【辛オ】海外でも絶賛される運命の星回り(2)松たか子氏【有名人占い】

【辛オ】海外でも絶賛される運命の星回り(2)松たか子氏【有名人占い】

海外でも絶賛される運命の星回り(2)松たか子氏

松たか子氏が『日本人で初めて』アカデミー賞授賞式で歌ったということで、彼女の軸足は日本にあって日本社会ですでにしっかり愛されてるけど、これまた「海外でも」花拓く星回りだったろうということで。


有名人占いバックナンバー↓
辛口オネエの有名人占いバックナンバー


【アカデミー賞】松たか子、美しい着物姿でレッドカーペットに登場
news.livedoor.com/article/detail…

世界のエルサ女優たちと『イントゥ・ジ・アンノウン』を歌う。アカデミー賞授賞式で日本人が歌唱を披露するのは初めて。

■松たか子氏出生図
1977年6月10日東京生まれ

松たか子

伝統芸能の家に生まれて「贔屓筋」にも愛でられるお嬢様も納得の牡牛座金星

まずは緑のところ。さすがの押しも押されぬ伝統芸能一家のお嬢様。美と金運を司る金星がホームの牡牛座にあって、これはまさにおっとりしたお嬢様が本家でゆったりして過ごしているときみたいな状態の良さ。度数が3度と若いから、歳を重ねてもどこか愛らしさが残ってて。金星牡牛座っておっとりなうえに従順そうに見えるし、確かに古いものを大切にする=目上への態度もいい、から「息子の嫁にしたい」とおばさま達に言われるタイプ。御贔屓にしていただける資質バッチリね。

さらに、火星もキロンも牡牛座でこの金星とはトリプルコンジャンクションで、金星のおっとりとした愛らしさと火星の貪欲さや強さが加わる。キロンが合だから、もっと若いときはもしかしたら名門の家に生まれたことでやっかむ子がいたり、充分美人で立ち居振る舞いも綺麗なんだけど、とやかく言われたりで傷付いたこともあったかもしれないわね。もう42歳近く?だからすでに乗り越えて、むしろ「あの頃、うるさく言っていただいてありがとう」になってるとは思うけど。

水星リリス合は声で人を惹きつける

そして度数は離れてるけどリリスと水星も牡牛座で、この2つはオーブは4度あるけど合とみなせる。水星=歌唱力で、リリスは自分のネイタルの天体と合するとその天体の司る分野や年齢域の人達を強く惹きつける魅力になるわ。

そういえば、エルサになるよりずっと昔、彼女がほぼ歌手デビューした頃かしら。『明日春が来たら〜』ってあの曲、当時彼女と同世代だった女の子達がこぞってカラオケで歌ってたし、アナ雪の主題歌はちょうど水星の年齢域の7歳から15歳、小学生や中学生がブーム当時、合唱してたわよね。

でも、伝統芸能の家の箱入り娘が外資の映画の主題歌を、ってのも今の時代だと何もおかしくないけど、御贔屓筋の頭の固い年寄り達に囲まれた中ではけっこう大胆なチャレンジだったかもしれない。金星火星合には獅子座の土星がスクエアで蠍座の天王星がオポジションでTスクエア。でも、不動宮の個人天体(牡牛座の金星火星)は意思が強いし、土星のスクエアで古い考えの人達にガツンガツンやられても、それはむしろ牡牛座の金星火星と蠍座の天王星とのオポジションの頑固さに拍車をかけて「新しいことで何が何でも成功してやる」そして同時に彼女自身も伝統芸能の世界を愛してプライド持ってるはずだから「私以外の古い人達にもぐうの音も出ない本物を見せてやる」くらいの気概は常に持ってるはず。

で、本題の海外でも絶賛される星回りは、

牡牛座水星リリス合の歌唱力

そして、

双子座太陽木星合オポジション射手座海王星の「海外縁」

双子座も、射手座ほどじゃないけど異文化コミュニケーションに適性があるし、そもそも牡羊座でこの世に生まれて牡牛座で衣食住を確保したあと、命を守ることには余裕が出てきた段階だから次に向かうのは他者との関わり、テリトリーを出て好奇心を満たしていくこと。日本の伝統芸能がテリトリーだからこそ、その外の世界の物事にも元々興味を持つというか、太陽だから使命ともいうか。その太陽が合してる木星は射手座の守護星でやっぱり海外縁。

さらに、太陽木星の真向かいには射手座の海王星がいて、これは良いほうに出ると彼女がエルサの歌を歌って日本で一大ブーム巻き起こしてあちこちで合唱されちゃったように、大衆を巻き込んで心酔させる大きな力になる。海王星の影響はいろんな意味で「境界線をなくす」から、悪く出ると感染症が国境越えて広まるようなこともあるけど、良い出方をすると国境や宗教や世代を越えた素敵なムーブメントにもなる。

彼女の場合はアカデミー賞の開会式で「日本人初」出演だったそうね。実力で評価されたのはもちろんだけど、白人至上主義だったアカデミー賞が3年前くらいからようやく変化してきて「人種の壁をなくした」からこそあの場にいることができたのよね。10年前だったらあの中にいなかったかもしれない。

さらには、100パーセント星占い的な見方をするなら……。2020年の時点でもまだまだ白人至上主義が色濃い世界で、境界線キラーかつ大衆巻き込みパワーの海王星を味方につけた彼女だったからこそ、日本人だけどあの舞台に立てたのかもしれないわ。

辛口オネエの有名人占いバックナンバー

辛口オネエのマニアック相性占星術

辛口オネエの相性占星術-有名人カップル占い-

☆☆☆告知☆☆☆

占いアプリ『開運占い』に新メニューが追加となりました。

2020年に出逢う運命の3人『情欲で繋がる相手』編
2020年に出逢う運命の3人『前世の良縁の相手』編
2020年限定【片想い】二人の関係が急速に進展する出来事と時期

ダウンロードはこちらから↓

Android版はこちら(google playが開きます)
iOS版はこちら(appstoreが開きます)

関連記事

批判を浴びやすい時期(3)批判どころか逮捕までいく星回り【辛口オネエの...

【職業占い】(4)12室太陽は引きこもり?人気俳優や作家・漫画家に多し...

後編【辛口オネエ】ZOZO前澤社長と孫正義会長の相性は?【おっさんずL...

批判を浴びやすい時期(1)ある女性の実例【辛口オネエの西洋占星術】...

【辛口オネエ】人気男性アイドルの結婚(1)ホロスコープに現れる恋人像が...

ABOUTこの記事をかいた人

開運占い軍団

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。