恋人へのヤキモチを上手に対処する6つの方法

パートナーがいる女性であれば、誰しもが一度は彼に対するヤキモチを妬いてしまった経験があるのではないかと思います。たとえば、パートナーである彼と仲よさそうに遊んでいる女性の存在を知った途端に気持ちが不安になったり、それが原因で口論に発展してしまったりしたという経験がある方もいるのではないでしょうか。

けれど、ヤキモチを焼き続けるような恋愛をし続けるのは、あなたがどんどん辛くなってしまうだけです。それよりも本当は、彼の周囲にいる女性の存在を気にするよりも、もっと大切なことがあるはずです。そこで今回は、ヤキモチを妬き続ける恋愛を脱するためのヒントをシェアします。

 

1:「私は愛されている」という自信を持つ

ヤキモチを妬き続けるような恋愛を脱するためには、「私は彼から愛されている」という自信を持つことが大切です。彼が私のことを本当に大切にしてくれていると思えるからこそ、もし彼が他の女性と食事に出かけることがあったとしても、必要以上に詮索しようとすることはありません。

このように、彼から愛されていることを心から実感することができると、自然と自分に自信を持つことができるようになっていくはずです。何よりも、本当にあなたのことを愛している男性ならば彼女を不安にさせることはありません。

 

2:自分磨きをして自信をつける

彼へヤキモチを妬き続けてしまうのは、何よりも自信がないからこそ。彼に対する嫉妬の気持ちを全てより魅力的な自分になれるよう、自分磨きにエネルギーを注ぐようにしましょう。

不安になって暗い顔をし続けてしまうと、次第に彼の気持ちも離れていってしまうでしょう。だからこそ、不安や心配などのネガティブな気持ちをすべて自分磨きに反映させていく。

そして何より、「私って、なかなか可愛いかも❤︎」と思えるような自信をつけられた方が恋愛もうまくいくはずです。

 

3:「彼がいなくても、大丈夫」だと思える

人間は誰しも、どれだけ好きだったものだったとしても心移りしてしまう部分があります。そのことをきちんと理解できている女性ならば、たとえ彼にフラれてしまったとしても、自分で自分のことを幸せにすることができるのです。そのため、男性に対するヤキモチをいちいち妬く必要なんてないのです。

たとえ彼氏と呼べるような人がいなかったとしても、人生を充実させることができる。他人に頼らない生き方こそが、女性の生き方を充実させるのです。

 

4:「嫉妬してもいいことはない」ことを知っている


嫉妬心をむき出しにしたところで、状況が好転することはほとんどありません。そう、どれだけ嫉妬したところで浮気する人は浮気をするものです。そんな男性に対して嫉妬する必要はあるのでしょうか。きっと、そんな意味なんてないはずです。無意味な嫉妬をしたところでいいことなんてなく、何よりもあなた自身が疲れてきてしまうはずです。

 

5:わざと嫉妬させようとしてくる男性もいる

中には、わざと彼女の気をひくためにヤキモチを妬かせようとする男性もいます。たとえば、彼女が気づくようにあなた以外の女性と親しげに喋ったり、食事に出かけたりすることがあるかもしれません。

「あ、彼は私に嫉妬して欲しいんだろうな」と思えたとしたら、なんだか彼のことが可愛く思えるかもしれません。

あなたの気を引こうとわざとヤキモチを妬かせようとする男性は、可愛いけれど幼く感じるかもしれません。そのような男性に対して、わざわざ同じレベルになる必要はないはずです。

Pocket
LINEで送る