夏土用:7月22日-7月28日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2019年】

夏土用:7月22日-7月28日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2019年】

夏土用:7月22日-7月28日の恋愛運

芦屋道顕が名前とその週の運気の相性から恋愛運を占う『音魂占い』です。

占いの見方: ファーストネーム(下の名前)の始めの文字の母音と、その週の運気との相性から占います。

例:あやか、かえら、さなえ、たかこ、なみ、はづき、まみ、やえこ、らら、わかな→あ行/いくこ、きらら、じゅきあ、ちさと、にこ、ひな、みなみ、りおん→い行/うらん、くるみ、すずか、るり、ゆうこ→う行/えみこ、けいこ、せりな、てるよ、ねね、へれな、めめ、れいな→え行/おりえ、このみ、そにあ、とうこ、のん、ほのか、ももこ、ようこ、ろーら→お行


7月22日-7月28日の世の中

芦屋道顕オリジナルタロット

『祓(正位置)』

7月20日から8月8日の立秋前日、8月7日までの夏土用にすっぽりと入る週である。土いじりや建築の開始には不向きなときではあるが、先週までの天災人災懸念は落ち着く。23日前後には天の気が強まり、鬱々として暗い世情に光が差すようじゃ。

さて、夏土用といえばかつては「土用の丑の日」の鰻の日でもあったが、これは才色兼備のおぬしらはすでに知っておろうが、現在では鰻は絶滅危惧種となっており、なおかつ旬は冬眠に入る前、晩秋から冬であるとのこと。2019年の土用の丑の日は7月27日であるがあえて鰻を食べる必要はないのじゃぞ。

さらに、「う」のつく食べ物がよいとの言い伝えではあるが、その理由はわしの知る限りでは昔の広告マンによる仕掛けで、縁起的な意義は分からぬ。夏バテせぬよう精をつけられれるか、身体に負担がかからぬものであれば、あとは好きなものを食べればよいのじゃぞ。

関連記事

11月11日-11月17日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2019年】...

11月25日-12月1日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2019年】...

12星座別☆5/27から6/2までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆11/25から12/1までの1週間の運勢とアドバイス...

12星座別☆12/9から12/15までの1週間の運勢とアドバイス...

ABOUTこの記事をかいた人

開運占い軍団

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。