【芦屋道顕】風邪・インフルエンザの季節!邪気から身を守る2つのポイント

1月20日に大寒を迎え、2月4日に立春を控えたこの時期は一年でも最も寒さの厳しい時期じゃ。巷ではインフルエンザがかなり流行っておるのう。

★インフルエンザウイルス対策はもちろんすべし、そして・・・。

もちろんインフルエンザはインフルエンザウイルスのせいではあるが、インフルエンザにせよふつうの風邪にせよ、防ぐにはまず手洗いにうがい、そして首筋を冷やさぬようにというが、これには霊的な理由もあるのじゃ。

■邪気退散には「口とうなじ」を守るべし!

人間の身体で、邪気を取り込みやすいワースト2が、口と首なのじゃ。

★魑魅魍魎や人の念は「食べ物」に憑いて口から入る

よくオカルト映画などでは悪魔や妖(あやかし)が口から出入りしているが、あのように派手派手しく出入りするような強力な魔物と関わることは、ふつうの人間がふつうの生活をしている限り、120歳まで生きてもありえぬことじゃ。

関連記事

【芦屋道顕】貧乏神の特徴(3)貧乏神男の見分け方【離婚歴ありの男は要注...

※更新情報※【辛口オネエの開運占い】陰陽師・芦屋道顕の占いメニュー追加...

午年〜亥年【2018年の年運】十二支別の運勢・恋愛運【芦屋道顕】...

【芦屋道顕】ツイてる?ツイてない?福の神に愛されているかチェック(1)...

【仕事運】画像あり★就職・転職・独立後の人間関係運上昇に『走水神社』で...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