムに間に合う夜10時までに寝るのが厳しいのであれば、夜11時くらいには布団に入っているようにしましょう。また、同時に起床時間もしっかりと決め、休日であっても普段の起床時間と1時間以上の差がないように目覚ましを設定しておきましょう。休日だからといって遅くまで寝ていては体も疲れるだけでなく、睡眠リズムを崩すことにもなり兼ねないので規則正しいリズムにしておくことが大切です。ちなみに、休日にたくさん寝ることで普段の睡眠不足を解消する「寝溜め」に関しての効果はないようなので、割り切って起きてしまいましょう。

睡眠ダイエット成功の秘訣②入浴は寝る1時間前に済ませておく

寝る間際にお風呂に入るとかえって目が覚めて眠気が遠のいてしまします。睡眠中のダイエットは良質な睡眠を取ることが大前提なので、寝る1時間前には全て済ませてリラックスしておきましょう。もちろん、寝る前の食事もNGです。

睡眠ダイエット成功の秘訣③普段から筋トレなどで基礎代謝をあげておく

日頃から少しでも基礎代謝を上げておくことで睡眠中の消費カロリーも上がります。基礎代謝は年齢とともに低下していくのでダイエットだけでなく健康のためにも日頃の運動が大切です。また、ウォーキングでも筋トレでも、基礎代謝を上げることで痩せやすい体作りを手伝ってくれるので運動不足に人はこれを機に運動を始めてみることをおすすめします。

最後に

睡眠の消費カロリーについてご紹介してきました。寝ているだけでカロリーが消費されていたなんて驚きでしたし、わりと多くの消費量だったのも驚きましたね。ただ、寝不足になったり睡眠の質自体が悪いとせっかくの消費カロリーも少なくなってしまうので、睡眠中に少しでもダイエットしようと考えている人は気をつけましょう。今回はズボラ女子必見の睡眠とダイエットの関係について調べてみました。睡眠中に消費するカロリーを20代・30代・40代別に調べたり、睡眠中にカロリーが消費する理由や睡眠中のダイエットで大切なことなどについても調べました。参考になれば幸いです。

関連記事

飲むヨーグルトに効果はある?!美肌や便秘解消に飲むヨーグルトはいつ飲む...

踏み台昇降の消費カロリーは?消費カロリーの計算方法やダイエットの成功報...

2週間ダイエットがすごい?!見た目が変わる?2週間で10キロ痩せる方法...

好きな人が結婚!?気持ちを整理して失恋から立ち直る方法3選...

水を飲むメリットと一日の水分摂取量【管理栄養士監修】...