幸せな恋愛をしている女性だけが知っている5つの秘密

1人のパートナーと長く付き合うことができる女性がいれば、ようやく彼氏ができても、なぜだかいつもうまくいかないという女性もいます。では、恋愛が長続きしない女性には、なにか理由があるのでしょうか。もしかすると、良かれと思ってやっていたことが原因となってしまっていることがあるのかもしれません。

そこで今回は、幸せな恋愛をしている女性が心がけていることについてシェアします。

 

1:パートナーに尽くしすぎない

恋愛において、私たち女性が求められる役割があります。それは、「デートを心から楽しんで、幸せな時間をパートナーと過ごす」。たったこれだけです。

ですから、行動の一つひとつに口を出すような「お母さん」のような役割は、まったく求められていません。けれども、私たち女性はどうしても相手に尽くしてしまう傾向があります。たとえば、お誘いのLINEからデートの行き先の提案、ディナーのお店を決めて予約など……気がつくとほとんど女性側が決めてしまっていることも少なくないのではないかと思います。ただ、あまりにも女性の方が仕切りすぎてしまうと、パートナーはあまりいい気分にならない可能性があります。それに、あなた自身が張り切りすぎてしまうと、つい無理をして頑張りすぎてしまうことだってあるでしょう。

計画を立てたり、お店を決めたりすることが好きなタイプの女性であっても、時にはパートナーにすべてお任せしてしまいましょう。男性のほとんどは、女性のために「〇〇をしてあげた」ことに愛情を感じるからです。

2:自分の「好き」を大切にする

恋をすると、驚くほど相手好みになろうとしたり、相手の行動に合わせてしまったりする女性がいます。けれど、自分の「ここだけは譲れない」という基準をきちんと持っている人は、オンオフ問わずどのようなシーンであっても素敵な関係を手にしています。つまり、この「基準」がブレてしまうと、恋愛関係が崩れてしまうこともあるのです。

男性の多くが魅力を感じる女性とは、自分のことを大事にしていて自信に満ち溢れた女性です。それは男性の職種に限らず、「私はこれだけ素敵な女性なんだ」と、自分の価値を知っている女性に惹かれる傾向にあります。「これだけはどうしても譲れない」という価値基準を持ち、いつでも自分磨きに励んでいる女性はとても魅力的なのです。

自分磨きとはいえ、髪髪色を変えたり、新しい服を試したりするだけでは相手の心は動かすことはできません。大切なのは、相手に合わせすぎてしまわないという芯の強さです。

3:彼の至らない点をきちんと指摘する

「まあ、こういうところもあるよね」と、パートナーの至らない点をつい許してしまったり、見逃したりすることがあるかもしれません。けれども、好きだからといって相手のダメな行動を見逃してしまうことは、絶対にいけないことです。それをよしとしてしまうと、お互いの関係にとっていい作用はありません。ですから、相手のいいところを積極的に褒めることはもちろん、時には至らない点も伝える勇気を持つことが大切です。

4:「カラダの相性」をバロメーターにしない

インターネットやアプリを使って気軽に異性と出会える現在、初対面もしくは2回目のデートで一線を越えるということもあるかもしれません。もし、あなた自身がその場限りの関係で構わないのであれば、早い段階で一線を越えることは別に構わないのかもしれません。

けれど、相手との相性がいいからって、必ずしも素敵なロマンスに発展するとは限らないのです。なぜなら、メイクラブ後は体から「ハッピーホルモン」が放出されます。すると、相手が自分の恋愛に適しているかどうかという、合理的な判断がしづらくなってきまいます。長く続くような関係を育んでいきたいと考えているのならば、時間をかけて関係を深めることが大切です。万が一、そこまで待つことができなかったとしても、せめて相手の性格をよく知ったうえで「この人がいい」と思えるまでは我慢することが大切です。それは、「簡単に体を許さない=大切に扱って欲しい」という重要なメッセージを伝えていることにもなります。

 

Pocket
LINEで送る