【妄想マンガ】朱色セレナーデ2~お花屋さんのカレ~

お花屋さんの彼とは、挨拶友達になった。
彼の爽やかな笑顔は私を元気にしてくれた。

一方、彼氏とのやり取りは“既読”になるだけで
私の言葉だけが溜まっていく。

『朱色セレナーデ ~お花屋さんのカレ~』

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

キュンドラ

IKEMENモデルが、カメラ目線でハートを撃ち抜くセリフ連発! 「あり得ないだろ!」と突っ込みつつも、女子憧れのシチュエーションについつい夢中になっちゃうトキメキ注入ドラマです。