あなたの人生を“いますぐ”変えるヒント5つ

どんなに大きな成功や偉大な発明であったとしても、それらはすべて日々の小さな努力をひたすら重ねた先にあるもの。けれど、どれだけ頭で理解していたとしても、モチベーションを維持し続けることってなかなか難しいものですよね。

「明日こそはやってみよう」「この作業が終わったら……」

そう言いながら物事を先延ばしにすることは簡単です。けれど、“いますぐ”始めたら何かが変わる……かもしれません。そこで今回は、あなたの人生を“いますぐ”変えるヒントをシェアします。

 

1:「スリッパのまま」飛び出してみる

誰しもが一つや二つは、「死ぬまでに行ってみたい場所」があるはず。だったら、いますぐその場所を訪れてみましょう! もちろん、いますぐ遠出できない場合は、いつか行ってみたかった近所のブックカフェや雑貨屋さんでも構いません。

夢や目標を達成し続ける人ほど、「これ、面白そう!」と興味を持ったものに飛びつくスピードの速さやフットワークの軽さを持っています。

いつか行ってみようと思っている場所が一つでもあるのなら、善は急げ。「行ってみたい」というあなたの気持ちをあなた自身が1秒でも早く叶えてあげましょう。もしかすると、新たな出会いやインスピレーションを得られるかもしれませんよ。

 

2:「とてつもなく小さなタスク」を自分に課す

とてつもなく大きなことをやり遂げよう、結果を出そうとすると、果てしない道のりに思わず逃げ出したくなることがあるかもしれません。

だったら、「とてつもなく小さなタスク」を自分に課してみてはどうでしょうか。
なぜなら、夢や目標を達成するためにはうまく自分のモチベーションをコントロールし続ける必要があるから。

まずは、「こんなのできて当然でしょう?」ということをリストアップしてみます。たとえば、「朝、起きたらすぐにベッドメイキングをする」「洗濯物を干す」「朝ごはんを食べる」「仕事の納期を守る」などといったように。

こうして「とてつもなく小さなタスク」ができたらリストにチェックマークを入れ、完遂させる。もし完遂できたら、次はすこしだけ労力のいる「小さなタスク」を掲げる。それを完遂することができたら……を何度もくり返していくのです。

「とてつもなく小さなタスク」からすこしずつ目標を大きくしていけば、ふとふり返った際に「あれ、いつの間にか出来ていたじゃん!」と、実感できる瞬間が訪れるはずです。

 

3:「今度」「いつか」は使用禁止!

「行ってみたーい!」「今度やってみようよ!!」
そう言いながら、行けていない場所やトライできていないこと、皆さんにはどれだけあるでしょうか。

一つでも心当たりがあるとしたら今すぐ、「今度」「いつか」は使用禁止にしてみましょう。果たせない「いつか」を誰かと約束するくらいなら、今すぐ(もしくは明日)に必ずやってみること。もしくは、果たせるはずのない約束はそもそもしないようにしましょう。

もし、「今すぐ(もしくは明日)やってみよう」と決めたのであれば、何時までに達成させるのかという目標を達成させるリミットを自分なりに設けてみましょう。リミットを意識するようになると集中して行動できることが増え、「じつは意外と自分には時間があったんだ」ということに気がつくはずです。

 

4:SNSアプリとは、しばしお別れを

「私は絶対にこれを達成させたい! これこそ私のやるべきことだと思う!」

もし、そのような自分なりのミッションや目標が見つかったのであれば、ツイッターやフェイスブックなどのSNSアプリとはしばしお別れを。

ホーム画面から削除したり、アプリを目に入らないような場所に移動させたりして、自分にフィットする方法でそれらからすこしだけ距離をおきましょう。

もちろん、SNSを通じて同じ目標を持つ仲間と協力することも素敵です。けれど、達成するまでのスピードや手段は人それぞれだからこそ、自分と周囲との差を比べて自信をなくしてしまう可能性があります。

もしあなたが本気で叶えたい夢や目標ができたとしたら、ほんの少しの間でいいから自分自身に100%集中しましょう。

 

関連する記事


私たちが恋愛で「誤解」してしまっている6つのこと

シングルのうちに身につけるべき4つのポイント

必死にならなくても愛され続ける女性になる3つの秘訣

疲れ切った体と心を「ゆるめる」ヒント5つ

【夢が叶う!?】アイデアノートでなりたい自分になろう☆

Pocket
LINEで送る