悪いことが重なる…。悪いことが続くときに気持ちを切り替えるヒント5つ

悪いことが重なる…。悪いことが続くときに気持ちを切り替えるヒント5つ

私たちの人生は、誰しもが山あり谷あり。そして、いいことが重なるのと同じように、悪いことも重なってしまうことがあります。あなたにとって嫌なことや都合が悪いことが立て続けに重なるときは、あなたの心も同時に疲れているはずです。そして、悪いことが続くことで心に元気がない状態が続いてしまうと、見るもの感じるものすべてが悪いことに見えてしまう場合があるので注意が必要です。「最近、なんだか悪いことばかり。うまくいかないんだよね」と感じ始めたら、不運の連鎖を断ち切るためにも、自分の気持ちを切り替える必要があります。今回は、悪いことが続くときに気持ちを切り替えるヒントを5つご紹介します。悪いことばかり続くと感じたら、心をリフレッシュさせることで気持ちを切り替えて、不運の連鎖を断ち切りましょう!

悪いことが重なるとき気持ちを切り替える方法①:悪いことが続くときは、敢えてゆっくりと行動する

「仕事でミスが続いて叱られてばかり。自分では一生懸命やっているはずなのに……」

物事がうまくいかない、悪いことが続くと感じたときほど、まずは、ゆっくりとした動作を心がけてみてください。
もしかすると、仕事の納期などを意識しすぎるあまり、無意識のうちに焦ってしまっているのかもしれません。
悪いことばかりが続くときは、どれだけ仕事の納期が迫っていたとしても、意識して自分のスピードを落としてあげましょう。
敢えてゆっくりと行動するのです。

悪いことが重なるとき気持ちを切り替える方法①:悪いことが続くときは、敢えてゆっくりと行動する

また、職場の環境が許すのであれば、思い切って休んでしまうのも手です。
日々の忙しさや慌ただしさから少しだけ離れることで、体と心のこわばりをほぐしてあげましょう。
部屋の掃除をするもよし、映画を観ながらダラダラするもよし、気持ちを切り替えるために「何にもしない」1日があったっていいじゃないですか。

とにかく動作をゆっくり、そして心をリラックスさせてあげることに徹する。
そうすることで、上手に気持ちを切り替えることができ、次第に心の疲れも癒やされてくるはずですよ。
心がリラックス状態をとり戻し始めると、自然と物事も前向きに捉えることができるようになりますし、物事もうまくいき始めるはずです。

 

悪いことが重なるとき気持ちを切り替える方法②:半身浴で心と体を同時に温めてリフレッシュする

凝り固まってしまった体と心をほぐすためにも、体を温めることはとても効果的です。
体を温めることで全身のコリがほぐれ、血流がよくなります。
体を温める方法にはさまざまなものがありますが、特に40度前後のお湯にゆったりと漬かる半身浴をとり入れてみてはどうでしょうか。
20分ほどかけてじっくりと、ゆったりとした気持ちで体を芯から温めてみましょう。
ラベンダーやカモミールなどの入浴剤やバスソルト、アロマオイルを使用すると、よりリラックス効果を高めることができます。

悪いことが重なるとき気持ちを切り替える方法②:半身浴で心と体を同時に温めてリフレッシュする

その他にも、キャンドルに火を灯したり、バラの花を贅沢に浮かべてみたりするのもおすすめです。
悪いことが続き、疲れてしまった自分の心と体をいたわる気持ちで、思いっきり自分のことを甘やかしてあげましょう。
きっと、悪いことばかり続いてネガティブになっていた自分の気持ちを切り替えることが出来るはずです。

悪いことが重なるとき気持ちを切り替える方法③:ホットドリンクでホッと一息つく

温かいドリンクには、リラックスできる効果があるとされています。
仕事がうまくいかない時、悪いことが続いて仕事に行き詰まってしまったという時や、なんだか寝付けないという時には、温かいホットドリンクを飲んでみましょう。
体を芯から温めることで、半身浴と同様にリラックス効果が期待できます。
ホッと一息つくことで、気持ちを切り替えることが出来るでしょう。

