きっと幸せになれる金運風水*金運アップする食べ方(2)*

食べることで運気が上がる方法があるなら、実践したいですよね。
人は、1日3食きちんと食べれば、1年で1095回も食事をするわけですから、毎回の食事で運気が上がるようにするだけで、ほかに何もしなくていいのではないのではないかと思ったりしてしまいそうです。

ですが、そうは簡単にいかないのが生きるということだと思います。
料理にひと手間かければ、もっと美味しい料理が食べられるように、運気もひと手間かければ、運気が上がって幸せになれる。
前回からご紹介している金運が上がる食べ方は、ごくごく当たり前のことかもしれません。
その当たり前のことが、いろんなことがあってできなくなっている時もあります。

運気が上がる方法の1つを意識してみるとこで、当たり前のことがいつもできるようになると、自然と幸せになるのかもしれません。
「生きている」ということの「幸せ」を感じ、「当たり前」のことができていることに「幸せ」を感じる。

もしかしたら、これほどの幸せはないのではないでしょうか。
目まぐるしく過ごす毎日の中で、まずは、食事の時だけは幸せを感じるようにしてみても何も損はありません。

ぜひ、食べ方についても一度見直してみてくださいね。

 

☆旬のものを食べる


旬の食べ物をその時々で食べられていると思いますが、旬のものはその時期に必要な栄養素があるものなので、率先して食べるようにしましょう。
そして、旬の食べ物は、風水的にも同じでその時々に必要なパワーを得られると考えられています。

食材であっても、フルーツであっても同様です。
「旬のものはその時期必要な栄養価=運気もパワーアップ」と考えていただけるといいと思います。
そして、流行っている食べ物というのは、「時代の運気」とでも考えてください。

率先して、「旬の食材」や「流行っているもの」を食べることで、黙っていても運気がアップできるなんて、幸せでしかないですよね。
ぜひ、積極的に食べるようにしましょう。

 

☆空腹に気をつける

空腹になるとイライラしたりすることってありますよね。
そうなると、運気にもよくありません。

こまめに、ちょいちょい何かしらを食べるようにしてみても太ったりしないので安心してください。
空腹で食事をとると、食べすぎてしまったりしますが、小腹をちょっとだけ満たしていれば、食事も食べすぎることなく腹八分で済ませることができます。
カロリーの高いものを食べないようにしたり、小腹を満たせるバランス栄養食も今は豊富にあります。
そのようなものを有効活用してみてください。

「ダイエットしているから」とか様々な理由で、無理や我慢をすることは金運アップには適していません。
適度な量を必要な分だけ取っていれば、食べた分のカロリーは消費されます。
カロリーがオーバーしてしまうので消費されずに体に蓄積されていくということですから、必要な分だけとるようにすれば、「太る」ということを気にしなくてもよくなります。

「小腹を満たすことは、運気も満たす」ですよ。

 

☆デザートは欠かさない


甘いデザートは、金運には必要なアイテムです。
先にも述べましたが、「太るから」とか「ダイエットしているから」とデザートを我慢していませんか?
それは、金運を下げてしまいますから、我慢しないでくださいね。

「デザート」と聞いてイメージするものの量が多いのであれば、メインの食事の量を減らすなどしてバランスを考えてみたり、「デザート」とは言っても「甘いもの」と考えるなら、チョコでも何でも「一口で食べられる甘いもの」にするなど少量を意識してみてくださいね。

ですが、「デザート」や「甘いもの」は決して「別腹」ではありませんので、気をつけてくださいね。
「甘いもの」には、風水的に「補充」の意味がありますので、お金を使いすぎた時に甘いものを食べるとお金の使いすぎにブレーキがかかります。

ですので、女性の皆様!
甘いものを食べる理由に、これからは「金運アップするから」という理由をプラスしてみてください。
誰も文句は言わなくなりますよ。

 

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

kuroneko5

「風水」に関して知るようになったきっかけは、今は亡き父の癌が発覚した時、すでに手の施しようがなく、食事療法などの本を書店で探していた時に「風水」の本が目に入り読み出したのがきっかけで、お金をかけることなく簡単なことで運気が良くなる方法などを自分で試しています。