【なぜあの子が?】彼氏が途切れない「男運がいい」女性の特徴

(私自身を含めて)すべての女性が「パートナーが途切れない人」と、「いちど分かれるとパートナーが途切れる人」の2種類に分かれます。ですから、パートナーが途切れない人は基本的に「男運がいい」と言えるかと思います。男運のいい人は、たとえ出会いや別れをくり返していたとしても、その時々で素敵な男性とのロマンスを楽しんでいます。では、パートナーが途切れない女性には、そうではない女性と比べて、どのような違いがあるのでしょうか。そこで今回は、パートナーが途切れない女性の特徴についてシェアします。

1:自分の気持ちに素直でいる

パートナーが途切れない女性は、何よりも自分自身の気持ちを最優先にしています。たとえ好きな人からのお誘いであったとしても、嫌だと思ったらあっさりと断る。もし、彼との交際で自分自身の心が傷つくのであれば、そのようなことをされてまで付き合うようなことはしない。

自分自身の譲れないことがしっかりとしている女性ほど、自分の感情や直感に対していつでも素直です。そうすることで、変な虫がつくことを未然に防いでいるようです。優しくて真面目なジェントルマンであればおそらく、すぐに誰とでも関係を持ってしまうような女性よりも、「この人だ!」という確信の持てる人としか付き合わないという女性に惹かれるはずです。また、中には男性に尽くしすぎてしまった結果、うまく恋愛がいかなかったという経験がある方がいるかもしれません。相手に合わせすぎてしまうと、彼のほうは「自分好みにしてくれて嬉しい」というよりも「少し重いかも」と考えてしまうそう。相手のペースに自分が合わせていくことなく、あなた自身の気持ちや感情にいつでも素直でいることが大切なようです。

 

2: 直感を信じる力が強い

パートナーが途切れない女性の多くは、異性との初対面の段階で「この人は、だいたいこういう性格だから、アリだな」などと、知らず知らずのうちに相手の本性を見抜いているようです。たとえ正確に会話を読みとることができなくても、ほんの少し会話をしただけで、相手のタイプがわかるようです。それだけ感受性や直観力に優れていると言えるのではないでしょうか。だからこそ、パートナーが途切れない女性が選ぶ異性にはハズレがないのです。

ハズレなく、素敵なパートナーが途切れないようにするためには、何よりも出会いの数やストライクゾーンを広げて見ることが大切なのではないでしょうか。たとえ好みのタイプではなかったとしても、さまざまな異性との会話をまずは楽しんでみる。そうして場数を踏んでいくことで、少しずつ「あ、この人はちょっとルーズな性格かもしれない」「この人はきっと、すごくロマンチストな人なんだろうな」と、異性を見る目が養われていきます。

また、積極的にラブストーリーの作品を楽しんだり、アップテンポの恋愛ソングを聴いたりすることで自分自身を「恋愛モード」にしておくこともオススメです。

3:1人時間の使い方がうまい

私の周囲にいる「この人はいつも、素敵なパートナーとの恋愛をしているな」という多くの女性は、1人で過ごす「おひとりさまの時間」の使い方がとても上手だと感じます。

そして、彼も男友達との時間もしっかりと楽しみ、互いに程よく自立した関係での交際を楽しんでいるようです。パートナーが途切れない女性は、必要以上にパートナーに対して依存することはありません。自分自身の人生を互いに全力で楽しみながら交際をしているからこそ、関係が長続きしているようです。かといって、「自立した女性=バリバリと男性と肩を並べて働くハンサムウーマン」というわけではありません。男性は、女性のことをとにかく愛したい生き物だからこそ、あまりにも自立しすぎた女性とはうまくいきづらいのです。程よくハンサム、そして程よくキュート。ひとり時間を楽しみつつも、2人の時間はとびきり甘えられることも大切なようです。

4: (男を見る目があるから)変な男は寄ってこない

冒頭でもお話ししましたが、パートナーが途切れない女性は男を見る目があるからこそ、悪い虫がつくことがありません。なぜなら、「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、素敵な女性の周囲には自然と素敵な男女が集まってくるもの。対して、自分自身の気持ちが迷ったままの中途半端な恋愛ばかりしていたり、周囲と自分とをマウンティングしたりしていては、どこかネガティブな空気感を持った人が集まってくるようになります。

ネガティブな関係を保ち続けたいのであれば、それで構わないかと思います。けれども、そのような関係を絶ちたいと思うのであればまず、自分自身が変わることから始めてみてはどうでしょう。いつもシンプルなファッションばかりなのであれば、たまには男性ウケの良さそうな赤文字系ファッションを楽しんでみる。つい、自分自身がネガティブな方向に考えてしまうのであれば、なぜそのような考えを持ってしまうのかを掘り下げてみる。

Pocket
LINEで送る