色気があると言われたい!色っぽい女性になる方法10選

色気があると言われたい!色っぽい女性になる方法10選

みなさんは自分自身の「色気」について、考えたことがありますか?

年齢を重ねれば自然と色気が出る、というわけではありませんし、ビジュアルが整っている人全員に色気があるというものでもありません。そう、色気はその人の年齢やビジュアルにほとんど関係ないのです。

色気とは、その人が持つパーソナリティやライフスタイルによって醸し出されてくるものではないでしょうか。

もしかすると、あなたの周囲にも「なぜかわからないけれど色っぽい」と感じる女性がいるかもしれません。今回は、そんな「なぜかわからないけれど色っぽい」色気のある女性の特徴についてシェアします。

1:美しい姿勢を徹底している

どうしても姿勢が悪い女性は、自分に自信がないように見えてしまう傾向があります。
そのため、そのような人に色気を感じる人はほとんどいないのではないでしょうか。
その一方で、背筋がスッと伸びた姿勢が美しい女性は、凛とした好印象を周囲に与えることができます。
また、姿勢が美しいとバストも上向きになり、お尻もキュッと引き締まってスタイルがよく見えますよ。

2:立ち居振る舞いが美しい

もっとも色っぽさを感じさせるのが、その人の「所作」にあります。
たとえば、玄関で靴を脱ぐとき。
靴を脱いだら膝をついてしゃがんで揃える。
相手に何かものを渡す際には手を添えるなど。
きちんとしたマナーを身につけられている女性は、自然と品のある色気を感じさせるようです。 

3:肌の露出は控えめ

色っぽい、というと何だか「露出度が高い」と考える人もいるかもしれませんが、そうではありません。
むしろ、肌の露出があまりないからこそ男性はその女性に対して色気を感じるのであり、おおっぴらに肌を見せるのは避けたいところ。

ですから、胸もとがあまりにも開いたトップスやミニスカート、体のシルエットがはっきり出るようなタイトな洋服は「色っぽい」とは少々ニュアンスが異なってしまうのでご注意を。

4:女性らしいまろやかな言葉づかい

「やばーい!」などといったカジュアルな表現は、男性からすれば親しみ安く、ウケがいいかもしれません。けれど、彼女や彼女候補の女性には「女性らしい言葉づかいをしてほしい」と考える男性が多いのもたしか。

女性らしいまろやかな言葉づかいができ、丁寧にあつかえる女性は誰に対しても好印象を与えることができます。

5:目を合わせて会話をする

当たり前のことだけれど、意外とできている人が少ないのがこれ。自分が話をしている際、目線を外さずに相槌を打ちながら静かに耳を傾ける。目を合わせて話をすることは、あなたの誠実さはもちろん、大らかさを相手に感じさせることができます。このような女性の眼差しに、ドキッとしてしまう人もいるはずですよ。

6:香りから色っぽさを感じさせる

ときどき、「女性らしいから」という理由だけで鼻にツンと残るような甘ったるい香りのフレグランスの香りを身にまとっている人がいます。けれども、じつは多くの男性は香水やコロンの香りよりも、シャンプーや柔軟剤などといった自然なやさしさを感じる香りに色気や魅力を感じることが多いのです。きつすぎない、けれどふんわりとした香りが続く。そんな「お気に入りの1本」を探してみてはどうでしょうか。

7:コンプレックスを隠さない

女性ならば、誰だって1つや2つくらいコンプレックスがあるはず。そして、そのコンプレックスを隠そうと必死になっているかもしれません。高みを目指そうと向上心にあふれるのは素敵なことですが、一方でそれは自分を苦しめてしまうことだってあるかもしれません。

それよりも、自分のコンプレックスを認めてあげて、それを活かせるような方法を探してみたほうがずっと建設的ではないでしょうか。コンプレックスを武器に変えた女性は、とても色っぽくなります。

8:声のトーンが落ち着いている

日本ではどちらかというと、アイドルのような少々高くて可愛らしい声が好まれる傾向があります。けれどもアメリカなどでは落ち着いたトーンの声が好まれ、早ければ高校でそのような指導が入るほど。

たしかに、声が高い女性は可愛らしく聞こえますが、知性や色っぽさを感じさせるのは少々難しいかもしれません。それよりも、落ち着いたトーンでゆったりとしたテンポで話す女性の声は心地よく感じられます。

9:自分のためにお洒落をする

ほとんどの人は周りからいい印象を持たれるためにオシャレをするはず。でも、私は自分自身のためだけにオシャレをすることを勧める。

好きな服装をして自分のスタイルが良く見えたり、キレイに見えたりする。そうやって自分の気分を上げてみて。

10:身の回りをロマンティックな雰囲気でいっぱいに

ロマンティックなもの、ちょっぴり官能的な刺激など。あなた自身が心地良さやときめきを感じるものを、日々の暮らしに積極的にとり入れてみましょう。たとえばキャンドルにあかりを灯したり、低音の効いたゆったりしたテンポの音楽を流してみたり。

自分の身の回りをロマンティックな雰囲気で包んであげると、自然と振る舞いも色っぽくなっていくはずです。

関連記事

職場の上司を好きになった!!職場恋愛での誘い方4選...

100均(ダイソー・セリア)の材料でハーバリウムを簡単手作り!...

コンプレックスじゃない!低身長女子のいいところ6選...

LINEの既読スルー問題を徹底調査!既読をつけない男性の心理5つ...

【タロット占い】あの人との恋……どうしてうまくいかないの?...

Pocket
LINEで送る