【キュンドラ】朱色セレナーデ ~お花屋さんのカレ~ #006【完結編】

前回、今まで優しかったお花屋さんのカレの男らしい一面に、どうしていいのか分からず、その場から逃げるように去ってしまった“わたし”。

カレの気持ちは嬉しいけど、彼氏との恋愛に傷ついているから、前に進むのが怖くなっている・・・。

このまま、何となく、今の彼氏と続けるの?
それとも、カレの手をとっていいの?

悩める恋の行方は!?

朱色セレナーデ ~お花屋さんのカレ~ #006

昼下がりの緑道。
いつか、2人でお散歩をした道。

一束の花を握りしめて緊張した面持ちで、花屋のカレが待っているのは・・・?

家に閉じこもっていても、気が晴れない。
気分転換に外に出ると、お花屋さんのカレの姿。

思わず、踵を返して立ち去ろうとするけど・・・

「忘れようとしました!・・・でも無理でした。」

カレの迷いのない言葉に、動けなくなる。

赤いチューリップに込められた、花屋のカレの気持ち。

受け止めて下さい。

↓↓↓気になる動画はこちらから↓↓↓

【CAST】
Ryousuke/Moriya Familia
【MUSIC】
BEBE/明日を迎えにいくよ
無料音楽配信サイトFrekul(フリクル):BEBEプロフィールページ
BEBE公式サイト

チューリップの花言葉は、その色によって意味が異なります。
ピンクは「愛の芽生え」、オレンジは「照れ屋」、黄色は「実らぬ恋」・・・。

赤いチューリップには「愛の告白」という言葉がついています。

この赤いチューリップには、結構、思いがありまして。
きっとね、バラの方がロマンチックな感じがするかも知れません。
でも、カレは、主人公に今現在、彼氏が居ることを知っている。
その上で、自分の止められない思いを告白するということ。
彼女を苦しめないように、少し控えめなものを選んだという、カレの優しい性格を、チューリップを選択することで表したかったんです。

このあとの物語は、見てくれた皆さんに委ねます。

でも、今、何か我慢をして・・・
悲しい気持ちを見てみないフリして、付き合ってる人がいたら・・・。

どうか、もう一度、考えてみて欲しい。
自分の幸せについて。

そうしたら、こんな出会いが近くに落ちているのかも。
視野を広げてみてください。

さて!
花屋のカレを演じてくれたのはMoriya familiaのRyousuke(@ryosuke_misawa)くん。

Twitterなどで、今後も応援してください♪

Ryousukeくんは、BLOG HOME(ブログオム)でライターもやっています。

お肌、ツルツルだもんね~。

最近は、髪を切ったみたいですよ。

王子発言も飛び出す、ちょっとクセになるつぶやき。

勉強に、就職活動に、表現者としても奮闘中の彼を応援してくださいね。

次回の配信は、お医者さんのカレのラストエピソード。
奥手なカレの本気に、感動するかも!?

お楽しみに☆

Pocket
LINEで送る