いつでも大らかな気持ちでいるために必要な6つのポイント

心に余裕がなくなってイライラしたり、どうしても感情的になってしまったり。「どうしたら、もっとおおらかな気持ちでいられるんだろう」と、不安になることがあるかもしれません。

けれど、いつもカリカリとした空気感をまとっている人からは近寄りがたいオーラが漂っているため、周囲にいた人が離れていってしまうことだってあるでしょう。

対して、いつでもおおらかな気持ちでいられる人の周囲には、多くの人が集まってきます。そして、あなたがピンチに陥ってしまった際には、どうにかしてあなたの状況を変えられるように手を差し伸べてくれることでしょう。

そこで今回は、いつでもおおらかな気持ちでいるために必要な6つのポイントをシェアします。

1:焦った時はまず、深呼吸を

焦りや苛立ちが募ってくると、つい私たちの呼吸は浅くなってしまいがち。ですから、呼吸が浅くなってしまった時はまず、深呼吸をしてみましょう。

深呼吸は、副交感神経を活性化させて心身のリラックス効果があります。また、深呼吸をする際は、口呼吸ではなく鼻呼吸で行うことがポイントです。

ゆったりとした呼吸を何度かするだけでも、少しずつ気持ちが落ち着いてくるはずです。

 

2:メディテーション(瞑想)を習慣にする


日頃からゆったりとした呼吸を心がけることはもちろん、メディテーション(瞑想)の時間を1日5分で構わないので習慣にしてみるのもおすすめです。

どうしても心にゆとりが持てないという人の多くは、頭の中をつい忙しくしてしまいがちな、せっかちなタイプ。また、メディテーション(瞑想)などは「忙しいから、私には無理!」と、考える人が多いかもしれません。

けれど実際のところは、日々に追われて頭の中を忙しくしてしまいがちな人ほど、メディテーション(瞑想)を通じて頭と心をリラックスさせる時間を持つことが大切です。

朝晩に5分ずつで構わないので、目を閉じて、ゆったりと呼吸に集中してみましょう。そして、頭の中を空っぽにすることを習慣化させることで、焦りがちな気持ちも落ち着けやすくなっていくはずです。

 

3:「自分の意見が正しい」とは限らない

おおらかな気持ちでいることが難しい理由の一つに、「私の意見が正しくて、相手の意見は間違っている」という思い込みを持っていることがあるかもしれません。

「私だったら、こうするのに」「普通なら、そんなことしないでしょ……」などと、相手の言動や振る舞いが気になることがあるかもしれません。けれど、そのような気持ちを持ち続けてしまうとおおらかな気持ちを追いやってしまいます。そして何よりも、あなたの意見が正しいとは限りません。

自分自身の意見が必ずしも正しいとは限らないということを心がけましょう。

 

4:客観的な視野を持つ


おおらかな気持ちを保つことができない理由として、自分自身の物差しで相手の行動を評価してしまうことがあります。そのため、どれだけ相手が頑張ったかどうかということや、相手がよかれと思って行っていることがどうしても理解できないことがあります。

そのため、あなたに悪気がなかったとしても相手のことを傷つけてしまう可能性があります。そのようなことにならないよう、「あの人は、どうして、どんな気持ちでやったのかな」と、客観的な視野を持つことを意識してみましょう。

 

5:「まあ、いいか」という抜け感を持つ

完璧主義な人ほど、周囲の人にも完璧を求めすぎてしまう傾向があります。

そんな時、「まあ、こういうこともあるよね」と、あきらめることが必要になることもあります。

もちろん、あきらめてばかりではいけませんが、あなたが今カリカリとしているのは、何がそこまでまずかったのでしょうか。そもそも、そこまで怒る必要があったのでしょうか。

うまく物事が運ばないと、苛立ちを覚えることは誰にでもあります。けれど、おおらかな気持ちをもって対処した方が、結果的にうまくいくことも数多くあるはずです。

Pocket
LINEで送る