例えば仕事が上手くいかずに悩んでいるときや、翌日に早朝から仕事があるときにはちょっとしたプレッシャーを感じ、寝付けないときがあるかもしれません。
そんなときに筆者は、お気に入りのカモミールティーなどを就寝前に飲むようにしています。
温かいカップを両手で持ち、カモミールの香りを嗅ぐだけでも体が緩んでいくような、ほっとするような感覚になります。

悪いことが重なるとき気持ちを切り替える方法③:ホットドリンクでホッと一息つく

仕事の合間であれば、淹れたてのホットコーヒーをディカフェで楽しむだけでも、気分がシャキッとして切り替えることができますよ。
時間帯やその日の気分に合わせ、「お気に入りの1杯」でリラックスすれば、気持ちも少しほっこりとしてくるはずですよ。

悪いことが重なるとき気持ちを切り替える方法④:自然のパワーを借りて不運の連鎖を断ち切る

とにかく悪いことばかりが続く、不運の連鎖を断ち切りたいときは、自然に触れることをお勧めします。
自然のパワーを借りて、不運の連鎖を断ち切るのです。
また、自然に触れることは落ち込んだ気分を癒してくれ、気持ちを切り替える効果が絶大です。

自然といっても、わざわざ山に登ったり遠出をする必要はありません。
朝起きたらまず、カーテンを思いっきり日の光を浴びるだけでもパワーがみなぎってくるような気がしませんか?
また、なんとなく気持ちが塞ぎ込んでしまったり、気持ちの切り替えが出来ないと感じたりしたら、緑豊かな公園へお散歩をしてみてはどうでしょうか。

もちろん、アップテンポの音楽を聴きながらお散歩をするだけでも十分です。
私も仕事に煮詰まったときや気持ちを切り替えたいときには、皇居の外苑近くにある芝生の上で読書を楽しむようにしています。
皇居外苑は都内有数のパワースポットともいわれているらしく、芝生の上でぼーっとするだけでも気持ちが落ち着きますし、「よし、頑張ろう」と、パワーが湧いてきます。

不運の連鎖で悪いことばかりが続き、もう自分ではどうしようもなく落ち込んでしまったときには、自然のパワーをもらいに行ってみてはどうでしょうか。
きっと気持ちの切り替えが出来るはずです。

悪いことが重なるとき気持ちを切り替える方法⑤:深呼吸で心身ともにリラックスして前向きな気持ちに

悪いことが続き心に余裕がなくなってくると、私たちの呼吸はつい浅くなってしまいます。
そんな浅い呼吸が続いてしまうと、やがて心身にストレスが蓄積してしまいます。
ストレスが溜まって倒れてしまう前に、普段から呼吸をできる限りゆっくりと行うようにしましょう。

呼吸をする際は、お腹の底に新鮮な空気を送り込んであげるようなイメージで鼻から息を吸い込みます。
そして、口からゆっくりと吐き出します。
それを数回繰り返すだけでも、頭も心もスッキリと新鮮な気分になり、気持ちを切り替えることができますよ。
また、移動中の電車やバスのなかで目をつむって深呼吸するだけでも効果があります。

最後に

いかがでしたか?

はじめにお話ししたように、悪いことが続く、「なんだかうまくいかない……」と思った時は、いったん歩みを止めてしまっても大丈夫です。
心身ともにリラックスし、心の疲れが取れたらまた、頑張ればいいだけのこと。焦らず、ゆったりといきましょう!

関連記事

リングに願いを込めて…指で変わるリングの意味まとめ...

「恋愛運」「出会い運」アップに効果がある食べ物3選...

「正直傷つくわ・・・」男性が傷つくエッチ後の女性のひとこと9つ...

知らないと振られる?!知って得する男性の本音と建前とは...

結婚前に見抜け!結婚してはいけない男性の言動6つ...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る