【男の顔相】クズ男の典型顔(2)実力派でイケメンだけど藤原竜也が「クズ顔代表」で納得がいく理由【Ku】

スポンサードリンク

※この記事は【男の顔相】クズ男の典型顔(1)「カイジ」漫画も映画もどっちもだけど、まずは漫画版の話【Ku】の続編です。

僕は、もし今から高○クリニックの克弥先生か、息子さんの幹弥先生が直接執刀してくれて、藤原竜也の顔に整形してくれると言われたら、迷わずYES!と叫ぶだろう。

それくらい、藤原竜也という人物を俳優としての実力はもちろん、あのやや童顔で男から見ても愛くるしい顔を好ましく思っている。男から見ても、なんだか放っておけなくて、デスノートの世界にいて彼がキラだと知ったら信奉者になっただろうし、カイジの世界にいたら、地下帝国からの脱出を試みる彼に、迷わず命の金を託しただろう。

……と、そんな僕でもやっぱり顔相を語るうえでは、彼の顔もまた、クズの典型顔と言わざるおえないんだよね。いや、演技力ゆえ、表情の作り方でより「クズらしい表情」をしているからこそなのは、もちろんだけど。

漫画版カイジには、クズレベルではやや負けて劣るけれど、現実世界にいる男たちの中でも、皆の記憶にある「クズ男」の顔の傾向として、集合無意識に蓄積されている「あの系統の顔の男はだいたいクズ」に、藤原竜也氏の顔立ちはうまく当てはまっている。

では、漫画版のカイジのときのように、藤原竜也氏の顔を、これは僕の勝手な見立てになるけれど、いくつかの特徴で観ていこう。

Pocket
LINEで送る